前書き

FreeBSDは、さまざまなサーバーの役割に適した安全で高性能なオペレーティングシステムです。 このガイドでは、FreeBSDサーバーの使用を開始する方法に関する基本的な情報をいくつか取り上げます。

ステップ1-SSHでログイン

FreeBSDサーバーの設定を開始するために必要な最初のステップは、ログインすることです。

DigitalOceanでは、FreeBSDサーバーを作成するときに公開SSHキーを提供する必要があります。 このキーはサーバーインスタンスに追加されるため、関連付けられた秘密キーを使用して自宅のコンピューターから安全にログインできます。 DigitalOceanのFreeBSDでSSHキーを使用する方法の詳細については、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-configure-ssh-key-based-authentication-on-a-freebsd-server [このガイドに従ってください]。

サーバーにログインするには、サーバーのパブリックIPアドレスを知る必要があります。 DigitalOcean Dropletsの場合、この情報はコントロールパネルにあります。 DigitalOceanで作成されたFreeBSDサーバーで利用可能なメインユーザーアカウントは、「+ freebsd 」と呼ばれます。 このユーザーアカウントは、 ` sudo +`特権で設定され、管理タスクを完了することができます。

FreeBSDサーバーにログインするには、 `+ ssh `コマンドを使用します。 サーバーのパブリックIPアドレスとともに「 freebsd +」ユーザーアカウントを指定する必要があります。

自動的に認証され、ログインする必要があります。 コマンドラインインターフェイスにドロップされます。

tcshシェルプロンプトとデフォルトの変更(オプション)

ログインすると、次のような非常に最小限のコマンドプロンプトが表示されます。

>

これは、FreeBSDの標準コマンドラインシェルである `+ tcsh +`のデフォルトプロンプトです。 移動中にファイルシステム内で方向性を保つために、シェルの構成ファイルを変更して、より便利なプロンプトを実装します。

サンプルの設定ファイルがファイルシステムに含まれています。 必要に応じて変更できるように、ホームディレクトリにコピーします。

cp /usr/share/skel/dot.cshrc ~/.cshrc

ファイルをホームディレクトリにコピーしたら、編集できます。 `+ vi `エディターはデフォルトでシステムに含まれています。 よりシンプルなエディターが必要な場合は、 ` ee +`エディターを試すことができます。

vi ~/.cshrc

このファイルには、より機能的なプロンプトなど、いくつかの妥当なデフォルトが含まれています。 変更したい領域は、 `+ setenv +`エントリです:

. . .

setenv  EDITOR  vi
setenv  PAGER   more

. . .

`+ vi `エディタに慣れておらず、より簡単な編集環境が必要な場合は、 ` EDITOR `環境変数を ` ee `のようなものに変更する必要があります。 ほとんどのユーザーは、「 PAGER 」を「 more 」ではなく「 less +」に変更したいと思うでしょう。 これにより、ページャーを終了せずにmanページを上下にスクロールできます。

setenv  EDITOR
setenv  PAGER

この設定ファイルに追加すべき他の項目は、 `+ tcsh +`セッション内のキーボードキーの一部を正しくマップするコードブロックです。 これらの行がないと、「削除」などのキーが正しく機能しません。 この情報は、Anne Barettaが管理するhttp://www.ibb.net/%7Eanne/keyboard/keyboard.html#Tcsh [このページ]にあります。 ファイルの下部で、次の行をコピーして貼り付けます。

if ($term == "xterm" || $term == "vt100" \
           || $term == "vt102" || $term !~ "con*") then
         # bind keypad keys for console, vt100, vt102, xterm
         bindkey "\e[1~" beginning-of-line  # Home
         bindkey "\e[7~" beginning-of-line  # Home rxvt
         bindkey "\e[2~" overwrite-mode     # Ins
         bindkey "\e[3~" delete-char        # Delete
         bindkey "\e[4~" end-of-line        # End
         bindkey "\e[8~" end-of-line        # End rxvt
endif

