Lempスタック:基本情報

LEMPスタックは、VPSを稼働させるためのオープンソースソフトウェアのグループです。 頭字語には、従来のLAMPスタックのLinux(L)、MySQL(M)、およびPHP(P)が含まれますが、Apache for Nginx(エンジンxと発音)を切り替えます。

このチュートリアルでは、nginx / MySQL / PHP-fpmをインストールする方法と、nginxおよびphp-fpmをダウンロードするために必要なすべてのリポジトリについて説明します。 また、phpとnginxを構成する方法、およびphp情報ページを作成する方法についても説明します。

1)Aptを更新-Get

apt-get updateコマンドは、ソースからのパッケージインデックスファイルを再同期するために使用されます。 apt-get upgradeコマンドと組み合わせて使用すると、現在利用可能なすべてのパッケージの最新バージョンがインストールされます。

現時点では、完全な更新を行うだけで済みます。

sudo apt-get update

2)MySQLをVPSにインストールします

MySQLは、データの整理と取得に使用される強力なデータベース管理システムです。

MySQLをインストールするには、ターミナルを開き、次のコマンドを入力します。

sudo apt-get install mysql-server

インストール中に、MySQLはrootパスワードを設定するように要求します。 プログラムのインストール中にパスワードを設定する機会を逃した場合、後でMySQLシェル内からパスワードを設定するのは非常に簡単です。

Password

MySQLをインストールしたら、次のコマンドでアクティブ化する必要があります。

sudo mysql_install_db

MySQLセットアップスクリプトを実行して終了します。

sudo /usr/bin/mysql_secure_installation

プロンプトで、現在のルートパスワードの入力を求められます。 に入力します。

Enter current password for root (enter for none): 
OK, successfully used password, moving on...

ルートパスワードを変更するかどうかを尋ねるプロンプトが表示されます。 ルートパスワードはすでに設定されているはずなので、このオプションにはNを選択してください。 ただし、残りの質問については、他の方法で行う理由がない限り、すべてにYと答えることができます。

それでは、nginxをインストールしましょう!

3)VPSにNginxをインストールして構成します

インストール

初期インストールはapt-getコマンドで簡単に行えます。

sudo apt-get install nginx

nginxの実行を開始するには、次のコマンドが必要です。

sudo service nginx start

ブラウザでIPアドレスを指定すると、nginxがクラウドサーバーに正常にインストールされたことを確認できます。

*次のコマンドを実行して、VPSのIPアドレスを明らかにします。

ifconfig eth0 | grep inet | awk '{ print $2 }'

構成

次のコマンドを使用して、デフォルトの仮想ホストファイルを開きます。

sudo nano /etc/nginx/sites-available/default

構成には、以下の変更を含める必要があります(変更の詳細は構成情報の下にあります)。

UPDATE:新しいUbuntuバージョンでは、デフォルトで’www’の代わりに’html’というディレクトリが作成されます。 / usr / share / nginx / wwwが存在しない場合は、おそらくhtmlと呼ばれます。 構成を適切に更新してください。

 [...]
server {
        listen   80;
     

        root /usr/share/nginx/www;
        index index.php index.html index.htm;

        server_name example.com;

        location / {
                try_files $uri $uri/ /index.html;
        }

        error_page 404 /404.html;

        error_page 500 502 503 504 /50x.html;
        location = /50x.html {
              root /usr/share/nginx/www;
        }

        # pass the PHP scripts to FastCGI server listening on /var/run/php5-fpm.sock
        location ~ \.php$ {
                try_files $uri =404;
                fastcgi_pass unix:/var/run/php5-fpm.sock;
                fastcgi_index index.php;
                fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
                include fastcgi_params;
                
        }

}
[...]

変更の詳細は次のとおりです。

  • index.phpをインデックス行に追加します。
  • server_nameをローカルホストからドメイン名またはIPアドレスに変更します(構成内のexample.comを置き換えます)
  • 「location〜 \ .php${」セクションの正しい行を変更します

保存して終了

4)PHPをインストールして構成する

インストール

あなたはおそらくそれを推測しました! apt-get コマンドを使用して、PHP-FPMをインストールします。

sudo apt-get install php5-fpm php5-mysql

構成

phpの設定に小さな変更を1つ加える必要があります。 php.iniを開きます。

 sudo nano /etc/php5/fpm/php.ini

cgi.fix_pathinfo= 1 を見つけ、1を0に変更します。

cgi.fix_pathinfo=0

この数が1のままである場合、phpインタープリターは、要求されたファイルに可能な限り近いファイルを処理するために最善を尽くします。 これはセキュリティリスクの可能性があります。 逆に、この数値が0に設定されている場合、インタープリターは正確なファイルパスのみを処理します。これは、はるかに安全な代替手段です。

保存して終了。

php5-fpm構成に別の小さな変更を加える必要があります。 www.confを開きます。

 sudo nano /etc/php5/fpm/pool.d/www.conf

行を見つけて、listen = 127.0.0.1:9000を実行し、127.0.0.1:9000を/var/run/php5-fpm.sockに変更します。

listen = /var/run/php5-fpm.sock

保存して終了。

php-fpmを再起動します。

sudo service php5-fpm restart

5)PHP情報ページを作成する

新しいphp構成のすべての詳細をすばやく確認できます。

これを設定するには、最初に新しいファイルを作成します。

sudo nano /usr/share/nginx/www/info.php

次の行を追加します。

<?php
phpinfo();
?>

次に、保存して終了します。

仕上げ

nginxを再起動します:

sudo service nginx restart

http://youripaddress/info.phpにアクセスすると、nginxとphp-fpmの構成の詳細を確認できます。

これで、LEMPスタックが仮想プライベートサーバー上でセットアップおよび構成されました:)

アダム・ラグレツァ