前書き

CheatはコマンドラインベースのPythonプログラムで、システム管理者が有用なチートシートを表示および保存できるようにします。 オプション、引数、または一般的な用途をユーザーに思い出させるために、選択したコマンドのプレーンテキストの例を取得します。 チートは「頻繁に使用するが、覚えるほど頻繁ではないコマンド」に最適です。

シートは、複数のLinux / Unixシステム間でコピーできる小さなポータブルテキストファイルです。他のコマンドラインプログラムと同様に呼び出され、表示されます。 一般的なプログラムのベースシートが提供されますが、カスタムの新しいシートも追加できます。

前提条件

このチュートリアルを実行するには、次のものが必要です。

ステップ1-チートのインストール

Cheatをインストールする前に、システムのすべてが最新であることを確認する必要があります。

sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade

このステップのプロンプトに「+ y +」を入力して確認します。

Cheatのインストールは、PythonパッケージマネージャーPipを使用するのが最適なので、次にPipをインストールします。

sudo apt-get install python-pip

Cheat自体は2つのPythonパッケージにのみ依存しています。どちらのパッケージもPipのCheatパッケージに含まれています。 最後に、チートをインストールします。

sudo pip install cheat

Cheatを正常にインストールすると、次の行が出力されます。

sudo pip install cheatの出力

Successfully installed cheat docopt pygments
Cleaning up...

`+ -v +`オプションでCheatを実行することで、Cheatがインストールされ動作していることを確認できます。

cheat -v

これにより、インストールしたCheatのバージョンが出力されます。

チート-v出力

cheat 2.1.10

ステップ2-テキストエディターの設定

独自のチートシートを作成する前に、Cheatは、デフォルトでシートの編集に使用するテキストエディターを知る必要があります。 これを行うには、 `+ EDITOR +`という環境変数を作成して設定する必要があります。 シェルおよび環境変数の詳細については、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-add-and-delete-users-on-an-ubuntu-14-04-vpsをご覧ください。 [環境変数とシェル変数の読み方と設定方法]チュートリアル。

nanoはすでにUbuntuにインストールされており、一般的に学習しやすいため、以下のコマンドを使用して、推奨されるテキストエディターとして設定します。 ただし、代わりにvim、emacs、またはお気に入りのテキストエディターを使用できます。

export EDITOR="/usr/bin/nano"

次のように入力して、これが成功したことを確認できます。

printenv EDITOR

これにより、新しい `+ $ EDITOR +`環境変数の内容が出力されます。

printenv EDITORの出力

/usr/bin/nano

今後のすべてのシェルセッションでこの変更を永続的かつ永続的にするには、環境変数宣言を `+ .bashrc +`ファイルに追加する必要があります。 これは、bashシェルセッションの開始時に実行されるいくつかのファイルの1つです。

このファイルを編集用に開きます。

nano ~/.bashrc

次に、同じエクスポートコマンドを追加します。

〜/ .bashrc

. . .
# If not running interactively, don't do anything
case $- in
   *i*) ;;
     *) return;;
esac



# don't put duplicate lines or lines starting with space in the history.
# See bash(1) for more options
HISTCONTROL=ignoreboth
. . .

ファイルを保存して終了するには、「+ CTRL + X 」、次に「 Y 」、次に「 ENTER +」を押します。

ステップ3-チートのカスタマイズ(オプション)

この手順では、構文の強調表示とコマンドラインの自動補完を有効にして、チートをカスタマイズします。

カラーサポートのあるターミナルエミュレータを使用する場合、trueとして定義された `+ CHEATCOLORS +`という名前のシェル環境変数をエクスポートすることにより、シートの構文強調表示を有効にできます。

export CHEATCOLORS=true

これで、チートシートを取得するたびに、色付きの構文強調表示でフォーマットされます。 この機能が気に入ったら、 `+ .bashrc +`ファイルにexportコマンドを追加することで、シェルセッション全体で永続的かつ永続的にすることができます。

もう一度 `+ .bashrc +`ファイルを開きます:

nano ~/.bashrc

次に、新しい変数「+ CHEAT COLORS 」を「 EDITOR」変数の下に追加します。

〜/ .bashrc

. . .
# If not running interactively, don't do anything
case $- in
   *i*) ;;
     *) return;;
esac

export EDITOR="/usr/bin/nano"


# don't put duplicate lines or lines starting with space in the history
. . .

ファイルを保存して閉じます。

次に、コマンドラインの自動補完を有効にするには、スクリプトを `+ / etc / bash_completion.d / +`ディレクトリに配置する必要があります。 このディレクトリに移動します。

cd /etc/bash_completion.d/

次に、CheatのGitHubプロジェクトページから必要なスクリプトをダウンロードします。

sudo wget https://raw.githubusercontent.com/chrisallenlane/cheat/master/cheat/autocompletion/cheat.bash

次に、現在のシェルに「+ bash +」と入力して、変更を反映します。

bash

Cheatのタブ自動補完が有効になりました。 + cheat`の後にスペースを入力すると、 + TAB`キーを2回押すとコマンドのリストが表示されます。

チートタブの自動補完出力

cheat
7z           asciiart     chown        df           du
grep         indent       jrnl         mkdir        netstat
. . .

