1概要

このチュートリアルでは、Guavaを利用してJava Mapsを操作するための最も有用な方法を説明します。

非常に簡単に始めて、Guavaを使用して

new

演算子を使用せずに

HashMap

** を作成しましょう。

Map<String, String> aNewMap = Maps.newHashMap();


2

ImmutableMap


次に、

Guava

を使用して

ImmutableMap

を作成する方法を見てみましょう。

@Test
public void whenCreatingImmutableMap__thenCorrect() {
    Map<String, Integer> salary = ImmutableMap.<String, Integer> builder()
      .put("John", 1000)
      .put("Jane", 1500)
      .put("Adam", 2000)
      .put("Tom", 2000)
      .build();

    assertEquals(1000, salary.get("John").intValue());
    assertEquals(2000, salary.get("Tom").intValue());
}


3

SortedMap


それでは、

SortedMap

を作成して操作する方法を見てみましょう。

次の例では、対応するGuavaビルダーを使用してソートマップを作成しています。

@Test
public void whenUsingSortedMap__thenKeysAreSorted() {
    ImmutableSortedMap<String, Integer> salary = new ImmutableSortedMap
      .Builder<String, Integer>(Ordering.natural())
      .put("John", 1000)
      .put("Jane", 1500)
      .put("Adam", 2000)
      .put("Tom", 2000)
      .build();

    assertEquals("Adam", salary.firstKey());
    assertEquals(2000, salary.lastEntry().getValue().intValue());
}


4

BiMap


次に

BiMap

の使い方を説明しましょう。

BiMap

を使用すると、値が一意であることが確実になるため、キーを値にマッピングし直すことができます。

次の例では、

BiMap

を作成し、その

inverse()

を取得します。

@Test
public void whenCreateBiMap__thenCreated() {
    BiMap<String, Integer> words = HashBiMap.create();
    words.put("First", 1);
    words.put("Second", 2);
    words.put("Third", 3);

    assertEquals(2, words.get("Second").intValue());
    assertEquals("Third", words.inverse().get(3));
}


5

マルチマップ


それでは、

Multimap

を見てみましょう。

次の例のように、

Multimap

を使用して、各キーを複数の値に関連付けることができます。

@Test
public void whenCreateMultimap__thenCreated() {
    Multimap<String, String> multimap = ArrayListMultimap.create();
    multimap.put("fruit", "apple");
    multimap.put("fruit", "banana");
    multimap.put("pet", "cat");
    multimap.put("pet", "dog");

    assertThat(multimap.get("fruit"), containsInAnyOrder("apple", "banana"));
    assertThat(multimap.get("pet"), containsInAnyOrder("cat", "dog"));
}


5




それではグアバ

Table

を見てみましょう。値をインデックスするために** 複数のキーが必要な場合は

Table

を使用します。

次の例では、都市間の距離を格納するためにテーブルを使用します。

@Test
public void whenCreatingTable__thenCorrect() {
    Table<String,String,Integer> distance = HashBasedTable.create();
    distance.put("London", "Paris", 340);
    distance.put("New York", "Los Angeles", 3940);
    distance.put("London", "New York", 5576);

    assertEquals(3940, distance.get("New York", "Los Angeles").intValue());
    assertThat(distance.columnKeySet(),
      containsInAnyOrder("Paris", "New York", "Los Angeles"));
    assertThat(distance.rowKeySet(), containsInAnyOrder("London", "New York"));
}

次の例のように、

Tables.transpose()

を使用して行キーと列キーを反転することもできます。

@Test
public void whenTransposingTable__thenCorrect() {
    Table<String,String,Integer> distance = HashBasedTable.create();
    distance.put("London", "Paris", 340);
    distance.put("New York", "Los Angeles", 3940);
    distance.put("London", "New York", 5576);

    Table<String, String, Integer> transposed = Tables.transpose(distance);

    assertThat(transposed.rowKeySet(),
      containsInAnyOrder("Paris", "New York", "Los Angeles"));
    assertThat(transposed.columnKeySet(), containsInAnyOrder("London", "New York"));
}


6.

ClassToInstanceMap


次に –

ClassToInstanceMap

を見てみましょう。次の例のようにオブジェクトのクラスをキーにしたい場合は、

ClassToInstanceMap

を使用できます。

@Test
public void whenCreatingClassToInstanceMap__thenCorrect() {
    ClassToInstanceMap<Number> numbers = MutableClassToInstanceMap.create();
    numbers.putInstance(Integer.class, 1);
    numbers.putInstance(Double.class, 1.5);

    assertEquals(1, numbers.get(Integer.class));
    assertEquals(1.5, numbers.get(Double.class));
}


7.

Multimap


を使用して

List

をグループ化する

次に、

Multimap

を使用して

List

をグループ化する方法を見てみましょう。次の例では、

Multimaps.index()

を使用して名前の長さで

List

をグループ化しています。

@Test
public void whenGroupingListsUsingMultimap__thenGrouped() {
    List<String> names = Lists.newArrayList("John", "Adam", "Tom");
    Function<String,Integer> func = new Function<String,Integer>(){
        public Integer apply(String input) {
            return input.length();
        }
    };
    Multimap<Integer, String> groups = Multimaps.index(names, func);

    assertThat(groups.get(3), containsInAnyOrder("Tom"));
    assertThat(groups.get(4), containsInAnyOrder("John", "Adam"));
}


8結論

このクイックチュートリアルでは、Guavaライブラリを使用して

Mapsを操作する

最も一般的で便利なユースケースについて説明しました。

これらすべての例とコードスニペットの実装は、https://github.com/eugenp/tutorials/tree/master/guava-collections

にあります。

– これはEclipseベースのプロジェクトです。インポートしてそのまま実行するのは簡単なはずです。