ステータス:非推奨

この記事では、サポートされなくなったバージョンのCentOSについて説明します。 現在CentOS6を実行しているサーバーを運用している場合は、サポートされているバージョンのCentOSにアップグレードまたは移行することを強くお勧めします。

理由:
CentOS 6は、2020年11月30日に保守終了(EOL)に達しました and no longer receives security patches or updates. For this reason, this guide is no longer maintained.

代わりに参照してください:
このガイドは参照として役立つ場合がありますが、他のCentOSリリースでは機能しない場合があります。 可能な場合は、使用しているCentOSのバージョン用に作成されたガイドを使用することを強くお勧めします。

序章

Laravel 4は、PHPプログラミング言語で記述されたMVCフレームワークです。 これはかなり若いフレームワークですが、すぐに利用可能な最も人気のあるPHPフレームワークの1つになりました。 また、背後には活気に満ちた大きなコミュニティがあります。 Laravel 4を使用できるようにするには、少なくともPHPバージョン5.3.7を実行しているVPSが必要であり、MCryptPHP拡張機能もインストールされている必要があります。

Laravel 4は、PHPの依存関係マネージャーであるComposerを多用しています。 Composerを利用することで、Laravel4はアプリケーションを構造化する方法を完全に自由にします。 packagist.orgで利用可能な多くのcomposerパッケージを閲覧できます。

リポジトリのインストール

Remi&Epelリポジトリをインストールしましょう。

CentOS VPSの64ビットバージョンを実行している場合は、ターミナルで次のコマンドを入力します。

rpm -Uvh http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

CentOS VPSの32ビットバージョンを実行している場合は、代わりに次のコマンドを入力します。

rpm -Uvh http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm
rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

Apacheのインストール

このステップでは、Apacheサーバーをインストールします。 ターミナルに次のように入力します。

sudo yum --enablerepo=remi install httpd

インストールしたら、次のコマンドを実行してVPSを起動できます。

sudo service httpd start

Apacheがインストールされているかどうかを確認するには、ブラウザをクラウドサーバーのIPアドレスに誘導します(例: http://12.34.56.789)。 Apacheテストページが表示されます。

クラウドサーバーのIPアドレスがわからない場合は、次のコマンドを発行できます。

ifconfig eth0 | grep inet | awk '{ print $2 }'

PHPのインストール

このステップでは、PHPとMCrypt拡張機能をインストールします。 ターミナルに次のように入力します。

sudo yum --enablerepo=remi install php php-mysql

インストールしたら、バージョンを確認できます。

php –v

PHPには、インストールできるさまざまな拡張機能があります。 利用可能なものを確認するには、次のように入力します。

 yum search php-

はじめに述べたように、MCrypt拡張機能をインストールする必要があります。 ターミナルに次のように入力します。

sudo yum --enablerepo=remi install php-mcrypt

MySQLのインストール

おそらく、あなたはあなたのサイトのためのデータベースを持っている必要があるでしょう。 このステップでは、MySQLデータベースをインストールします。

次のように入力します:

sudo yum --enablerepo=remi install mysql-server

インストール後、サービスを開始できます。

sudo service mysqld start

rootユーザーのパスワードを設定する必要があります。そうしないと、セットアップに大きなセキュリティギャップが残ります。 ターミナルに次のように入力します。

sudo /usr/bin/mysql_secure_installation

プロンプトで、現在のルートパスワードの入力を求められます。 MySQLをインストールしたばかりなので、MySQLがない可能性が高いので、Enterキーを押して空白のままにします。

Enter current password for root (enter for none): 
OK, successfully used password, moving on...

ルートパスワードを設定するかどうかを尋ねるプロンプトが表示されます。 先に進み、Yを選択して、指示に従います。 CentOSは、MySQLのセットアッププロセスを自動化し、一連の「はい」または「いいえ」の質問をします。 すべてのオプションに「はい」と言うのが最も簡単です。 最後に、MySQLは新しい変更をリロードして実装します。

By default, a MySQL installation has an anonymous user, allowing anyone
to log into MySQL without having to have a user account created for
them.  This is intended only for testing, and to make the installation
go a bit smoother.  You should remove them before moving into a
production environment.

Remove anonymous users? [Y/n] y                                            
 ... Success!

Normally, root should only be allowed to connect from 'localhost'.  This
ensures that someone cannot guess at the root password from the network.

Disallow root login remotely? [Y/n] y
... Success!

