Virtualminについて

Virtualminは、(複数の)仮想プライベートサーバーの広範な管理を可能にするWebminモジュールです。 Apache、Nginx、PHP、DNS、MySQL、PostgreSQL、メールボックス、FTP、SSH、SSL、Subversion/Gitリポジトリなどを管理できるようになります。

このチュートリアルでは、新しく作成されたVPS(ドロップレット)にVirtualminのGPL(無料)版をインストールします。

前提条件

  • Virtualminは、新しいVPSを作成したばかりであると仮定して、競合を防ぐために新しくインストールしたサーバーを使用することを強くお勧めします。これはすべて問題ないはずです。
  • VPSのホスト名として完全修飾ドメイン名が設定されていることを確認します。 完全修飾ドメイン名の例は、「myserver.example.com」または「example.com」です。

    ドメイン名がサーバー’のIPアドレスを指していることを確認してください。

    次のコマンドを使用して、現在のホスト名を確認してください。

    hostname -f

    必要に応じてホスト名を変更するには、次のコマンドを使用します。

    hostname myserver.example.com

ルートとしてログイン

DigitalOceanコントロールパネルからドロップレットのIPアドレスを取得し、SSHを使用してrootとしてログインします。

ssh [email protected]

インストールスクリプトのダウンロード

Virtualminは、簡単なインストールを可能にするインストールスクリプトを提供します。 次のコマンドを使用して、スクリプトをルートディレクトリにダウンロードします。

wget http://software.virtualmin.com/gpl/scripts/install.sh -O /root/virtualmin-install.sh

終了すると、次のようなものが表示されることを期待する必要があります。

2013-07-06 11:03:57 (129 KB/s) - `/root/virtualmin-install.sh' saved [45392/45392]

Running the Install Script

	Now it&#39;s time to run the script we just downloaded.<pre>sh /root/virtualmin-install.sh</pre>

これにより、インストールウィザードが開始されます。 それは短い免責事項で始まり、それを受け入れた後、インストールが始まります。

Virtualminへのアクセス

インストールスクリプトのインストールが完了すると、次のURLでVirtualminにアクセスできます。

https://myserver.example.com:10000/

そこで、rootユーザー名とパスワードでログインできます。 「インストール後ウィザード」にログインすると、Virtualminインストールの構成が開始されます。

インストール後のウィザード

このウィザードはかなり自明です。いくつかの追加情報を使用して、いくつかの手順について説明します。

メモリ使用

  • Virtualminライブラリをプリロードしますか? これにより、Virtualmin UIが高速になります。これは、UIを広範囲に使用する場合に使用します。これがなくても、UIは非常に使いやすくなります。
  • メールドメインルックアップサーバーを実行しますか? 高速電子メールが重要であり、予備のRAMがある場合は、これを有効にすることをお勧めします。

ウイルススキャン

	<ul>
		<li>Run ClamAV server scanner? This is explained pretty well on the page, if your server receives a lot of e-mails then it&#39;s beneficial to enable it.</li>
	</ul>

注:512MBのVPSにVirtualminをインストールしていて、上記の手順でClamAVサーバースキャナーを有効にしたばかりの場合は、次のエラーが発生する可能性があります。

A problem occurred testing the ClamAV server scanner :
ERROR: Can't connect to clamd: No such file or directory

----------- SCAN SUMMARY -----------
Infected files: 0
Time: 0.000 sec (0 m 0 s)
		

このエラーが発生する理由は、VPSのRAMが不足しているためです… RAMをアップグレードするか、スワップスペースを追加して、増加したメモリ使用量を処理するかを選択できます。

スワップスペースとそれを有効にする方法の詳細については、次のチュートリアルに従ってください: https://www.digitalocean.com/community/articles/how-to-add-swap-on-ubuntu-12-04 [ X172X]。

スパムフィルタリング

	<ul>
		<li>
			Run SpamAssassin server filter?<br><br>
			Again this is explained pretty well on the page, if your server receives a lot of e-mails then it&#39;s beneficial to enable it.<br>
		</li>
	</ul>

