ハイライトの意味

このチュートリアルでは、ユーザーが入力またはカスタマイズする必要のある行がハイライトになります。 残りはほとんどコピーアンドパスタブルである必要があります。

Gerritについて

Gerritは、開発者がコードを信頼できるリポジトリにプッシュできるようにするコードレビューツールであり、本番環境にプッシュする前にコードを確認できます。 アプリケーションはgitと非常に同期しています。 その有用性のために、デフォルトのH2データベースの代わりにMySQLまたはPostgresを使用する、別のWebサーバーの背後でgerritを構成する、ログインに使用する認証をカスタマイズするなど、強力で安全なgerritプラットフォームを構築するさまざまな方法があります(デフォルトはopen_id)。

このチュートリアルでは、クラウドサーバーでできるだけ早くgerritを起動して実行できるようにする簡単なgerritの説明について説明します。

ステップ1-Git

gerritのインストールを開始する前に、 gitがインストールされ、サーバーにセットアップされていることを確認する必要があります。 万が一、クラウドサーバーにまだインストールされていない場合は、apt-getを使用してすばやく取得できます。

sudo apt-get install git

ステップ2—Java

gerritが機能するには、サーバーにJavaがインストールされている必要があります。

Javaがすでに簡単にインストールされているかどうかを確認できます。

java -version

そうでない場合は、aptgetを使用してもう一度インストールできます。

sudo apt-get install default-jdk

ステップ3—Gerritのインストール

GitとJavaがダウンロードされてサーバーにインストールされたら、gerritのセットアップを開始できます。 プログラム自体はGoogleCodeサイトでホストされていますが、最新バージョンは2.7です。

必要なwarファイルをダウンロードします。

wget https://gerrit.googlecode.com/files/gerrit-2.7-rc1.war

ダウンロードしたら、gerritを初期化する必要があります。 以下のコマンドでこれを行うことができます。

ただし、デフォルト設定に満足している場合は、-batchオプションを使用してすべてを一度に選択できます。 さらに、デフォルトでは、gerritはユーザーのホームディレクトリ内に設定されますが、行に–dを追加することで、ファイルを配置する特定のディレクトリを設定できます。

java -jar gerrit-2.7-rc1.war init --batch -d ~/gerrit_example

このプロセスが自動的に実行される場合、gerritにアクセスできる正規URLは単にlocalhostになります。

ステップ4—Gerritインストールにアクセスする

Gerritを設定すると、目的のユーザーからGerritへのアクセスを開始できます。

Gerritは、その正規URLからアクセスでき、設定に表示され、次のコマンドで簡単に見つけることができます。

 git config -f ~/gerrit_example/etc/gerrit.config gerrit.canonicalWebUrl

目に見える結果は、次の線に沿ったものになるはずです。

http://localhost:8080/

gerrit.configファイルでgerrit設定を変更できます。

vi  ~/gerrit_example/etc/gerrit.config

変更を加えた後は、必ずgerritを再起動してください。

~/gerrit_example/bin/gerrit.sh restart

正規URLにlocalhostが表示されている場合は、サーバーのIPアドレスを介してgerritにアクセスできるはずです。

最初のログイン時のページは次のようになります。

OpenIDを使用すると、サーバー上にアカウントを作成できるはずです。 デフォルトでは、最初に登録されるアカウントがサイトのスーパー管理者になります。

ステップ5-新しいユーザーを作成する

新しいユーザーの作成を開始すると、画面は次のようになります。

記入する必要のあるセクションがいくつかあります。 これには、電子メール、ユーザー名、およびユーザーのSSHキーが含まれます。

(フィールドに入力されるデフォルトではなく)新しい電子メールを入力する場合は、手動で追加できます。 ただし、そのメールアドレスでユーザーを登録する前に、確認する必要があります。

そのページには、ユーザーのSSHキー用の大きなフィールドがあります。 SSHキーがすでに設定されているかどうかを確認し、設定されている場合は、公開キーを貼り付けます。 SSHキーをお持ちの場合は、新しいものを作成しないでください

SSHキーをお持ちでない場合は、サイトの指示に従ってSSHキーを生成できます。

作成したユーザー名でコマンドラインからgerritにログインすることで、SSHキーが機能していることを二重に確認できます。 デフォルトでは、gerritはポート29418で実行されます。

ssh username@localhost -p 29418

ログインに成功すると、次のテキストが表示されます。

ssh username@localhost -p 29418
The authenticity of host '[localhost]:29418 ([cannonicalURL]:29418)' can't be established.
RSA key fingerprint is 19:73:55:9d:63:8b:c5:6f:cb:ee:4c:51:b4:e6:69:e4.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added '[ocalhost]:29418' (RSA) to the list of known hosts.

  ****    Welcome to Gerrit Code Review    ****

  Hi, you have successfully connected over SSH.

  Unfortunately, interactive shells are disabled.
  To clone a hosted Git repository, use:

  git clone ssh://username @localhost:29418/REPOSITORY_NAME.git

Connection to cannonicalURL closed.
EtelSverdlov著