1概要

この記事では、Eclipse用のJGitライブラリーの進化であるEGitについて説明します。


2 EGit設定

記事の執筆中は、次のツールを使用します。

  • Eclipse Neon.3バージョン4.6.3

  • EGitプラグインバージョン4.8


2.1. EclipseにEGitをインストールする

Eclipse Juno以降、EGitはEclipse自体に含まれています。

より古いバージョンのEclipseでは、

Help – > Install New Software

を介してプラグインをインストールし、URL

http://download.eclipse.org/egit/updatesを提供することができます。

リンク:/uploads/install-egit.png[]


2.2. コミッターを特定する

Gitはコミットの背後にあるユーザーを追跡する必要があるため、EGitを介してコミットするときにはIDを提供する必要があります。

これは

Preferences – > Team – > Git – > Configuration

の順に選択し、

Add Entry

をクリックして

user.name



user.email

の情報を含めます。


3リポジトリ


3.1. リポジトリビュー

EGitにはリポジトリビューがあります。

  • 私たちのローカルリポジトリを閲覧する

  • ローカルリポジトリの追加と初期化

  • リポジトリを削除する

  • リモートリポジトリのクローン作成

  • プロジェクトをチェックする

  • ブランチを管理する

[リポジトリ]ビューを開くには、[__ウィンドウ] – >[ビューの表示] – >[その他] – >[Git] – >[Gitリポジトリ]をクリックします。


3.2. 新しいリポジトリを作成する

プロジェクトを作成して右クリックし、

__Team – > Share Project







、および

Create.__を選択する必要があります。

ここから、リポジトリディレクトリを選択して[終了]をクリックします。

リンク:/uploads/create-repo2.png[]


3.3. リポジトリのクローン作成

リモートのgitサーバーからローカルのファイルシステムにリポジトリをクローンできます。

__File – > Import …​ – > Git – > Gitからのプロジェクト – > Next – > Clone URI – > Nextの順に進みます。

リンク:/uploads/clone2.png[]


Repositories

viewタブの

Clone Remote Repository

ツールバーボタンから同じウィンドウを開くこともできます。

Gitはhttps、ssh、gitなどのいくつかのプロトコルをサポートしています。リモートリポジトリのURIを貼り付けると、他のエントリが自動的に埋められます。


4支店

処理するブランチは2種類あります。

  • 支店

  • リモートトラッキングブランチ


4.1. 支店の作成

__Team – > Repository – > Switch to – > New Branchをクリックして、新しいローカルブランチを作成できます。

リンク:/uploads/create-branch-1.png[]

ローカルブランチの基盤となるリモートトラッキングブランチを選択できます。新しいローカルブランチにアップストリーム設定を追加すると、ローカルの変更とリモートの変更を簡単に同期化できます。

ダイアログの上流でプッシュとプルの設定を選択することをお勧めします


リポジトリビュー – >切り替え – >新しいブランチ

でブランチを右クリックして新しいブランチダイアログを開く別の方法


4.2. ブランチをチェックする


リポジトリの表示から、ブランチ名を右クリックして、

チェックアウト__をクリックします。

リンク:/uploads/checkout1.png[]

またはプロジェクトを右クリックして[チーム] – >[切り替え] – >ブランチ名を選択します。

リンク:/uploads/checkout2.png[]


5 Git

でファイルを追跡する


5.1. 変更の追跡

疑問符記号は、Gitの管理下にないファイルに表示されます。これらの新しいファイルを右クリックして[チーム] – >[索引に追加]を選択すると、追跡できます。

ここからデコレータは__()に変わります。


5.2. 変更をコミットする

追跡対象ファイルへの変更をコミットします。これは、これらのファイルを右クリックして[チーム] – >[コミット]を選択して行います。

デフォルトでは、作者とコミッターは私たちのホームディレクトリの

.gitconfig

ファイルから取られます。

変更を説明するためにコミットメッセージを入力することができます。さらに、右上隅にある[署名者の追加]アイコンをクリックすると、[署名者]タグを追加できます。


5.3. 履歴を調べる

ファイルを右クリックして[チーム] – >[履歴に表示]を選択すると、ファイルの履歴を確認できます。

履歴ダイアログは、検査されたファイルのすべてのコミットされた変更を表示します。

履歴タブの右上隅にある比較モードアイコンをクリックし、次にファイル名をダブルクリックすることで、比較ビューで最後にコミットされた変更を開くことができます(これは例です。

ファイル一覧の

HelloEgit/src/HelloEgitClass.java

リンク:/uploads/compare.png[]


5.4. リモートリポジトリへの変更のプッシュ

私たちの変更をプッシュするには、リモートGitリポジトリが必要です。


Team – > Remote – > Push

から、ウィザードで新しいGitリモートリポジトリのhttps URLを入力できます。

リンク:/uploads/push.png[]

次のステップは:

  • ローカルブランチ名をにマッピングするために

    Add All Branches Spec

    を選択してください。

宛先リポジトリ内の同じブランチ名
** 確認ボタンを押す – ウィザードはのプレビューを表示します

変更されたファイル
** 最後に、[完了]をクリックしてリポジトリをリモートにプッシュします。

ロケーション。

セクション4.1からアップストリーム設定を設定した場合、この設定ダイアログは表示されず、プッシュははるかに簡単になります。


5.5. 上流からの取得

リモートトラッキングブランチをベースにしたローカルブランチで作業しているのなら、上流から変更を取得することができます。

上流から取得するには、

プロジェクト

を右クリックして

チーム – >上流から取得

を選択します(またはリポジトリビューのリポジトリを右クリックして__上流から取得を選択)。

このフェッチは、プロジェクトを右クリックして[チーム] – >[リモート] – >[上流からのフェッチの設定]を選択して設定できます。

** 5.6. 比較する

ローカル作業ディレクトリとコミットされた変更との間の変更を見たい場合は、リソースを右クリックして[With With]を選択します。これは

ビューの同期化

を開き、変更を閲覧できるようにします。

リンク:/uploads/synch-1.png[]

変更したファイルをダブルクリックすると、比較エディタが開き、変更を比較できます。

2つのコミットを比較したい場合は、[チーム] – >[履歴に表示]を選択します。

履歴ビューから、比較したい2つのコミットを強調表示して、[お互いを比較して比較__]オプションを選択します。

リンク:/uploads/compare-each-other.png[]

作業ディレクトリとブランチを比較したいのなら、

Team – > Synchronize

を使います


5.7. マージ

マージは、1つのブランチまたはタグから現在チェックアウトされているブランチへの変更を組み込みます。


Team – > Merge

をクリックするか、リポジトリビューでリポジトリ名を右クリックして

Merge

を選択してマージできます。

リンク:/uploads/merge.png[]

これで、現在チェックアウトされているブランチとマージしたいブランチまたはタグを選択できます。


6. 結論

このチュートリアルでは、Eclipse用のEGitプラグイン、それをインストールして構成する方法、そして日々の開発で使用する方法を紹介しました。

EGitについての詳細は、その公式文書http://wiki.eclipse.org/EGit/User__Guide[here]を調べてください。