前書き

MariaDBは、一般的なhttps://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-linuxの一部として一般的にインストールされるオープンソースのデータベース管理システムです-nginx-mysql-php-lemp-stack-on-centos-7 [LEMP](Linux、Nginx、MySQL / MariaDB、PHP / Python / Perl)スタック。 リレーショナルデータベースとSQL(Structured Query Language)を使用してデータを管理します。 MariaDBは、元のMySQL開発者が管理するMySQLのフォークです。 MySQLの代替として設計され、 `+ mysql +`を参照するコマンドを使用し、CentOS 7のデフォルトパッケージです。

このチュートリアルでは、CentOS 7サーバーにMariaDBの最新バージョンをインストールする方法を説明します。 MySQLが特に必要な場合は、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-mysql-on-centos-7 [CentOS 7にMySQLをインストールする方法]ガイドを参照してください。 MySQL vs.について疑問がある場合 MariaDB、MariaDBは推奨パッケージであり、MySQLの代わりにシームレスに動作するはずです。

前提条件

このチュートリアルを実行するには、次のものが必要です。

ステップ1-MariaDBのインストール

Yumを使用してMariaDBパッケージをインストールし、続行することを確認するプロンプトが表示されたら「+ y +」を押します。

sudo yum install mariadb-server

インストールが完了したら、次のコマンドでデーモンを起動します。

sudo systemctl start mariadb

`+ systemctl +`はすべてのサービス管理コマンドの結果を表示するわけではないため、成功するために次のコマンドを使用します。

sudo systemctl status mariadb

MariaDBが正常に起動した場合、出力には「Active:active(running)」が含まれ、最終行は次のようになります。

Dec 01 19:06:20 centos-512mb-sfo2-01 systemd[1]: Started MariaDB database server.

次に、必要なシンボリックリンクを作成する `+ systemctl enable +`コマンドを使用して、MariaDBが起動時に起動することを確認します。

sudo systemctl enable mariadb
OutputCreated symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/mariadb.service to /usr/lib/systemd/system/mariadb.service.

次に、インストールのセキュリティ保護に注目します。

ステップ2-MariaDBサーバーの保護

MariaDBには、リモートルートログインやサンプルユーザーなどの安全性の低いデフォルトオプションの一部を変更するセキュリティスクリプトが含まれています。 次のコマンドを使用して、セキュリティスクリプトを実行します。

sudo mysql_secure_installation

スクリプトは、各ステップの詳細な説明を提供します。 最初のプロンプトでは、設定されていないルートパスワードを求められます。そのため、推奨されるように「+ ENTER +」を押します。 次に、そのルートパスワードを設定するように求められます。これを行います。

次に、残りのプロンプトに対して「+ Y 」を押してから「 ENTER +」を押して、すべてのセキュリティ提案を受け入れます。これにより、匿名ユーザーが削除され、リモートrootログインが禁止され、テストデータベースが削除され、権限テーブルが再ロードされます。

最後に、インストールを保護したので、インストールが機能することを確認します。

ステップ3-インストールのテスト

管理コマンドを実行できるクライアントである + mysqladmin +`ツールに接続することで、インストールを確認し、インストールに関する情報を取得できます。 次のコマンドを使用してMariaDBに* root *( `+ -u root +)として接続し、パスワードの入力を求める( + -p +)して、バージョンを返します。

mysqladmin -u root -p version

次のような出力が表示されます。

出力

mysqladmin  Ver 9.0 Distrib 5.5.50-MariaDB, for Linux on x86_64
Copyright (c) 2000, 2016, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.


Server version          5.5.50-MariaDB
Protocol version        10
Connection              Localhost via UNIX socket
UNIX socket             /var/lib/mysql/mysql.sock
Uptime:                 4 min 4 sec


Threads: 1  Questions: 42  Slow queries: 0  Opens: 1  Flush tables: 2  Open tables: 27  Queries per second avg: 0.172

これは、インストールが成功したことを示します。

結論

このチュートリアルでは、CentOS 7サーバーにMariaDBをインストールして保護しました。 MariaDBの使用の詳細については、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/a-basic-mysql-tutorial [MySQLコマンドの詳細]のこのガイドが役立ちます。 また、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-secure-mysql-and-mariadb-databases-in-a-linux-vps [追加のセキュリティ対策を実装する]を検討することもできます。