の意味

幸運なことに、このチュートリアルのコードの大部分はコピーして貼り付けることができます。 このチュートリアルでは、実際に入力またはカスタマイズする必要がある行はになります。

Gitについて

Gitは、2005年のリリース以来、GNU General PublicLicensev.2の条件の下で配布されているバージョン管理システムです。 プロジェクトの非線形開発を可能にし、大量のデータを効果的に処理できます。 これが当てはまるのは、Gitのすべての作業ディレクトリが、ネットワークアクセスや中央サーバーに依存しない完全な履歴と追跡機能を備えた本格的なリポジトリであるためです。

Gitを使用する利点は、プログラムがデータを保存する方法にあります。他のVCSとは異なり、ストレージプロセスは、主にローカルディスク上のミニファイルシステムのスナップショットのセットと考えるのが最適です。これにより、効率が最大化され、強力なツールが可能になります。その上に構築されます。

AptでGitをインストール-Get

1つのコマンドでapt-getを使用してGitをインストールしてください!

sudo apt-get install git-core

終わり! 冗談ですが、Gitを構成する必要があります。

ソースから最新バージョンのGitをダウンロードする場合は、次の手順に従います。 それ以外の場合は、セットアップにスキップしてください。

ソースからGitをインストールする

「apt-getupdate」を実行して、最新のパッケージをVPSにダウンロードしていることを確認します。 それが成功したら、必要なすべての依存関係をダウンロードします(1行目)。 最後に、前述の2つの手順を実行した後でのみ、 googleコードページ(2行目)から最新バージョンのGitのインストールに進むことができます。

ライン1

sudo apt-get install libcurl4-gnutls-dev libexpat1-dev gettext libz-dev libssl-dev build-essential

2行目

wget https://github.com/git/git/archive/v1.9.4.tar.gz

ダウンロードしたら、ファイルを解凍し、そのディレクトリに切り替えます。

tar -zxf v1.9.4.tar.gz
cd git-1.9.4

グローバルインストール

これは少し異なり、より複雑なプロセスです。 しかし、心配しないでください、疲れた旅行者! グローバルインストールを実行する場合は、’ 2段階のプロセス: 1)自分で1回インストールし、 2)rootとして1回インストールします。

make prefix=/usr/local all
sudo make prefix=/usr/local install

Gitのセットアップ方法

Gitをインストールしたら、ユーザー名とメールアドレスをgitconfigファイルにコピーする必要があります。 nanoコマンド「sudonano〜/ .gitconfig」を使用すると、新規インストールを実行したばかりなので、完全に空白のページが開きます。 次のコマンドで必要な情報を挿入します。

git config --global user.name "NewUser"
git config --global user.email [email protected]

このコマンドですべての設定を確認できます。

git config --list

関連項目

gitの使用方法の詳細については、リンクGitを効果的に使用する方法にアクセスしてください。

アダム・ラグレツァ