前書き

Cassandra、またはApache Cassandraは、スケーラブルなオープンソースのNoSQLデータベースシステムであり、マルチノードセットアップで優れたパフォーマンスを実現します。

このチュートリアルでは、Ubuntu 14.04でシングルノードクラスターを実行するためにインストールして使用する方法を学びます。

前提条件

このチュートリアルを完了するには、次のものが必要です。

  • Ubuntu 14.04ドロップレット

  • sudo特権を持つ非ルートユーザー(https://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-ubuntu-14-04[Ubuntu 14.04での初期サーバーセットアップ]は、このセットアップ方法を説明しています。 )

手順1-Oracle Java仮想マシンのインストール

Cassandraでは、Oracle Java SE Runtime Environment(JRE)がインストールされている必要があります。 そのため、この手順では、インストールしてデフォルトのJREであることを確認します。

Oracle JREパッケージを利用可能にするには、次のコマンドを使用してPersonal Package Archives(PPA)を追加する必要があります。

sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java

パッケージデータベースを更新します。

sudo apt-get update

次に、Oracle JREをインストールします。 この特定のパッケージをインストールすると、インストールされるだけでなく、デフォルトのJREになります。 プロンプトが表示されたら、ライセンス契約に同意します。

sudo apt-get install oracle-java8-set-default

インストールした後、デフォルトのJREになっていることを確認します。

java -version

次のような出力が表示されます。

Outputjava version "1.8.0_60"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_60-b27)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.60-b23, mixed mode)

ステップ2-Cassandraのインストール

Apache Software Foundationの公式リポジトリのパッケージを使用してCassandraをインストールするため、まずパッケージをシステムで使用できるようにリポジトリを追加することから始めます。 Cassandra 2.2.2は、この発行時点での最新バージョンであることに注意してください。 `+ 22x `を最新バージョンに一致するように変更します。 たとえば、Cassandra 2.3が最新バージョンの場合、「 23x +」を使用します。

echo "deb http://www.apache.org/dist/cassandra/debian 22x main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list.d/cassandra.sources.list

リポジトリのソースを追加します:

echo "deb-src http://www.apache.org/dist/cassandra/debian 22x main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list.d/cassandra.sources.list

パッケージの更新中にパッケージ署名の警告を回避するには、パッケージリポジトリに関連付けられたApache Software Foundationから3つの公開キーを追加する必要があります。

次のコマンドペアを使用して最初のコマンドを追加します。このコマンドは次々に実行する必要があります。

gpg --keyserver pgp.mit.edu --recv-keys F758CE318D77295D
gpg --export --armor F758CE318D77295D | sudo apt-key add -

次に、2番目のキーを追加します。

gpg --keyserver pgp.mit.edu --recv-keys 2B5C1B00
gpg --export --armor 2B5C1B00 | sudo apt-key add -

次に、3番目を追加します。

gpg --keyserver pgp.mit.edu --recv-keys 0353B12C
gpg --export --armor 0353B12C | sudo apt-key add -

パッケージデータベースをもう一度更新します。

sudo apt-get update

最後に、Cassandraをインストールします。

sudo apt-get install cassandra

ステップ3-Cassandraのトラブルシューティングと起動

通常、Cassandraはこの時点で自動的に開始されるはずです。 ただし、バグのため、そうではありません。 実行されていないことを確認するには、次を入力します。

sudo service cassandra status

実行されていない場合、次の出力が表示されます。

Output* could not access pidfile for Cassandra

これは、Ubuntu上のCassandraの最新バージョンでよく知られている問題です。 いくつかの修正を試みます。 最初に、initスクリプトを編集することから始めます。 変更するパラメーターはそのスクリプトの60行目にあるため、次を使用して開きます。

sudo nano +60 /etc/init.d/cassandra

その行は読むべきです:

/etc/init.d/cassandraCMD_PATT=""

それをに変更してください。

/etc/init.d/cassandra
CMD_PATT=""

ファイルを閉じて保存し、サーバーを再起動します。

sudo reboot

Or:

sudo shutdown -r now

再度ログインすると、Cassandraが実行されているはずです。 確認:

sudo service cassandra status

成功すると、以下が表示されます。

Output* Cassandra is running

ステップ4-クラスターへの接続

Cassandraを正常に起動できた場合は、クラスターのステータスを確認します。

sudo nodetool status

出力では、* UN *は U pおよび N ormalであることを意味します。

OutputDatacenter: datacenter1
=======================
Status=Up/Down
|/ State=Normal/Leaving/Joining/Moving
--  Address    Load       Tokens       Owns    Host ID                               Rack
 127.0.0.1  142.02 KB  256          ?       2053956d-7461-41e6-8dd2-0af59436f736  rack1

Note: Non-system keyspaces don't have the same replication settings, effective ownership information is meaningless

次に、インタラクティブなコマンドラインインターフェイス「+ cqlsh +」を使用して接続します。

cqlsh

接続が表示されます。

OutputConnected to Test Cluster at 127.0.0.1:9042.
[cqlsh 5.0.1 | Cassandra 2.2.2 | CQL spec 3.3.1 | Native protocol v4]
Use HELP for help.
cqlsh>

「+ exit +」と入力して終了します。

exit

結論

おめでとうございます。 これで、Ubuntu 14.04で実行されている単一ノードのCassandraクラスターができました。 Cassandraの詳細については、http://wiki.apache.org/cassandra/GettingStarted [プロジェクトのウェブサイト]をご覧ください。