ブループリントリポジトリへのアクセス

前書き

DigitalOceanブループリントは、スケーリングに対応するための高速で柔軟なインフラストラクチャを提供します。 開発ワークフローの一部としてブループリントを活用して組み込むことで、コードの作成により多くの時間を費やし、インフラストラクチャのセットアップにかかる時間を短縮できます。

ブループリントとは何ですか?

DigitalOceanブループリントは、自動化されたマルチサーバーインフラストラクチャセットアップを提供します。 各ブループリントの目標は、開発者がインフラストラクチャセットアッププロセスを合理化して、アイデアやプロジェクトを実現するためにより多くの時間を費やすことができるようにすることです。

ブループリントは、プロジェクトの基盤またはマルチサーバー環境のコンポーネントになります。 さらなる作業の出発点として、ブループリントは設定とコンテンツ作成を開発者の手に委ねる一方で、すぐに開始するためのツールを提供します。

利用可能な設計図

各ブループリントは、https://www.terraform.io/ [Terraform]およびhttps://www.ansible.com/[Ansible]を使用して、異なるユースケースに対応するDigitalOcean製品でインフラストラクチャセットアップを作成します。

  • *Node.js Web Application *:このブループリントを使用して、Nginx、Node.js、およびMongoDBで2ノードインフラストラクチャをセットアップできます。 Web層とアプリケーション層は一方のサーバーにデプロイされ、データベースはもう一方のサーバーに配置されます。 データベースのデータはブロックストレージデバイスに保存され、クラウドファイアウォールは各サーバーの前に設定されてトラフィックを調整します。

  • ProxySQLを使用したMySQLグループレプリケーション:このブループリントは、https://dev.mysql.com/doc/refman/を使用して、複製されたデータベースグループのセットアップを提供します。 5.7 / en / group-replication.html [MySQLグループレプリケーション]およびhttp://www.proxysql.com/[ProxySQL]。 複製されたセットアップは、プロジェクトデータを処理するための3ノードレプリケーションデータベースレイヤーを作成します。 また、プロジェクトのバックエンドに対するクエリと変更を管理するように構成されたProxySQLサーバーも作成します。

  • ステータスページアプリケーション:このブループリントは、オープンソースステータスページhttps://cachethq.io/[Cachet]を使用してステータスページを作成します。アプリケーション、および2ノードインフラストラクチャ。 2つのサーバーの1つはMySQLを実行し、もう1つはNginxとPHP-FRMでCachetアプリケーションを実行します。 2つのサーバーはDigitalOceanのプライベートネットワークを介して通信し、アクセスをさらに制限するためにカスタマイズ可能なクラウドファイアウォールが配置されています。 Nginxは、https://letsencrypt.org/ [Let’s Encrypt]を使用してSSL / TLS証明書で構成されます。

これらのブループリントはそれぞれ、さまざまなユースケースの基礎を築き、ニーズに基づいて変更できるパターンを提供できます。

ブループリントの使用方法

各ブループリントは、いくつかの前提条件が整った後、複製して使用する準備が整います。 必要になるだろう:

  • ローカルマシンまたはコントロールドロップレットにインストールされたDocker。 Dockerをローカルにインストールするには、https://www.docker.com/community-edition#/download [communityエディションのダウンロードガイドライン]に従ってください。 コントロールドロップレットを使用する場合は、https://www.digitalocean.com/products/one-click-apps/docker/ [DigitalOcean Docker One-Click Application]を使用してすぐに開始できます。

  • Gitはhttps://www.digitalocean.com/community/tutorials/contributing-to-open-source-getting-started-with-git[locally]をインストールしました。 コントロールドロップレットでDockerワンクリックイメージを使用している場合、Gitは既にインストールされています。

  • DigitalOceanアカウントとhttps://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-use-the-digitalocean-api-v2#how-to-generate- a-personal-access-token [API Key]。

これらの前提条件が整ったら、次の手順を実行して、各ブループリントを起動して実行できます。

  1. リポジトリを複製します。

  2. Dockerイメージとローカルリポジトリの定義と資格情報を構成します。

  3. インフラストラクチャを作成します。

ここから、インフラストラクチャをカスタマイズし、ニーズとユースケースに適応させることができます。

次のステップ

ブループリントを使用するための良い最初のステップは、各プロジェクトの `+ README.md +`をすべて読むことです。 ここには、インストールの詳細な手順と、インフラストラクチャのテスト、カスタマイズ、およびプロビジョニング解除の方法に関する説明があります。

ブループリントリポジトリへのアクセス