1前書き

この記事では、Eclipseでクラスを見つけるためのいくつかの方法を見ていきます。すべての例は、

Eclipse Oxygen

に基づいています。


2概要

Eclipseでは、クラスやインターフェースを探す必要があります。それには多くの方法があります。

  • Open Typeダイアログ

  • Open Resourceダイアログ

  • パッケージエクスプローラービュー

  • オープン宣言機能

  • 型階層ビュー

** 3オープンタイプ

これを行うための最も強力な方法の1つは、Open Typeダイアログを使用することです。


3.1. ツールへのアクセス

これには3つの方法でアクセスできます。

  1. キーボードショートカット(PCでは

    Ctrl


    Shift


    T

    )を使用する

またはMacでは

Cmd Shift T

  1. __Navigate> Open Typeでメニューを開く

__
。メインツールバーのアイコンをクリックします。

リンク:/uploads/Senzanome-1.png[]


3.2. それを使ってクラスを探す


Open Type

が起動したら、入力を開始するだけで、結果が表示されます。

リンク:/uploads/Senzanome-2.png[]

結果には、プロジェクトクラス、ライブラリ、およびJRE自体を含む、オープンプロジェクトのビルドパスのクラスが含まれます。

さらに、それは私たちの環境におけるパッケージとその位置を示しています。

画像からわかるように、結果は名前が入力した名前で始まるクラスです。このタイプの検索では大文字と小文字が区別されません。

  • キャメルケースでも検索できます

    たとえば、

    ArraysParallelSortHelpers

    クラスを見つけるには、

    APSH

    または__ArrayPSHと入力します。

    このタイプの検索では大文字と小文字が区別されます。

さらに、

検索テキストにワイルドカード文字



“または “?”を使用することもできます。 「

」は空の文字列を含む任意の文字列を表し、「?」は空の文字列を除く任意の文字を表します。

たとえば、

Linked、

そしてそれ以外のものが含まれていることを覚えているクラスを見つけたいとしましょう。それから

Multi.

“ ** ”が役に立ちます。

リンク:/uploads/Senzanome-3.png[]

または、「?」を追加すると、

リンク:/uploads/Senzanome-4.png[]

ここでの「?」は空の文字列を除外するので、

LinkedMultiValueMap

は結果から削除されます。

また、各入力の終わりには暗黙の「** 」がありますが、先頭にはありません。

** 4オープンリソース+

**

Eclipseでクラスを見つけて開くもう1つの簡単な方法は、

リソースを開く

です。


4.1. ツールへのアクセス

これには2つの方法でアクセスできます。

  • キーボードショートカット(PCでは

    Ctrl


    + Shift +


    R

    )を使う

またはMacでは

Cmd Shift R

  • [ナビゲーション]>[リソースを開く]の下にあるメニューを開く


4.2. それを使ってクラスを探す

ダイアログが表示されたら、入力を開始するだけで、結果が表示されます。

リンク:/uploads/Senzanome-9.png[]

結果には、私たちの開いているプロジェクトのビルドパスにあるクラスと他のすべてのファイルが含まれます。

ワイルドカードとラクダのケース検索の使い方の詳細については、上の

Open Type

セクションを調べてください。


5パッケージエクスプローラー

自分のクラスが属するパッケージを知ったら、

Package Explorer

を使うことができます。


5.1. ツールへのアクセス

まだ表示されていない場合は、

Window> Show View> Package Explorer

の下のメニューからこのEclipseビューを開くことができます。


5.2. ツールを使ってクラスを探す

ここでは、クラスはアルファベット順に表示されています。

リンク:/uploads/Senzanome-5.png[]

リストが非常に長い場合は、トリックを使用できます。パッケージツリーの任意の場所をクリックしてから、クラスの名前を入力します。選択範囲がクラスに一致するまで、クラス間で自動的にスクロールします。


Navigator

ビューもあり、これはほぼ同じように機能します。

主な違いは、

Package Explorer

はパッケージに関連するクラスを表示するのに対し、

Navigator

は基本となるファイルシステムに関連するクラスを表示することです。

このビューを開くには、

Window> Show View> Navigator

の下のメニューに表示されます。


6. オープン宣言

私たちのクラスを参照するコードを見ている場合、

宣言を開く

はそれにジャンプするための非常に速い方法です。


6.1. ツールへのアクセス

この機能にアクセスする方法は3つあります。

  1. 開きたいクラス名をクリックして押します.

F3
。クラス名のどこかをクリックして下のメニューに行く


ナビゲーション>宣言を開く



Ctrl

ボタンを押したまま、クラス名を上書きします

そしてそれをクリックするだけです


6.2. それを使ってクラスを探す

下のスクリーンショットを考えて、

Ctrl

を押して

ModelMap

の上に置くと、リンクが表示されます。

リンク:/uploads/Senzanome-6.png[]

色が水色に変わり、下線が引かれるようになります。

これは、クラスへの直接リンクとして利用可能になったことを示しています。

リンクをクリックすると、Eclipseはエディタで

ModelMap

を開きます。


7. タイプ階層

Javaのようなオブジェクト指向言語では、スーパークラスとサブクラスの階層に関連した型について考えることもできます。


Type Hierarchy



Package Explorer

および

Navigator

に似たビューですが、今回は階層に焦点を当てました。


7.1. ツールへのアクセス

このビューにアクセスする方法は3つあります。

  1. クラス名のどこかをクリックしてからF4を押す

  2. クラス名のどこかをクリックして下のメニューに行く


ナビゲート>公開型階層

。[階層で__型を開く]ダイアログを使用する


階層の

型を開くダイアログは、セクション3で見た

型を開く

と同じように動作します。

そこに移動するには、

ナビゲーション>階層でタイプを開く

の順にメニューを開くか、ショートカットを使用します。PCでは

Ctrl


Shift H

、Macでは

Cmd Shift H

リンク:/uploads/Senzanome.png[]

このダイアログは

Open Type

ダイアログに似ています。クラスをクリックしたときを除いて、

Type Hierarchy

ビューが表示されます。


7.2. ツールを使ってクラスを探す

開きたいクラスのスーパークラスまたはサブクラスがわかったら、階層ツリーをたどってそこにあるクラスを探すことができます。

リンク:/uploads/Senzanome-7.png[]

リストが非常に長い場合は、

Package Explorer

で使用したのと同じトリックを使用できます。ツリーの任意の場所をクリックしてから、クラスの名前を入力します。選択範囲がクラスに一致するまで、クラス間で自動的にスクロールします。


8結論

この記事では、

Open Type、


Open Resource、Package Explorer、Open Declaration、

および

Type Hierarchy

など、Eclipse IDEでJavaクラスを見つけて開くための最も一般的な方法を調べました。