終了したら、ファイルを保存して閉じます。

現在のセッションにこれらの変更をすぐに反映させるには、すぐにファイルを入手できます。

source ~/.cshrc

プロンプトはすぐに次のように変わります。

すぐにはわからないかもしれませんが、「Home」、「Insert」、「Delete」、および「End」キーも期待どおりに機能するようになりました。

この時点で注意すべきことは、 `+ tcsh `または ` csh `シェルを使用している場合、実行可能パスに影響を与える可能性のある変更が行われるたびに ` rehash +`コマンドを実行する必要があることです。 これが発生する一般的なシナリオは、アプリケーションをインストールまたはアンインストールする場合です。

プログラムをインストールした後、シェルが新しいアプリケーションファイルを見つけるためにこれを入力する必要がある場合があります。

rehash

デフォルトシェルの変更(オプション)

上記の設定はかなり良い `+ tcsh `環境を提供します。 ` bash +`シェルに精通しており、それをデフォルトのシェルとして使用したい場合は、簡単に調整できます。

まず、次のように入力して `+ bash +`シェルをインストールする必要があります。

sudo pkg install bash

インストールが完了したら、 + / etc / fstab`ファイルに行を追加して、 + bash`に必要なファイル記述子ファイルシステムをマウントする必要があります。 これは、次のように入力することで簡単に実行できます。

sudo sh -c 'echo "fdesc /dev/fd fdescfs rw 0 0" >> /etc/fstab'

これにより、必要な行が `+ / etc / fstab +`ファイルの最後に追加されます。 その後、次のように入力してファイルシステムをマウントできます。

sudo mount -a

これによりファイルシステムがマウントされ、 `+ bash +`を起動できるようになります。 これを行うには、次のように入力します。

bash

デフォルトのシェルを `+ bash +`に変更するには、次のように入力します:

sudo chsh -s /usr/local/bin/bash freebsd

次回ログインすると、 `+ tcsh `の代わりに ` bash +`シェルが自動的に開始されます。

+ bash`シェルでデフォルトのページャーまたはエディターを変更したい場合は、 +〜/ .bash_profile`というファイルで変更できます。 これはデフォルトでは存在しないため、作成する必要があります。

vi ~/.bash_profile

内部で、デフォルトのページャーまたはエディターを変更するには、次のように選択を追加できます。

export PAGER=
export EDITOR=

必要に応じて、さらに多くの変更を加えることができます。 完了したら、ファイルを保存して閉じます。

変更をすぐに実装するには、ファイルを入手します。

source ~/.bash_profile

ルートパスワードの設定(オプション)

デフォルトでは、FreeBSDサーバーは `+ root `アカウントの ` ssh `ログインを許可しません。 DigitalOceanでは、このポリシーは、ユーザーに ` freebsd +`アカウントでログインするように指示するために補足されています。

ルートユーザーアカウントにロックされたSSHアクセスでは、ルートアカウントのパスワードを設定することは比較的安全です。 これを使用してSSH経由でログインすることはできませんが、DigitalOcean Webコンソールからログインする必要がある場合、このパスワードを使用して「+ root +」にログインできます。

`+ root +`パスワードを設定するには、次を入力します。

sudo passwd

`+ root +`アカウントのパスワードを選択して確認するように求められます。 上記のように、これをSSH認証に使用することはできません(これはセキュリティ上の決定です)が、DigitalOceanコンソールからログインするために使用できます。

Dropletのページの右上隅にある[コンソールアクセス]ボタンをクリックして、ウェブコンソールを表示します。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/freebsd_set_pass/console_access.png [DigitalOcean Webコンソール]

_not_を選択してパスワードを設定し、サーバーからロックアウトされた場合(たとえば、誤って過度に制限されたファイアウォールルールを設定した場合)、ドロップレットをシングルユーザーモードで起動することでいつでも設定できます。 https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-set-or-reset-your-password-if-you-are-locked-out-ofを行う方法を示すガイドがあります-a-freebsd-droplet [ここ]。

結論

ここまでで、FreeBSDサーバーにログインする方法と、適切なシェル環境をセットアップする方法を知っているはずです。 次の良いステップは、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/recommended-steps-for-new-freebsd-10-1-servers [新しいFreeBSD 10.1サーバーの追加推奨ステップ]を完了することです。

その後、あなたが行くことができる多くの異なる方向があります。 いくつかの人気のある選択肢があります:

FreeBSDに慣れて、ニーズに合わせて設定すると、柔軟性、セキュリティ、およびパフォーマンスを活用できるようになります。