ステータス:非推奨

この記事では、サポートされなくなったバージョンのUbuntuについて説明します。 現在Ubuntu12.04を実行しているサーバーを運用している場合は、サポートされているバージョンのUbuntuにアップグレードまたは移行することを強くお勧めします。

理由:
Ubuntu 12.04は2017年4月28日に保守終了(EOL)に達しました and no longer receives security patches or updates. This guide is no longer maintained.

代わりに参照してください:
このガイドは参照として役立つ場合がありますが、他のUbuntuリリースでは機能しない場合があります。 可能な場合は、使用しているUbuntuのバージョン用に作成されたガイドを使用することを強くお勧めします。 ページ上部の検索機能を使用して、より新しいバージョンを見つけることができます。

Joomlaについて

Joomlaは、PHPとMySQLなどのバックエンドデータベースを使用する無料のオープンソースコンテンツ管理です。 それはそれを箱から出してすぐに信じられないほど柔軟なコンテンツ管理システムにする多種多様な機能を提供します。 2005年に作成され、現在オンラインで2番目に人気のあるコンテンツ管理サイトです。 現在、機能をカスタマイズするための10,000を超えるアドオンがあります。

設定

このチュートリアルの手順では、ユーザーが仮想プライベートサーバーに対するroot権限を持っている必要があります。 これを設定する方法は、サーバーの初期設定の手順3と4で確認できます。

Joomlaを使用する前に、仮想サーバーにLAMPをインストールする必要があります。 Linux、Apache、MySQL、PHPスタックがVPSに’ない場合は、セットアップのチュートリアルをここで見つけることができます: Ubuntu12.04にLAMPをインストールする方法。

ユーザーと必要なソフトウェアを入手したら、Joomla!のインストールを開始できます。

ステップ1-Joomlaをダウンロードする

まず、Joomlaファイルを一時的に保存するディレクトリを作成します。

mkdir temp

ディレクトリに切り替えます。

cd temp

次に、WebサイトからJoomlaの最新バージョンを直接ダウンロードできます。 現在、最新バージョンは2.5.7です。

wget http://joomlacode.org/gf/download/frsrelease/17410/76021/Joomla_2.5.7-Stable-Full_Package.tar.gz

このコマンドは、zip形式のJoomlaパッケージを仮想サーバー上のユーザーのホームディレクトリに直接ダウンロードします。 次のコマンドを使用して解凍し、デフォルトのapacheディレクトリ/ var/wwwに直接移動できます。

sudo tar zxvf Joomla_2.5.7-Stable-Full_Package.tar.gz  -C /var/www

ステップ2—設定を構成する

JoomlaファイルがWebディレクトリに配置されたら、Joomlaインストーラーへのアクセスを許可するためにいくつかのアクセス許可を変更します。

最初にJoomla構成ファイルを作成し、一時的に誰でも書き込み可能にします。

sudo touch /var/www/configuration.php
sudo chmod 777 /var/www/configuration.php

インストールが完了したら、権限を755に戻します。これにより、所有者のみが書き込み可能になります。

ステップ3—Joomlaデータベースとユーザーを作成する

次に、ギアを少し切り替えて、Joomla用の新しいMySQLディレクトリを作成する必要があります。

先に進み、MySQLシェルにログインします。

mysql -u root -p

MySQLのrootパスワードを使用してログインします。 次に、そのデータベース内のユーザーであるJoomlaデータベースを作成し、そのユーザーに新しいパスワードを与える必要があります。 すべてのMySQLコマンドはセミコロンで終了する必要があることに注意してください。

まず、データベースを作成しましょう(簡単にするために、私はJoomlaと呼んでいますが、実際のサーバーでは、この名前はあまり安全ではありません)。 自由に名前を付けてください。

CREATE DATABASE joomla;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

次に、新しいユーザーを作成する必要があります。 データベース、名前、およびパスワードは、好きなものに置き換えることができます。

CREATE USER [email protected];
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

新しいユーザーのパスワードを設定します。

SET PASSWORD FOR [email protected]= PASSWORD("password");
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

新しいユーザーにすべての権限を付与して終了します。 このコマンドがないと、Joomlaインストーラーは新しいmysqlユーザーを利用して必要なテーブルを作成できます。

GRANT ALL PRIVILEGES ON joomla.* TO [email protected] IDENTIFIED BY 'password';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

次に、MySQLを更新します。

FLUSH PRIVILEGES;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

MySQLシェルを終了します。

exit

apacheを再起動します。

sudo service apache2 restart

ステップ4—Joomlaインストーラーにアクセスする

JoomlaファイルをVPSの正しい場所に配置し、適切な権限を割り当て、MySQLデータベースとユーザー名を設定したら、ブラウザーで残りの手順を実行できます。

ドメイン名またはIPアドレスに移動するJoomlaインストーラーにアクセスします。 (例えば。 Example.com)

インストーラーの実行が終了したら、Joomlaの指示に従ってインストールフォルダーを削除し、構成ファイルのアクセス許可を変更します。

sudo rm -rf /var/www/installation/
sudo chmod 755 /var/www/configuration.php

ドメインまたはIPアドレスにアクセスして、新しいJoomlaページを表示します。

EtelSverdlov著