序章


Ghostは、基本に立ち返ることに焦点を当てたエキサイティングな新しいブログプラットフォームです。 これにより、通常の肥大化や気を散らすことなく、コンテンツとプレゼンテーションに集中できます。

以前のガイドでは、ワンクリックインストールを使用してGhostをDigitalOceanにデプロイする方法について説明しました。 また、コンテンツの管理方法テーマと設定の変更方法についても説明しました。

このガイドでは、構成についてもう少し詳しく説明し、コマンドラインからアプリケーションのいくつかの側面を管理する方法について説明します。

ゴーストサービスを制御する方法


Ghostアプリケーションは、Dropletのデーモンに実装されています。 これは、Ubuntuのserviceコマンドを使用して、簡単に起動、停止、再起動できることを意味します。

他のサービスと同じようにGhostサービスを制御できます。

Ghostを起動します:

sudo service ghost start

ゴーストを止める:

sudo service ghost stop

Ghostを再起動します。

sudo service ghost restart

構成を変更した後、nginx(Webサーバー)を再起動すると役立つ場合があります。

sudo service nginx restart

これらのコマンドを頻繁に使用する必要はありませんが、Linux環境にあまり慣れていないかどうかを知るのに役立ちます。

Ghostをバックアップする方法


Ghostのバックアップは簡単なので、頻繁に行う必要があります。

Ghostは、ほとんどのデータをghost.dbというデータベースに保存します。

これを直接コピーしたい場合は、コピーできますが、最初にGhostサービスを停止する必要があります。

sudo service ghost stop

ローカル端末に入力して、これを自分のコンピューターにコピーできます。

scp root @ your_ghost_IP_address :/var/www/ghost/content/data/ghost.db。 

これにより、現在のローカルディレクトリにコピーされます。

テーマをコピーするには、次のコマンドを発行します。

 ssh -n root @ your_ghost_IP_address'tar zcvf --- C / var / www / ghost / content/themes。'  | 猫->ghost_themes.tar.gz

これにより、現在のローカルディレクトリにすべてのテーマを含むghost_themes.tar.gzというアーカイブファイルが作成されます。

画像をバックアップするには、同様のコマンドを実行して、ghost_images.tar.gzというファイルを作成します。

 ssh -n root @ your_ghost_IP_address'tar zcvf --- C / var / www / ghost / content/images。'  | 猫->ghost_images.tar.gz

データをダウンロードした後、Ghostを再起動することを忘れないでください。

sudo service ghost start

おそらく、これを行う簡単な方法は、サイトのこのページにアクセスしてWebインターフェイスを使用することです。

domain_name / ghost / debug

[エクスポート]ボタンをクリックして、ブログのコンテンツと設定のコピーをダウンロードできます。

Ghost export data

再デプロイが必要な場合は、いつでもこのページに再度アクセスして、ダウンロードしたデータファイルをインポートできます。

Ghostをアップグレードする方法


安全を確保するために、Ghostのインストールを最新の状態に保つことが重要です。 定期的に更新される公式のGhostアップグレードガイドは、こちらにあります。

新しいバージョンがリリースされると、GhostWebサイトから入手できます。 アカウントを作成するか、サインインする必要があります。

最新バージョンへのダウンロードリンクを検索し、「今すぐダウンロード」ボタンを右クリックまたはcontrolキーを押しながらクリックし、「リンクアドレスのコピー」または「リンクの場所のコピー」を選択してリンクをコピーします。

現在、最新バージョンのURLは常にここにありますが、将来変更される可能性があります。

http://ghost.org/zip/ghost-latest.zip

ルートとしてゴーストドロップレットにログインします。 アップグレードする前に、上記で説明したように、データベースを自宅のコンピューターにバックアップします。

Ghostのアップグレードを完了するには、build-essentialパッケージが必要です。 次のように入力して、システムにインストールできます。

sudo apt-get update
sudo apt-get install build-essential

また、ファイルをアップグレードする前にGhostサービスを停止して、ファイルが上書きされているときにプロセスがファイルを変更しないようにします。

service ghost stop

Webルートディレクトリに移動します。

cd /var/www/

wgetに続けて、最新バージョンのGhostのURLを入力します。 リンクの場所をコピーした場合は、ここに貼り付けることができます。

wget url_to_ghost_download

アップグレードされたファイルをコピーする前に、コアディレクトリの現在の内容を削除します。

rm -rf ghost/core

ファイルを正しい場所に抽出して、Ghostのインストールを更新します。

unzip -uo ghost * .zip -d ghost

「-uo」オプションは、新しいバージョンのファイルを抽出し、必要に応じて新しいファイルを作成します。 それらを忘れないでください、さもないとあなたはあなたの情報を一掃するかもしれません!

次に、Ghostプロセスにファイルの制御を与える必要があります。 次のように入力すると、次のように入力できます。

chown -R ghost:ghost ghost/*

ゴーストディレクトリに移動し、npmコマンドを使用して、新しい依存関係を取得します。

cd /var/www/ghost
npm install --production

変更を実装するには、Ghostサービスを再起動します。

service ghost start

問題が発生した場合は、最初からプロセスを繰り返し、コマンドの出力にエラーがないかどうかを確認するのが最善の方法です。 ほとんどの場合、2回目の実行で間違いを見つけることができます。

Ghost構成の変更をテストする方法


Ghostは、事前に構成された多数の「環境」を使用して実行されます。 環境によって、使用するデータベース、応答するURL、およびバックエンドサーバーとの通信方法が決まります。

通常、Ghostのインスタンスは「本番」環境で実行します。 これは、ほとんどの場合、公開サイトでブログを提供するように正しく構成されています。

いくつかの設定を試してみたい場合は、新しい環境を作成し、Ghostの起動時にそれらの環境を指定することで安全に行うことができます。

環境は、ドキュメントルートのconfig.jsファイルで構成されます。 このファイルをテキストエディタで開きます。

nano /var/www/ghost/config.js

内部には、次のようなコードが表示されます。

var path = require('path')、config;

config = {開発:{。 . . . . . },

<span class="highlight">production</span>: {
    . . .
    . . .
},

<span class="highlight">otherEnvironments</span>: {
    . . .
    . . .
}

}