前書き

Mumbleは、主にゲーマーが使用するために設計された無料のオープンソースのVoice Over IP(VoIP)アプリケーションです。 MumbleはTeamSpeakとVentriloに似ています。 Mumbleは、クライアントとサーバーのアーキテクチャーを使用しており、ユーザーは同じサーバーに接続したときに互いに会話できます。 シンプルな管理インターフェイスを備え、低遅延で高品質のコーデックを備えています。 このチュートリアルでは、MumbleのサーバーコンポーネントであるMurmurをインストールおよび構成する方法を学習します。

Murmurでは、Mumbleクライアント用に独自のプライベートまたはパブリックボイスチャットサーバーを実行できます。

前提条件

液滴の要件

  • * 512 MBのドロップレット*

  • * Ubuntu 14.04 *

このチュートリアルはUbuntu 14.04向けに書かれています。ただし、リポジトリにおよびパッケージを含む最近のUbuntuディストリビューションのプロセスは同じです。 512 MBのRAMを搭載したサーバーは、Murmurを50クライアントで高品質に実行するのに十分なはずです。 同じドロップレットを他のタスクに使用している場合、より多くのRAMが推奨されます。 MurmurはCPUをあまり消費しません。

ルートアクセス

このチュートリアルの残りの部分では、rootユーザーアカウント、またはsudo特権を持つユーザーアカウントでサーバーに接続していることを前提としています。

別のアカウントからルートシェルに入るには:

sudo su

ステップ1-アップデートのインストール

先に進む前に、最新の更新プログラムがインストールされていることを確認することをお勧めします。

パッケージデータベースを更新します。

apt-get update

新しいパッケージをインストールします。

apt-get upgrade

パッケージのインストールを確認するよう求められます。 Enterを押して* Enter *を押します。

ステップ2-Murmurをインストールする

公式のUbuntuリポジトリでは、Murmurはパッケージ名を持っています。

パッケージをインストールするには:

apt-get install mumble-server

パッケージのインストールを確認するよう求められます。 Enterを押して* Enter *を押します。

ステップ3-基本構成ウィザード

インストールが完了したら、パッケージ再構成コマンドを実行して、基本的なサーバーおよびユーザー設定を作成します。 矢印キー*を使用して回答を選択し、 Enter *を押して続行できます。

以下を使用して構成ウィザードを実行します。

dpkg-reconfigure mumble-server

起動時に開始

image:https://assets.digitalocean.com/articles/mumble_server_murmur/1.png [image]

サーバーの起動時にMurmurを実行するため、デフォルト値のを受け入れます。

ネットワーク優先度

image:https://assets.digitalocean.com/articles/mumble_server_murmur/2.png [image]

これが専用のMumble Serverである場合でも、可能な限り最小のレイテンシを保証するため、選択することをお勧めします。

Mumble SuperUserパスワード

  • SuperUser *という名前のユーザーは、サーバーの最高レベルの管理アカウントです。 サーバーを管理するには、このユーザーでMumbleにログインする必要があります。

このアカウントのデフォルトのパスワードを変更することを強くお勧めします。 パスワードフィールドを空白にしても、パスワードは変更されません。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/mumble_server_murmur/3.png [image]

パスワードを入力し、* Tab を押してを選択し、 Enter *を押してセットアップウィザードを終了します。

この時点で、1つのユーザーアカウント(SuperUser)で動作するMumbleサーバーができました。

ステップ4-詳細設定

デフォルトに満足している場合、サーバーは動作します。

サーバーをさらにカスタマイズしたい場合は、 `+ / etc / mumble-server.ini +`にある設定ファイルを編集する必要があります。

ファイルを開くには:

nano /etc/mumble-server.ini

Murmurにはいくつかの構成オプションがあり、特定の設定の目的について質問がある場合は、ファイルにコメントが付けられています。

参考として以下に一般的に変更される値がいくつかあります。 これらの設定の一部を有効にするには、前の文字を削除する必要があります。 これは、行のコメント解除と呼ばれます。 で始まる行はサーバーによって処理されません。

  • * autobanAttempts autobanTimeframe autobanTime *-これら3つの値は、総当たり攻撃を防ぐために使用され、他の2つの条件が満たされた後、指定された期間IPを禁止します。

  • * welcometext *-これは、サーバーに接続するときにすべてのユーザーが受け取るウェルカムメッセージです。 ユーザーにルールを通知したり、ウェブサイトにリンクしたりするのに役立ちます。 ほとんどのHTML文字とタグを使用できます。エントリ全体が引用符で囲まれていることを確認してください。

  • * port -デフォルトのMumbleポートは 64738 *です。 この値は変更できますが、サーバーに手動で接続するときに正しいポートを入力するようユーザーに通知してください。

  • * host *-デフォルトでは、Mumbleは任意のホスト名に自動的にバインドします。 単一のホスト名を使用する場合は、そのホスト名をここに入力します。

  • 帯域幅-これは、各ユーザーが消費できる帯域幅の量です。 より高い値を設定すると、各ユーザーがより多くのRAMを消費することに注意してください。 60000〜72000の値は、512 MBのRAMで50人のユーザーをホストするのに適しています。

  • * users *-サーバーに接続できる同時ユーザーの最大数。 512 MBのRAMの場合、推奨設定は、ユーザーあたり60 Kbps〜72 Kbpsの帯域幅に対して50ユーザーです。

  • * textmessagelength *-デフォルトでは有効になっていません。ユーザーがメッセージごとに送信できる文字数を制限します。

  • * imagemessagelength *-デフォルトでは有効になっていません。ユーザーが送信できる画像の最大ファイルサイズを設定します。

  • * allowhtml *-デフォルトでは有効になっていません。メッセージ、コメント、チャンネルの説明にHTMLを使用できます。

  • * registerName RegisterUrl *-有効にすると、サーバーがMumble Clientで利用可能なパブリックリストに表示されます。 そうしないと、ユーザーは接続できるようにサーバーのホスト名またはIPアドレスを知る必要があります。

設定の変更に満足したら、を押して* Y を押して保存し、 Enter *を押して既存のファイルを上書きします。 設定を有効にするには、Murmurを再起動する必要があります。 サーバー上のMumbleユーザーは切断されます。

Murmurを再起動するには:

service mumble-server restart

他のサーバー設定の構成に関するヘルプが必要な場合は、http://wiki.mumble.info/wiki/Main_Page [Mumble Wiki]を読むことをお勧めします。

ステップ5-Mumble Serverへの接続

これらの手順は、スーパーユーザーとして新しいMumbleサーバーに接続するのに役立ちます。 他のユーザーは同じ手順を使用して接続できます。 他のユーザーは自分のユーザー名を選択でき、パスワードは必要ありません-IPアドレスとポート番号だけです。

Mumble clientをダウンロードします。

コンピューターでMumbleクライアントを開きます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/mumble_server_murmur/4.png [image]

[接続]ボタンをクリックします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/mumble_server_murmur/5.png [image]

[新規追加]ボタンをクリックします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/mumble_server_murmur/6.png [image]

Mumbleサーバーの情報を入力します。 アドレスは、サーバーのホスト名またはIPアドレスにすることができます。 カスタムポートを使用しなかった場合、デフォルトポートのになります。 [OK]をクリックして設定を保存します。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/mumble_server_murmur/7.png [image]

サーバーがお気に入りリストに保存されます。 サーバーをクリックし、[接続]をクリックします。

このサーバーの署名付き証明書を設定していない場合は、証明書を受け入れる必要があります。

接続に成功すると、* Connected *というメッセージが表示されます。

これで、このサーバー上の他のユーザーとチャットできます。