前書き

LAMPスタック(Linux、Apache、MySQL、PHP)は、サーバーが動的なPHP WebサイトとWebアプリをホストできるようにするために通常一緒にインストールされるオープンソースソフトウェアのグループです。 このガイドには、1台のサーバー上のUbuntu 14.04でLAMPスタックをセットアップする手順が含まれているため、PHPアプリケーションをすばやく起動して実行できます。

各ステップのより良い説明を含むこのチュートリアルのより詳細なバージョンは、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-linux-apache-mysql-php-lamp-stack-で見つけることができますon-ubuntu-14-04 [こちら]。

ステップ1:apt-getパッケージリストを更新する

sudo apt-get update

ステップ2:Apache、MySQL、およびPHPパッケージをインストールする

sudo apt-get -y install apache2 mysql-server php5-mysql php5 libapache2-mod-php5 php5-mcrypt

プロンプトが表示されたら、MySQLの「root」ユーザーの新しいパスワードを設定して確認します。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/lamp_1404/mysql_password.png [MySQLルートパスワードの設定]

ステップ3:MySQLデータベースのディレクトリ構造を作成する

sudo mysql_install_db

ステップ4:基本的なMySQLセキュリティスクリプトを実行する

sudo mysql_secure_installation

プロンプトで、MySQLルートアカウントに設定したパスワードを入力します。

MySQL root password prompt:Enter current password for root (enter for none):
OK, successfully used password, moving on...

次のプロンプトで、現在のMySQLルートパスワードに満足している場合、「no」を表す「n」を入力します。

MySQL root password prompt:Change the root password? [Y/n]

残りのプロンプトについては、単に「ENTER」キーを押してデフォルト値を受け入れます。

ステップ5:PHPファイルを優先するようにApacheを構成する(オプション)

テキストエディターでApache `+ dir.conf`ファイルを開きます。

sudo nano /etc/apache2/mods-enabled/dir.conf

リストの最初の項目に + index.php`を移動して、 + DirectoryIndex`ディレクティブを編集します。次のようになります。

dir.conf-更新されたDirectoryIndex

DirectoryIndex  index.html index.cgi index.pl index.xhtml index.htm

保存して終了。

Apacheを再起動して、変更を適用します。

sudo service apache2 restart

ステップ6:PHP処理をテストする(オプション)

`+ / var / www / html`に基本的なテストPHPスクリプトを作成します。

echo '<?php phpinfo(); ?>' | sudo tee /var/www/html/info.php

WebブラウザーでPHPスクリプトを開きます。 サーバーのパブリックIPアドレスに置き換えます:

Visit in a web browser:http:///info.php

PHP情報ページが表示された場合、PHP処理は機能しています。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/lamp_1404/phpinfo.png [PHP情報ページの例]

テストPHPスクリプトを削除します。

sudo rm /var/www/html/info.php

関連するチュートリアル

このガイドに関連する詳細なチュートリアルへのリンクは次のとおりです。