データベースサーバー

MySQLまたはPostgreSQLが何であるかを知っていると仮定すると、このステップはかなり明確になります。 必要なものを有効にします。

MySQLを選択した場合、次のステップでは、MySQLサーバーのrootパスワードを入力するように求められます。 その後のステップでは、MySQLが使用する構成のタイプを尋ねます。

RAMに一致するものを選択することをお勧めします(デフォルトでは正しいものが選択されると思います)。

DNSゾーン

Virtualminを使用してDNSゾーンを管理する場合は、ここにプライマリおよびセカンダリネームサーバーを入力します。

パスワード

Virtualminには、パスワードの保存方法について2つの選択肢があります。 「ハッシュ化されたパスワードのみを保存する」を選択することを強くお勧めします。

このようにして、招待されていない人がサーバーに侵入した場合、個人のパスワードを取得することはできません。

これで、インストール後のウィザードが完了しました。 ページの上部に、「構成を再確認して更新する」というボタンが付いた大きな黄色のバーが表示される場合があります。

すべてが正常であることを確認するためだけに、そのボタンを押すことをお勧めします。

そのチェック中にエラーが発生した場合は、指示に従って問題を解決し、すべてのエラーがなくなるまで構成を再チェックしてください。

いくつかの有用な知識

Virtualminを回避するのに役立つ情報を次に示します。

仮想プライベートサーバー

仮想プライベートサーバーは(通常)Webサイトを表し、通常、すべてのWebサイトには独自の仮想プライベートサーバーがあります。

サブサーバー

サブサーバーは紛らわしいように聞こえますが、基本的にはサブドメインです。

VirtualminとWebmin

左上に表示されているように、VirtualminとWebminがあります。 これらは異なるコントロールパネルです。Virtualminは、すべてのVPSとそれに関連するすべてのものを管理する場所です。 Webminは、サーバー自体を管理する場所です。

ドキュメンテーション

Virtualminは非常によく文書化されています。つまり、すべてのページに独自のヘルプページがあり、すべてのオプションのラベル(入力フィールドの前のラベル)がそのオプションの説明にリンクされています。

これは、Virtualminのメニュー構造を説明するスクリーンショットです。

仮想プライベートサーバーのセットアップ

インストールとウィザードが完了したので、仮想プライベートサーバーのセットアップを開始できます。 左側のナビゲーションで[仮想サーバーの作成]をクリックします。

サーバーをセットアップするドメイン名を入力します。このチュートリアルでは、example.comを使用します。

仮想プライベートサーバーを管理するためのメインパスワードとなる管理パスワードを入力します。 仮想プライベートサーバーを自分で管理している場合は、このパスワードを実際に知る必要はありません。 その場合、セキュリティを強化するために、生成された長いパスワードを使用することをお勧めします。

Virtualminを使用すると、サーバー構成テンプレートとアカウントプランを管理できます。これらは、[システム設定]、[サーバーテンプレート]、[アカウントプラン]の順に変更できます。

管理ユーザー名を指定できます。自動のままにしておくと、ユーザー名の「例」になります。

他のタブの下に隠されているオプションを確認し、仮想プライベートサーバーを構成するために必要なものを有効/無効/変更します。

「サーバーの作成」をクリックすると、Virtualminは仮想プライベートサーバーのセットアップに必要な手順を実行します。エラーが発生した場合は、そこに表示されます。

サブドメインの設定

仮想プライベートサーバーをセットアップしたので、サブドメインを追加します。もう一度[仮想サーバーの作成]をクリックします。

ページの上部に、「トップレベルサーバー」(仮想プライベートサーバー)、「サブサーバー」(サブドメイン)、「example.comのエイリアス」および「エイリアス」というさまざまなオプションが表示されていることに注目してください。 example.com の、独自の電子メール付き」。

「サブサーバー」をクリックして、「example.com」のサブドメインを作成します。

完全なドメイン名( test.example.com )を入力し、その下のオプションを確認します。準備ができたら、[サーバーの作成]をクリックします。

Virtualminが必要なことを実行するのを見て、’がすべて完了すると、現在選択されている仮想プライベートサーバーとして「test.example.com」が表示されます。