ステップ4-チートの実行

最も基本的な形式でCheatを実行するには、他のコマンドのようにCheatを呼び出し、その後に既存の虎の巻名を付けます。

`+ tail +`コマンド(ファイルの最後の数行を出力する)のために、Cheatに含まれているデフォルトシートの1つでこれを行う方法の例を次に示します。

cheat tail

次の出力が表示されます。

チートテール出力

# To show the last 10 lines of file
tail file

# To show the last N lines of file
tail -n N file

# To show the last lines of file starting with the Nth
tail -n +N file

# To show the last N bytes of file
tail -c N file

# To show the last 10 lines of file and to wait for file to grow
tail -f file

他の既存のチートシートを使用できるかどうかを確認するには、 `+ -l +`オプションを指定してCheatを実行します。

cheat -l

これは、利用可能なすべてのシートとサーバー上のそれらの場所をリストします。

ステップ5-虎の巻の作成と編集

Cheatに含まれる基本的な暫定シートは有用で多様ですが、すべてのシェルコマンドまたは利用可能なプログラムがすべて含まれているわけではありません。 Chestから得られる本当のメリットは、独自のカスタムシートを追加することです。

たとえば、ネットワークプログラム `+ ping +`のシートはありません。

cheat ping

チートping出力

No cheatsheet found for ping

新しいシートを作成して追加する方法の例として役立つものを作成しましょう。 まず、コマンドラインでCheatを再度呼び出します。今回は、 `+ -e +`と作成するシートの名前が続きます。

cheat -e ping

Cheatは、以前に設定した `+ $ EDITOR +`変数を使用して、関連するファイルを作成し、編集用に開きます。

この新しいシートの先頭に便利なpingコマンドの例を追加し、コマンドが入力されたときの動作を説明するコメント(「#」で示される)を追加します。 ファイルに入力できるこのようなコマンドの1つを次に示します。

〜/ .cheat / ping

# ping a host with a total count of 15 packets overall.
ping -c 15 www.example.com

以前のようにファイルを保存して終了します。 次に、「+ cheat ping +」を再度実行して、新しいシートをテストしましょう。

cheat ping

今回は、追加したチートシートが表示されます。

チートping出力

# ping a host with a total count of 15 packets overall.
ping -c 15 www.example.com

既存のシートを変更するには、 `+ -e +`オプションを再度使用できます。

cheat -e ping

これでPingシートが開き、さらにサンプルやコンテンツを追加できます。 たとえば、次を追加できます。

〜/ .cheat / ping

# ping a host with a total count of 15 packets overall.
ping -c 15 www.example.com

# ping a host with a total count of 15 packets overall, one every .5 seconds (faster ping).
ping -c 15 -i .5 www.example.com

ステップ6-チートシートの検索

Cheatには、 `+ -s +`オプションでトリガーされる組み込みの検索機能があります。 これは、提供するテキストのすべての出現をピックアップします。 例えば:

cheat -s packets

このコマンドは、「パケット」という用語を含むすべての行とそれらが由来するシートを出力します。

チート-sパケット出力

nmap:
 # --min-rate=X => min X packets / sec

ping:
 # ping a host with a total count of 15 packets overall.
 # ping a host with a total count of 15 packets overall, one every .5 seconds (faster ping).

route:
 # To add a default  route (which will be used if no other route matches).  All packets using this route will be gatewayed through "mango-gw". The device which will actually be used for that route depends on how we can reach "mango-gw" - the static route to "mango-gw" will have to be set up before.

tcpdump:
 # and other packets being transmitted or received over a network. (cf Wikipedia).

. . .

結論

Cheatが表示するものはすべてプレーンテキストであり、シェルの標準出力を介して送信されるため、任意のテキスト処理コマンド( `+ grep `など)を使用できます。 https://www.digitalocean.com/community/tutorials/using-grep-regular-expressions-to-search-for-text-patterns-in-linux[Grepと正規表現を使用したテキストパターンの検索]を読むことができます。 Linuxの場合] ` grep +`の詳細についてはチュートリアル。

さらに、GitHubを備えたGitなどのバージョン管理システムは、カスタムチートシートを一元的に保存するのに理想的であるため、リポジトリのクローンを作成することで、複数のプラットフォームでそれらを保持できます。 シートを追加、修正、またはCheatを使用して自分で作成した場合、シートは_custom_として分類されます。

カスタムチートシートはすべて、Linuxユーザーのホームディレクトリの「+ .cheat 」という名前の隠しフォルダー内に保存されます。 この場所を見つけるには、「 cheat -d +」を実行します。2つのディレクトリが出力されます。1つ目はカスタムシートの場所、2つ目はインストール時にCheatで取得するデフォルトシートの場所です。

他のシステム上のカスタムシートのライブラリにアクセスするには、この `+ .cheat +`フォルダーをコピーするだけです。 チートシートは小さなプレーンテキストファイルであるため、バージョン管理による追跡に最適です。 チートシートと構成ファイルを常にアクセス可能にする完全なソリューションについては、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-use-git-to-manage-your-userを参照してください。 -configuration-files-on-a-linux-vps [Gitを使用してLinux VPSでユーザー構成ファイルを管理する方法]チュートリアル。