ステータス:非推奨

この記事では、サポートされなくなったバージョンのCentOSについて説明します。 現在CentOS6を実行しているサーバーを運用している場合は、サポートされているバージョンのCentOSにアップグレードまたは移行することを強くお勧めします。

理由 CentOS 6は2020年11月30日に保守終了(EOL)に達し、セキュリティパッチまたはアップデートを受信しなくなりました。 このため、このガイドは維持されなくなりました。

代わりに参照:このガイドは参照として役立つ場合がありますが、他のCentOSリリースでは機能しない場合があります。 可能な場合は、使用しているCentOSのバージョン用に作成されたガイドを使用することを強くお勧めします。

序章


CouchDB は、Apache Software Foundationによって開発されたNoSQLデータベースであり、ドキュメントにJSON、MapReduceクエリにJavaScript、APIに通常のHTTPを使用します。 「Webを完全に包含するデータベース」と呼ばれることもあり、その柔軟性と拡張性により、多くの新興企業や企業で使用されています。

このチュートリアルの時点で、CouchDBの現在の安定バージョンは1.4.0です。

このチュートリアルを開始する前に、 CentOS6を使用したサーバーの初期セットアップのチュートリアルを完了することをお勧めします。

ステップ1-VPSにビルドツールをインストールします


ソースからCouchDBをコンパイルするには、仮想サーバーにいくつかのツールと依存関係をインストールする必要があります。

最初に行う必要があるのは、パッケージを最新バージョンに更新することです。

sudo yum -y update

次に、開発ツールをインストールする必要があります。

sudo yum -y groupinstall "Development Tools"

そして、CouchDBをコンパイルするために必要な依存関係:ErlangとSpiderMoney:

sudo yum -y install libicu-devel curl-devel ncurses-devel libtool libxslt fop java-1.6.0-openjdk java-1.6.0-openjdk-devel unixODBC unixODBC-devel openssl-devel

ステップ2-Erlangをインストールする


ErlangはCouchDBに必要です。 CentOSチームは公式パッケージを提供していないため、ソースからコンパイルする必要があります。

まず、 www.erlang.org/download.html にアクセスして、最新のソースコードをダウンロードします。

wget http://www.erlang.org/download/otp_src_R16B02.tar.gz

ダウンロードが完了したら、アーカイブを解凍します。

tar -zxvf otp_src_R16B02.tar.gz

Erlangソースコードが解凍されたので、コンパイルを開始できます。

cd otp_src_R16B02
./configure && make

次に、それをインストールする必要があります。 デフォルトでは、Erlangは / usr /localにインストールされます。

sudo make install

ステップ3-SpiderMonkeyJSエンジンをインストールする


正常にコンパイルするには、MozillaのSpiderMoneyJavaScriptエンジンがCouchDBに必要です。

CouchDBには、MozillaのSpiderMoneyバージョン1.8.5が必要です。これは、FTPからダウンロードできます。

wget http://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/js/js185-1.0.0.tar.gz

ダウンロードが完了したら、アーカイブを解凍します。

tar -zxvf js185-1.0.0.tar.gz 

次のステップは、コンパイルしてVPSにインストールすることです。

cd js-1.8.5/js/src
./configure && make
sudo make install

ステップ4-CouchDBをインストールする


すべての依存関係が満たされた後、CouchDBのインストールは非常に簡単です。

まず、CouchDBソースをダウンロードして解凍する必要があります。

wget http://apache.osuosl.org/couchdb/source/1.4.0/apache-couchdb-1.4.0.tar.gz
tar -zxvf apache-couchdb-1.4.0.tar.gz

ソースコードを解凍したら、コンパイルを開始できます。 これには数分かかるはずです。

cd apache-couchdb-1.4.0
./configure && make

すべてが正常であれば、CouchDBをインストールする準備が整いました。

sudo make install

ステップ5-CouchDBをセットアップする


CouchDBをインストールしたら、CouchDBユーザーを作成し、適切な権限を設定して、起動スクリプトを追加する必要があります。

couchdbユーザーを追加することから始めましょう:

sudo adduser --no-create-home couchdb

couchdb ユーザーは、いくつかのディレクトリにアクセスするための適切な権限を持っている必要があります。

sudo chown -R couchdb:couchdb /usr/local/var/lib/couchdb /usr/local/var/log/couchdb /usr/local/var/run/couchdb

次に、couchdbinitスクリプトの/etc/init.dへのリンクを作成する必要があります。

sudo ln -sf /usr/local/etc/rc.d/couchdb /etc/init.d/couchdb

起動時にCouchDBを自動的に起動する場合は、chkconfigにinitスクリプトを追加して有効にします。

sudo chkconfig --add couchdb
sudo chkconfig couchdb on

デフォルトでは、CouchDBにはVPS自体からのみアクセスできます。 Webからアクセスする場合は、構成ファイルを変更する必要があります。

エディターで構成ファイルを開きます。

sudo nano /usr/local/etc/couchdb/local.ini

Webからcouchdbにアクセスする必要がある場合は、[httpd]セクションでbind_addressという設定を探し、0.0.0.0に変更します。これにより、CouchDBは使用可能なすべてのアドレスをバインドします。

[httpd]
port = 5984
bind_address = 0.0.0.0

これで、CouchDBを開始する準備が整いました。

sudo service couchdb start

CouchDBが実行されていることを確認するには、ポート5984でCouchDBに接続します。

curl http://localhost:5984

次のような応答が表示されます。

{"couchdb":"Welcome","uuid":"a9e7db070cfe85e6a770aa254c49c8c3","version":"1.4.0","vendor":{"name":"The Apache Software Foundation","version":"1.4.0"}}

サーバーが稼働中であることを確認したら、http://your.DO.IP.address:5984/_utilsのブラウザーでサーバーにアクセスできます。

提出者: http ://www.liviudm.com