ユーザーの設定

まず、’がトップレベルサーバー「 example.com 」にいることを確認してから、「ユーザーの編集」をクリックします。 上部には、ユーザーを作成するための3つのオプションがあります。「このサーバーにユーザーを追加する」、「ユーザーをバッチで作成する」です。 および「WebサイトのFTPアクセスユーザーを追加します。」

FTPアクセス権を持つユーザーの設定のみを検討している場合は、そのリンクをクリックすると、[このサーバーにユーザーを追加する]をクリックします。 最初のステップは、ユーザーの電子メールアドレス、本名、およびパスワードを入力することです。 次に、理想的なセットアップを取得するために利用できる他のオプションを注意深く確認し、完了したら[作成]を押します。

これで、ユーザーがリストに追加されていることがわかります。メインユーザーは太字です。 また、ユーザーのログインが何であるかを示します(デフォルトでは、これはtest.exampleのようなものです)。

電子メールアドレスの詳細な設定については、メニューの[メールエイリアスの編集]リンクを参照してください。

データベースの設定

メニューの[データベースの編集]リンクをクリックします。仮想プライベートサーバーを正しく設定することを忘れないでください。 設定に応じて、すべての仮想プライベートサーバーには独自のデータベース(または複数)があります。

すべてのデータベースには「管理…」リンクがあり、データベースの非常に単純なビューを提供し、クエリを実行できます。 次に、[データベースの編集]ページに戻り、[パスワード]をクリックします。これは、Virtualminによって自動的に生成されたデータベースのパスワードです。

[データベースのインポート]タブに移動すると、既存のデータベース(Virtualminの外部で作成されたデータベース)を現在の仮想プライベートサーバーに割り当てることができます。これは、何らかの形式のMySQLクライアントを使用してデータベースを作成する場合に役立ちます。

最後になりましたが、[リモートホスト]タブでは、サーバーに接続するための複数のホストを提供できます。そのままにして(localhost)、SSHトンネルを使用してデータベースサーバーにログインすることをお勧めします。

ディレクトリ構造

Virtualminは、非常にうまく整理されたディレクトリ構造を持っています。 次のスキームを参照してください。

`-- /home/example
    |-- /home/example/awstats
    |-- /home/example/cgi-bin
    |-- /home/example/domains
    |   `-- /home/example/domains/test.example.com
    |       |-- /home/example/domains/test.example.com/awstats
    |       |-- /home/example/domains/test.example.com/cgi-bin
    |       |-- /home/example/domains/test.example.com/homes
    |       |-- /home/example/domains/test.example.com/logs
    |       `-- /home/example/domains/test.example.com/public_html
    |           `-- /home/example/domains/test.example.com/public_html/stats
    |-- /home/example/etc
    |   `-- /home/example/etc/php5
    |-- /home/example/fcgi-bin
    |-- /home/example/homes
    |   `-- /home/example/homes/test
    |       `-- /home/example/homes/test/Maildir
    |           |-- /home/example/homes/test/Maildir/cur
    |           |-- /home/example/homes/test/Maildir/new
    |           `-- /home/example/homes/test/Maildir/tmp
    |-- /home/example/logs
    |-- /home/example/public_html
    |   `-- /home/example/public_html/stats
    `-- /home/example/tmp	
		

ご覧のとおり、すべてが / home / example に配置されており、サブドメインは/home/example/domains/test.example.com/にあります。 すべてのドメインには独自のログディレクトリがあり、Virtualminにはデフォルトでawstatsが付属しており、「http://www.example.com/statsからアクセスできます。仮想プライベートサーバーの作成。

ここからどこへ行くの?

Virtualminの設定を確認するために少し時間がかかります。 あなたの経験をより良くするためにあなたが変えることができる多くのものがあります。 このコントロールパネルのWebmin側も調べることを忘れないでください。

このチュートリアルはVirtualminの表面にのみ触れており、Virtualminを使用して実行したり、モジュールを介して追加したりできるものは他にもたくさんあります。 svn/gitリポジトリを設定するためのモジュールもあります。