ステータス:非推奨

この記事では、サポートされなくなったバージョンのCentOSについて説明します。 現在CentOS6を実行しているサーバーを運用している場合は、サポートされているバージョンのCentOSにアップグレードまたは移行することを強くお勧めします。

理由:
CentOS 6は、2020年11月30日に保守終了(EOL)に達しました and no longer receives security patches or updates. For this reason, this guide is no longer maintained.

代わりに参照してください:
このガイドは参照として役立つ場合がありますが、他のCentOSリリースでは機能しない場合があります。 可能な場合は、使用しているCentOSのバージョン用に作成されたガイドを使用することを強くお勧めします。

序章

この記事では、64ビットのCentos6.4インストールで実行されるnode.js+expressで「Helloworld」を実行するために必要な手順の概要を説明します。 アップストリームプロバイダーから最新バージョンのソース(現時点ではv0.10.4)を構築します。

彼らのホームページに書かれているように、 Node.js は、Chrome ‘のJavaScriptランタイム上に構築されたプラットフォームであり、高速でスケーラブルなネットワークアプリケーションを簡単に構築できます。 これは、Webアプリケーションの構築に使用される、高速のイベント駆動型プラットフォームおよびサーバー側のJavascriptエンジンです。 DigitalOceansのドロップレットは、サーバー側のJavascriptをインストールして調査を開始し、Node.jsを使用してWebアプリケーションを構築またはデプロイするための費用対効果の高い方法です。

VPSを設定する

開始するには、ドロップレット(最小のインスタンスで十分です)とSSHクライアント(つまり、 Windows、Linuxシステム、Mac Os Xのパテは通常、箱から出してすぐに使用できます)。 最初のrootパスワードを受け取ったら、インスタンスにsshで接続できます。 まだ行っていない場合は、VPSにSSHで接続し、rootパスワードを変更します。 ソフトウェアリポジトリも最新バージョンに更新することをお勧めします。

yum -y update

これにより、VPSにインストールされているソフトウェアが最新バージョンに更新されます。

Yumには数分かかる場合がありますが、完了したら、ソフトウェアのインストールの準備をする必要があります。 これを書いている時点で入手可能な最新のソース(v0.10.4)からNode.jsをビルドします。 そのためには、「開発ツール」が必要です。 これは、ソースからソフトウェアをコンパイルするためのツールのグループです。

yum -y groupinstall "Development Tools"

このコマンドは、node.jsのコンパイルに必要なアプリケーションを含む「開発ツール」グループをプルします。

また、GNU screenをインストールします。これは、VPSに接続し、セッションを開始して、そこから切り離すことができるソフトウェアです。 後で、または別のワークステーションから切断して接続し、離れた場所から再開することができます。 これは、特にアプリの開発中に、何かを学びたいときに非常に便利です。

yum -y install screen

Node.jsのインストール

これで、ソースからNode.jsをインストールする準備が整いました。 まず、/ usr/srcディレクトリに移動します。これはソフトウェアソースを保持する通常の場所です。

cd /usr/src

ここで、Node.js Webサイト(http://nodejs.org/download/)から最新の圧縮ソースアーカイブを選択します。

wget http://nodejs.org/dist/v0.10.4/node-v0.10.4.tar.gz

URLを置き換えて、より新しいバージョンのnode.jsがある場合は、それを使用することができます。 次に、ソースファイルを解凍して、そのディレクトリに移動します。

tar zxf node-v0.10.4.tar.gz
cd node-v0.10.4

これで、Node.jsのソースが抽出され、ソースディレクトリに移動します。 これで、configureスクリプトを実行して、コンパイラコマンドを準備できます。

./configure

システムのプロパティを読み取り、コンパイラフラグを準備します。 つまり。 システムアーキテクチャ(32/64ビット、CPU固有のフラグなど)である可能性があります。 これで、ソースを実際にコンパイルする準備が整いました。 これを行うには、次のように入力します。

make

これはおそらくここで最も時間のかかるタスクです。私の例のVPSでは、完了するのに約6分34秒かかりました。 完了したら、これをシステム全体で利用できるようにする必要があります。

make install

最新のコマンドは、コンパイルされたバイナリをシステムパスに配置するため、すべてのユーザーがそれ以上の設定なしで使用できます。 デフォルトでは、ノードバイナリは/ usr / local / bin/nodeにインストールする必要があります。

Express.jsをインストールします

これでNode.jsがインストールされて完了しました。すぐに開発を開始するか、すでに完了したアプリケーションをデプロイするか、Express.jsアプリケーションの作成に進むことができます。 まず、ノードのモジュールマネージャーであるnpmを使用して、エクスプレスミドルウェアとスーパーバイザーをインストールします。これは、アプリの起動を維持し、ファイルの変更を監視するための便利なモジュールです(つまり、 アプリの開発中)、必要に応じてVPSを再起動します。

UPDATE:sudoを介して/usr / local / binで実行可能ファイルを実行できるようにするには、visudoを使用してsecure_pathに/ usr / local/binを追加する必要があります。

sudo visudo

secure_pathを探し、それに次を追加します: “:/ usr / local/bin”。 これが完了すると、エクスプレスモジュールとスーパーバイザモジュールをインストールする準備が整います。

npm -g install express express-generator supervisor

npm -g installは、npmソフトウェアリポジトリからエクスプレスモジュールとスーパーバイザモジュールをインストールし、システム全体で利用できるようにします。 このコマンドの-gスイッチは、「グローバル」を意味します。expressコマンドとsupervisorコマンドは、システム全体で使用できます。

非特権ユーザーを追加する

ここで、セキュリティ上の理由から、通常のシステムユーザーを作成し、非特権アカウントでノードを実行する必要があります。

これを行うには、最初にユーザーを追加します。 「exampleuser」は任意の名前に置き換えることができます。

useradd exampleuser

新しいシステムユーザーがいます。 新しいユーザーに適切なパスワードを追加します。

passwd exampleuser

ログアウトし、新しいユーザーとして再度ログインします。

これにより、ログインシェルがroot(システムユーザー)からexampleuser(より少ないダメージでシステムを危険にさらすことができる非特権ユーザー)に変更されます。

エクスプレスアプリの作成

Expressは強力なフレームワークであり、最初のアプリケーションを作成するには、次のように入力するだけです。

express hello

このコマンドは「hello」ディレクトリを作成し、新しいアプリケーションの基本をセットアップします。 次に、このディレクトリに入り、エクスプレス依存関係をインストールする必要があります。

cd hello && npm install

コマンドのnpminstall部分は、生成されたpackage.jsonファイルからすべてのモジュール依存関係を読み取り、npmソフトウェアリポジトリからインストールします。

ノードアプリを実行したままにできるように、新しい画面セッションを開始する必要があります。

screen

最後に、以前にインストールしたスーパーバイザーの助けを借りてアプリケーションを開始できます。

supervisor ./bin/www

これで、VPSIPで最初のエクスプレスアプリにアクセスできるようになりました。 たとえば、http://123.456.78.90:3000/です。