1.概要

  • この記事では、Eclipse IDEから直接WildFlyでアプリケーションを実行してデバッグします。

WildFlyアプリケーションサーバーとEclipseを個別に使用してアプリケーションを構築し実行することができます。最初のステップとして、https://www.baeldung.com/jboss-start-stop[アプリケーションサーバーを起動して停止する]を単独で実行できます。しかし、両者を統合すると、開発は早くなります。たとえば、デバッグモードでコードを変更すると、その変更は自動的にデプロイされます。

スクリーンショットはEclipse Photonで撮影されたものであり、他のバージョンやオペレーティングシステムでは異なる場合があります。

2.要件

まず、次のソフトウェアをインストールすることから始めます。

それから、すべてが正しく設定されているかどうかを確認します。 EclipseとWildFlyの両方が正しく機能していれば、設定を続けることができます。

3. JBoss Toolsプラグインのインストール

  • Eclipseにはhttps://tools.jboss.org/[JBoss Tools Plugin]を使用します。 JBoss Toolsは、とりわけEclipseとWildFlyの間の統合を提供します。

プラグインをインストールする方法は2つあります。

  • 私達はそれを通してそれをインストールできます


website

** Eclipse Marketplaceからインストールできます。

  • ** オープンエクリプス

  • **

    Help

    をクリックしてから

    Eclipse Marketplace

    をクリックします。

  • **

    JBoss Tools

    を検索する

  • ** JBoss Toolsソリューションの横にある[インストール]をクリックします。

  • ** ウィザードの残りの部分に従う

リンク:/uploads/Eclipse-Marketplace-100×58.png%20100w[]

4. Eclipseでアプリケーションサーバーを設定する

私たちはWildFlyサーバーをEclipseに追加することから始めます。

まず、Eclipseに新しい

View

を追加します。

Window

/

Show View

/

Other

をクリックしてください。

リンク:/uploads/11-100×116.png%20100w[]

次に、

サーバー

/

サーバー

をクリックしてください。 Eclipseに

Servers

タブが表示されます。

その後、

をクリックしてサーバーを追加することができます

サーバーは利用できません。

このリンクをクリックして、[サーバー

]タブに新しいサーバー…​

を作成します。

リンク:/uploads/33-100×11.png%20100w[]

次のステップでは、

JBoss Community

カテゴリーを展開して、WildFlyインストールに一致するWildFlyバージョンを選択します。それ以外の場合は、ウィザードに従ってください。

リンク:/uploads/44-100×114.png%20100w[]

インストールされているバージョンが利用できない場合は、最新のバージョンを選択してください。

ただし、その特定のバージョンをサポートする新しいリリースがある場合は、必ず

JBoss Tools

をアップグレードしてください。

5. WildFlyにアプリケーションを追加する

  • アプリケーションサーバーを設定したら、サーバーにアプリケーションを追加します** :

  • [サーバー]タブの[WildFly]インスタンスを右クリックします。

  • クリック__追加と削除


/uploads/Right-click-on-empty-application-server-100×87.png%20100w

__
** デプロイするアプリケーションを選択してください

  • クリック__追加

  • クリック

    終了

リンク:/uploads/55-100×105.png%20100w[]

サーブレットAPIのバージョンが一致しない場合、「サーバーに追加または削除できるリソースがありません」というメッセージが表示されます。

そこで最初に、Servlet APIのバージョンがWildFlyのインストールに同梱されているServlet APIのバージョンと一致することを確認します。

  • プロジェクトを右クリック

  • プロパティをクリック

  • プロジェクトファセットをクリック

  • プロジェクトがまだファセットフォームになっていない場合

  • **

    ファセットフォームに変換…​

    をクリックしてください。

  • ** 「動的Webモジュール」を有効にする

設定後、WildFlyサーバインスタンスの下にアプリケーションが表示されます。

リンク:/uploads/22-100×21.png%20100w[]

6.アプリケーションの実行

  • WildFlyとアプリケーションをEclipseから起動することができます** WildFlyインスタンスを右クリックして

    Start

    をクリックします。アプリケーションが起動しており、それを使用することができます。

アプリケーションを手動でデプロイするか、ビルドツールを使用しても同じ結果が得られます。ただし、IDE内からアプリケーションサーバーを起動すると、アプリケーションをデバッグできるなどの利点があります。

7.アプリケーションのデバッグ

まず、[サーバー]または[コンソール]タブの[サーバーを停止する]ボタン(赤い四角)をクリックしてサーバーを停止します。

リンク:/uploads/22-100×21.png%20100w[]

  • 次に、WildFlyインスタンスを右クリックしてから

    Debug

    をクリックして、アプリケーションをデバッグモードで起動します。

コードを変更すると、自動的にデプロイされます。もっと大きな変更を加えると、Eclipseから再起動を促すメッセージが表示されます。インスタンスを右クリックしてからDebug



Restartをクリックして、アプリケーションサーバーを手動で再起動することもできます。

多くの場合、ソースコードはまだデバッガで利用できません。その結果、次のメッセージが表示されます。その場合は、単にソースを利用可能にすることができます。

  • クリック

    ソース検索パスの編集

  • クリック__追加

リンク:/uploads/66-100×80.png%20100w[]

**

Javaプロジェクトを選択

リンク:/uploads/77-100×70.png%20100w[]__
** プロジェクトを選択

  • ウィザードに従ってください

8.まとめ

この記事では、JBoss Toolsプラグインを使ってWildFlyとEclipseを統合しました。これらのツールを組み合わせることで、アプリケーションを簡単にデプロイできます。

ただし、最大の利点は、この設定ではアプリケーションをデバッグモードで起動でき、コードの変更がすぐに確認できることです。そのようにして、私たちは開発プロセスをより速くそしてより効率的にしました。