ステータス:非推奨

この記事では、サポートされなくなったバージョンのCentOSについて説明します。 現在CentOS6を実行しているサーバーを運用している場合は、サポートされているバージョンのCentOSにアップグレードまたは移行することを強くお勧めします。

理由 CentOS 6は2020年11月30日に保守終了(EOL)に達し、セキュリティパッチまたはアップデートを受信しなくなりました。 このため、このガイドは維持されなくなりました。

代わりに参照:このガイドは参照として役立つ場合がありますが、他のCentOSリリースでは機能しない場合があります。 可能な場合は、使用しているCentOSのバージョン用に作成されたガイドを使用することを強くお勧めします。

ApacheWaveについて


Apache Waveは、GoogleがGoogle Waveに対して行った作業に基づいた、オープンソースのリアルタイム通信プラットフォームです。 当初は現代向けに構築された電子メールの代替として想定されていましたが、通常のメッセージングとリアルタイム通信、リッチコンテンツ、および高度な共有機能(電子メール、チャット、Wiki、およびリアルタイムドキュメントエディターのマッシュアップのようなもの)を組み合わせています。

Googleは2010年に、Waveの開発を終了したことを発表し、プロジェクトをApacheSoftwareFoundationに渡して開発を継続しました。 Googleの撤退にもかかわらず、ASFとオープンソースの貢献者はプラットフォームを進化させ続けています。

このチュートリアルでは、4GBのRAMを搭載したCentOS6.4VPSを使用します。

ステップ1:前提条件


開始する前に、sudoアクセス権を持つ通常のユーザーアカウントを持っていることを確認してください。 ほとんどの手順は、通常のユーザーアカウントとして実行されます。

このチュートリアルでは、ユーザーアカウントを作成し、それにsudoパワーを付与する方法について説明します。

前提条件をインストールする

ユーザーアカウントとしてログインし、Waveをコンパイルして実行するための前提条件パッケージをインストールします。

sudo yum install git java-1.6.0-openjdk java-1.6.0-openjdk-devel mongodb ant

Waveユーザーを作成する

Waveサーバーを実行するためのユーザーアカウントを明示的に作成します。 このユーザーには、スーパーユーザー権限を付与しないでください。 このユーザーには任意の名前を付けることができます。 このチュートリアルでは、Waveユーザーアカウントのユーザー名waveを想定しています。

このチュートリアルではユーザーアカウントの作成について説明しますが、ではなくこのユーザーにroot権限を付与します。

RAMを確認してください

Waveの構築と実行には多くのメモリが必要です。 VPSのサイズによっては、Waveを正常にコンパイルするためにスワップスペースを追加する必要があります。 VPSにスワップをまだ追加していない場合は、このチュートリアルにCentOS6のスワップを有効にする手順が記載されています。

スワップを含めて少なくとも2.5GBのRAMが必要です(つまり、512 MBのVPSを実行している場合は、2 GBのスワップスペースを追加します)。

ステップ2:Waveをコンパイルする


Waveのソースコードを入手する

以前に作成したwaveユーザーになります。

sudo su - wave

次に、gitを使用して最新のWaveソースをプルダウンします。 これにより、Waveの実行に必要なファイルを含むwaveというサブフォルダーが作成されます。

cd ~
git clone git://git.apache.org/wave.git wave

ビルド構成を微調整

それでもwaveユーザーとして、新しく複製されたソースツリーに移動します。

cd ~/wave

2 GB未満の実RAMを搭載したVPSで実行している場合は、コンパイルが高速化され、一度にコンパイルに使用されるスレッドの数が減ります。 デフォルト設定の4では、使用可能な限られたRAMとの間でデータを交換するために多くの無駄な時間が発生します。

使用するスレッドの数を減らすには、build.xmlファイルを編集します。

emacs build.xml

<arg line="-localWorkers 4"/>と書かれた行を見つけて、4を1に変更します。 行は次のようになります。

<arg line="-localWorkers 1"/>

建てる

antを使用して、必要なサードパーティの依存関係を取得し、Waveソースをコンパイルします。

ant get-third-party
ant compile-gwt dist-server

VPSの仕様によっては、コードのコンパイルに最大1時間かかる場合があります。

ステップ3:Waveを構成する


Waveサーバーを起動する前に、構成ファイルを作成する必要があります。 構成するオプションは多数ありますが、クラウドサーバーがリモート接続の受け入れを開始するために指定する必要のあるオプションがいくつかあります。 少なくとも、Waveサーバーのホスト名と、バインドして提供するクラウドサーバーのIPを指定します。

この構成ファイルを作成するには、このコマンド入力を実行しますサーバーのホスト名を使用して、 クラウドサーバーのIPアドレスを使用:

ant -f server-config.xml -Dwave_server_domain=<domain> -Dhttp_frontend_public_address=<ip>:8282

これにより、ポート8282のVPSのIPで提供する構成ファイルが作成されます。 ポートを任意に更新できますが、1024未満のポート番号(標準のHTTPポート、80など)は、waveユーザーがバインドすることはできません。

ステップ4:Waveを実行して使用する


これで、Waveインスタンスが構成され、実行する準備が整いました。 Waveフロントエンドサーバーとバックエンドサーバーを起動するには、run-server.shスクリプトを実行します。

ウェーブユーザーとして:

cd ~/wave/
./run-server.sh

これにより、手順3で指定した構成を使用してサーバーが起動します。 これで、指定したIPとポートに移動して、Waveの使用を開始できます。