By default, MySQL comes with a database named 'test' that anyone can
access.  This is also intended only for testing, and should be removed
before moving into a production environment.

Remove test database and access to it? [Y/n] y
 - Dropping test database...
 ... Success!
 - Removing privileges on test database...
 ... Success!

Reloading the privilege tables will ensure that all changes made so far
will take effect immediately.

Reload privilege tables now? [Y/n] y
 ... Success!

Cleaning up...

All done!  If you've completed all of the above steps, your MySQL
installation should now be secure.

Thanks for using MySQL!

サービスを自動的に開始する

Apache、PHP、およびMySQLがインストールされたので、VPSの起動時に自動的に実行されるように設定する必要があります。 次のように入力します:

sudo chkconfig httpd on
sudo chkconfig mysqld on

LAMPサーバーのセットアップが完了したので、Laravelのインストールに進むことができます。

Composerのインストール

最初のステップは、Composerをインストールすることです。 ターミナルから次のコマンドを実行します。

curl  -k -sS https://getcomposer.org/installer | php

これにより、composerがダウンロードおよびインストールされます。 PATH内で使用できるようにcomposerを移動する必要があります。 ターミナルに次のように入力すると、これらの場所を表示できます。

echo $PATH

Composerを/usr/ local /bin/ディレクトリに配置します。 ターミナルに次のように入力します。

sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer

ここでは、composer.pharファイルを移動し、名前を単に「composer」に変更しました。

Laravelのインストール

Composerがインストールされたので、Laravelのインストールに進みます。 ターミナルから次のコマンドを発行します。

wget https://github.com/laravel/laravel/archive/develop.zip

これにより、Laravelフレームワークの.zipファイルがダウンロードされます。 次のステップは、このファイルを解凍することです。 次のコマンドを発行して、解凍ソフトウェアがインストールされていることを確認します。

which unzip

インストールされている場合は、そのパスが表示されます。 インストールされていない場合、エラーが発生します。 次のコマンドでインストールできます。

sudo yum install unzip

解凍ソフトウェアがあることを確認したので、アーカイブを解凍できます。 次のように入力します:

unzip develop

development.zipを解凍すると、「laravel-develop」という名前のディレクトリが作成されます。 これは、ターミナルで次のコマンドを実行することで確認できます。

ls

このディレクトリをwwwディレクトリに移動します。

mv laravel-develop /var/www/yoursite

ここで、ディレクトリを移動し、名前を「yoursite」に変更しました。 「yoursite」をサイトの名前に置き換えてください。

これでdevelop.zipが完成したので、削除できます。

rm  -f develop

この後、LaravelプロジェクトのComposer依存関係をインストールする必要があります。 まず、sitesディレクトリに移動します。 もう一度、「yoursite」を上記の手順で使用したサイトの名前に置き換えてください。

cd /var/www/yoursite

次に、composer installコマンドを発行して、依存関係をインストールします。

composer install

(これには少し時間がかかる場合があります。 インストール中はしばらくお待ちください。)

最後に、「app/storage」ディレクトリの権限を変更する必要があります。 Laravelはこのディレクトリに書き込める必要があります。 もう一度、「yoursite」の部分に注意してください。

chmod –R  775 /var/www/yoursite/app/storage

Apacheでの仮想ホストの設定

最後のステップは、Apache内に仮想ホストをセットアップすることです。 これを行うには、「httpd.conf」ファイルを編集します。 次のコマンドを使用して、編集用にファイルを開くことができます。

sudo nano /etc/httpd/conf/httpd.conf

次のように入力してファイルを保存します。

&ltVirtualHost *:80>
        ServerName yoursite.com
        DocumentRoot /var/www/yoursite/public

       &ltDirectory /var/www/yoursite/public>
          &ltIfModule mod_rewrite.c>
          Options -MultiViews
          RewriteEngine On
          RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
         RewriteRule ^ index.php [L]
       </IfModule>
</Directory>
</VirtualHost>

ここでは、仮想ホストをセットアップし、リクエストからindex.phpを削除して、「よりクリーンな」URLを許可します。 最後に、Apacheを再起動します。 今までに思い出す必要はないと思いますが、「yoursite」を上記の手順で入力したサイトに置き換えてください。

sudo service httpd restart

結論

すべてがうまくいけば、あなたはあなたのサイトにアクセスしてLaravelのロゴを見ることができるはずです!