Discourseの記事

前書き

Discourseは、オープンソースのディスカッションプラットフォームです。 メーリングリスト、ディスカッションフォーラム、または長期チャットルームとして使用できます。 このチュートリアルでは、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-and-use-docker-on-ubuntu-16-04 [Docker]を使用して、隔離された環境にDiscourseをインストールします、コンテナ化アプリケーション。

前提条件

始める前に、最初に設定する必要のあることがいくつかあります。

  • 次のhttps://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-ubuntu-16-04[Ubuntu 16.04での初期サーバー設定]チュートリアル、sudo非rootユーザーとファイアウォールを含む。

  • サーバーにインストールされているDocker。https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-and-use-docker-on-ubuntu-16-04 [ステップ1 Ubuntu 16.04のDockerインストールチュートリアル]。

  • サーバーに解決するドメイン名。https://www.digitalocean.com/community/articles/how-to-set-up-a-host-name-with-digitalocean [this hostnameチュートリアル]。

  • SMTPメールサーバー。 https://www.digitalocean.com/community/tutorials/why-you-may-not-want-to-run-your-own-mail-server [独自のメールサーバーを実行]したくない場合は、 SparkPostの無料アカウントなど、別のサービスを使用できます。 SparkPostを使用する場合は、https://support.sparkpost.com/customer/en/portal/articles/1933377-create-api-keys [APIキーを作成]する必要があります。

ステップ1-談話のダウンロード

前提条件がすべて揃っているので、Discourseのインストールに直接進むことができます。

セットアップおよびブートストラッププロセスの残りの部分では* root *である必要があるため、最初にルートシェルに切り替えます。

sudo -s

次に、 `+ / var / discourse +`ディレクトリを作成します。このディレクトリには、すべての談話関連ファイルが存在します。

mkdir /var/discourse

最後に、https://github.com/discourse/discourse_docker [official Discourse Docker Image]を `+ / var / discourse +`に複製します。

git clone https://github.com/discourse/discourse_docker.git /var/discourse

必要なファイルを用意したら、構成とブートストラップに進むことができます。

ステップ2-談話の構成とブートストラップ

Discourseファイルがある `+ / var / discourse +`ディレクトリに移動します。

cd /var/discourse

ここから、付属のセットアップスクリプトを起動できます。

./discourse-setup

次の質問が表示されます。

  • 談話のホスト名

談話に使用するホスト名を入力します(例: + discourse。+、 `++`をドメイン名に置き換えます。 メールを送信するときにIPアドレスが機能しないため、ドメイン名を使用する必要があります。

  • 管理者アカウントのメールアドレス

談話管理者アカウントに使用するメールアドレスを選択します。 それは、あなたの談話ドメインとはまったく無関係である可能性があり、便利な任意の電子メールアドレスである可能性があります。

最初のユーザーがそのメールに登録すると、このメールアドレスはデフォルトで談話管理者になります。 また、後でウェブコントロールパネルから談話を設定するときに、このメールアドレスが必要になります。

  • * SMTPサーバーアドレス?*

  • * SMTPユーザー名?*

  • * SMTPポート?*

  • * SMTPパスワード?*

これらの質問のSMTPサーバーの詳細を入力します。 SparkPostを使用している場合、SMTPサーバーアドレスは「+ smtp.sparkpostmail.com 」、ユーザー名は* SMTP_Injection *、ポートは「+587」、パスワードはhttps:/になります/support.sparkpost.com/customer/en/portal/articles/1933377-create-api-keys[APIキー]。

最後に、入力したすべての設定を確認するよう求められます。 設定を確認した後、スクリプトは `+ app.yml +`という設定ファイルを生成し、ブートストラッププロセスが開始されます。

ブートストラップには2〜8分かかり、その後インスタンスが実行されます。 管理者アカウントの作成に移りましょう。

ステップ3-管理者アカウントの登録

お気に入りのWebブラウザで談話ドメインにアクセスして、談話Webページを表示します。

image:http://i.imgur.com/nmRKhNB.png [おめでとうございます]

502 Bad Gatewayエラーを受け取った場合は、1〜2分待ってから更新してください。談話はまだ始まっていないかもしれません。

ページが読み込まれたら、青い[登録]ボタンをクリックします。 次のフィールドを含む*管理者アカウントの登録*というフォームが表示されます。

  • メール:プルダウンメニューから以前に指定したメールアドレスを選択します。

  • ユーザー名:ユーザー名を選択します。

  • パスワード:強力なパスワードを選択してください。

次に、フォームの青い[登録]ボタンをクリックして送信します。 *メールの確認*というダイアログが表示されます。 受信トレイで確認メールを確認してください。 受信していない場合は、[アクティベーションメールを再送信]ボタンをクリックしてみてください。 それでも新しい管理者アカウントを登録できない場合は、Discourse https://meta.discourse.org/t/troubleshooting-email-on-a-new-discourse-install/16326 [メールのトラブルシューティングチェックリスト]をご覧ください。

管理者アカウントを登録すると、セットアップウィザードが起動し、Discourseの基本設定をガイドします。 すぐに確認するか、[*たぶん後で] *をクリックしてスキップしてください。

画像:http://i.imgur.com/U8lBkkf.png [ウィザード]

セットアップウィザードを完了するかスキップすると、いくつかのトピックとhttps://github.com/discourse/discourse/blob/master/docs/ADMIN-QUICK-START-GUIDE.md[Admin Quick Start Guide]( * READ ME FIRST *)というラベルが付いています。これには、Discourseインストールをさらにカスタマイズするためのヒントが含まれています。

画像:http://i.imgur.com/6n8CGqb.png [ホームページ]

準備完了です! 今後、Discourseをアップグレードする必要がある場合は、Gitリポジトリから最新バージョンのコードを取得し、アプリを次のようにリビルドすることにより、コマンドラインから実行できます。

cd /var/discourse
git pull
./launcher rebuild app

ブラウザで `+ http:// discourse。/ admin / upgrade +`にアクセスし、* Upgrade to the Latest Version *をクリックして、指示に従うことでも更新できます。

画像:http://i.imgur.com/qX5cnoX.png [アップグレード]

結論

これで、Discourseフォーラムの管理を開始し、ユーザーがサインアップできるようになりました。 談話の機能の詳細については、http://www.discourse.org/about/ [談話についてのページ]をご覧ください。