ダッシュについて

Drushは、クラウドサーバーのコマンドラインからDrupalを直接管理するための優れたシェルインターフェイスです。 ターミナルで1つまたは2つのコマンドを使用してさまざまな管理タスクを実行し、UIで何度もクリックしたりページを更新したりする必要がなくなるため、非常に便利なツールです。

このチュートリアルでは、いくつかの基本的なDrushコマンドについて説明し、標準のDrupalインストールを使用してそれらを説明します。 その場合、クラウドサーバーにDrushが既にインストールされており、Drupalの作業コピーがインストールされていることを前提としています。 ‘これを行う方法がわからない場合は、すべての手順を説明している以前のチュートリアルを参照してください。

:以下のすべてのコマンドは、Drupalインストールのディレクトリ内から実行する必要があります。 ルートフォルダ内のどこかにいる限り、どこにいても問題ありません。

まず、Drupalフォルダーディレクトリに移動します。

cd /var/www/[drupal_folder_name]

いくつかの一般的なコマンド

最も単純なDrushコマンドの1つは次のとおりです。

drush status

これにより、Drupalサイトの概要がわかります。 バージョン、URI、データベースの場所、ファイルパス、デフォルトのテーマなど。 このコマンドを使用してもこの情報が表示されない場合は、間違ったフォルダーにいて、Drushが参照しているDrupalサイトを認識していないことを意味します。

Drupal開発者であれば、キャッシュのフラッシュは非常に頻繁に行うことです。 Drushを使用すると、それを行うのはほとんど楽しいです。

drush cc

これにより、よりきめ細かい制御のために削除するキャッシュの種類が尋ねられますが、次のコマンドを実行すると、すべてのキャッシュが直接クリアされます。

drush cc all

Drupalプロジェクト

ビューをインストールしましょう(このモジュールについてはご存知だと思います)。 これを行うには、最初に次のコマンドを実行する必要があります。

drush pm-download views

また

drush dl views

これらのコマンドのいずれかがビューをダウンロードし、適切な sites / all /modulesフォルダーに配置します。 2番目のコマンドは、最初のコマンドの短いバージョンです。 多くのコマンドには、さらに高速なエクスペリエンスのための短いバージョンがあります。 たとえば、 drushstatusコマンドの長いバージョンはdrushcore-status であるため、他の人がそれを使用しているのを見ても驚かないでください。

ビューがインストールされたので、次のコマンドで有効にします(長いバージョンは pm-enable です)。

drush en views

Drushは、ViewsでCtoolsをダウンロードして有効にする必要があることをすぐに通知し、それらのアクションも実行する必要があるかどうかを尋ねます。 [はい]を選択すると、Ctoolsがダウンロードされ、ビューとCtoolsを有効にするかどうかをもう一度確認するよう求められます。 もう一度「はい」と言うと、完了です。 さて、この1つのコマンドだけで何回のクリックとURLコピーを保存しましたか?

ビューを無効にする場合は、次のコマンドを実行します(長いバージョンは pm-disable です)。

drush dis views

また、ビューのアンインストールを検討している場合は、次のコマンドを使用できます。

drush pm-uninstall views

これにより、そのモジュールに属するデータベーステーブルも削除されます。

注: Drushで使用する必要のあるモジュール名は、マシン名です。 その名前がわからない場合は、モジュールプロジェクトページのURL drupal.org/project/viewsから簡単に取得できます。 最後のURIセグメントはあなたが探しているものです。 さらに、Drushですべてのアクションを実行する場合は、1つのスペースで区切って複数のモジュール名を指定できます。 例えば:

drush pm-uninstall views ctools

したがって、モジュールのインストールは簡単です。 しかし、テーマはどうですか? それはまったく同じ手順です。 テーマはdrupal.orgプロジェクトでもあり、同じコマンドを使用してダウンロードして有効にすることができます。

また、サイト上のすべてのプロジェクトの概要を知りたい場合は、次のコマンドを実行できます(長いバージョンは pm-list です)。

drush pml

これにより、サイト上のすべてのプロジェクトのリストが返されます。 リストが大きすぎて管理できない場合は、必要なものに基づいてフィルタリングするためのさまざまな引数を渡すことができます。 たとえば、すべての非コアプロジェクトを表示する場合は、次のコマンドを実行できます。

drush pml --no-core

ユーザー

あなたのサイトで多くのユーザーアカウントを扱っていますか? Drushは、それを簡単に管理するのに役立ちます。

次のコマンドを使用して、新しいユーザーを作成できます。

drush user-create username --mail="[email protected]" --password="password"

ターミナルには、新しく作成されたユーザーに関する情報が表示されます。 このユーザーを削除しますか? 次のコマンドを使用します。

drush user-cancel username

そして、それはとても簡単です。 パスワードを変更したいですか? または、そのことに関する他のユーザーのパスワードはありますか? 次のコマンドを実行します。

drush user-password admin --password="new_pass"

更新

Drushは、DrupalプロジェクトまたはDrupalコア自体の更新に関して非常に便利です。

まず、更新のオプションを確認しましょう。 モジュール、テーマ、コア、コードベースとデータベーステーブルの両方を更新する必要があります。 ご存知のように、UIではこれは2つのステップで行われます。最初にコードベースがダウンロードされ、次に保留中のデータベーステーブルの更新に対してupdate.phpスクリプトが実行されます。 Drushでは、これも2つのコマンドに分けられますが、1つのコマンドでそれらを使用することもできます。

ただし、最初に、次のコマンドを使用して、使用可能な更新があるかどうかを確認できます。

drush up -n | grep available

これはpm-updateコマンドの短いバージョンですが、(実際の更新が行われないようにするために)質問に自動的に「いいえ」と答え、利用可能な更新を含む端末行のみを表示します(画面が乱雑にならないように)。

すべてを一度に更新したい場合(非推奨)、drush upコマンドを実行するだけです。 ただし、更新を1つずつ、またはモジュールのグループごとにインストールして、サイトで問題が発生した場合に追跡できるようにすることをお勧めします。

ビュー(コードベースとデータベースの両方)のみをアップグレードするには、利用可能な更新のリストに表示されている場合は、次のコマンドを実行します。

drush up views

コードベースとデータベースを別々に更新する場合は、次のコマンドでコードベースを更新することから始めます。

drush upc views

次に、データベーステーブルを更新するには、ブラウザでupdate.phpスクリプトを実行するか、次のコマンドを使用します。

drush updatedb views

これにより、データベース更新スクリプトが実行されます。 そして、これで完了です。 Drupalコアの更新も同じように行われます。 Drupalコアのみを更新する場合は、次のコマンドを実行します。

drush up drupal

結論

ご覧のとおり、Drushを使用すると、Drupal開発者とサイト管理者の両方の作業が楽になります。 これらは、日常的に使用できる、より一般的で基本的なコマンドのほんの一部です。 しかし、本当にクールで学ぶ価値のある、より高度なコマンドがたくさんあります。

ダニー