序章

MariaDB は、オープンソースのデータベース管理システムであり、一般的な LAMP (Linux、Apache、MySQL、PHP / Python / Perl)スタックのMySQL部分の代替として一般的に使用されます。 これは、MySQLのドロップイン代替品となることを目的としています。

このチュートリアルでは、最新バージョンのMariaDBをRockyLinux8サーバーにインストールする方法について説明します。 MySQLとの違いについて疑問がある場合。 MariaDB、MariaDBが推奨されるパッケージであり、MySQLの代わりにシームレスに動作するはずです。 特にMySQLが必要な場合は、 Rocky Linux8にMySQLをインストールする方法ガイドを参照してください。

前提条件

このチュートリアルに従うには、 root sudoが有効になっていないユーザーがいるRockyLinux8サーバーが必要です。 これらの権限を持つユーザーをセットアップする方法の詳細については、 RockyLinux8を使用したサーバーの初期セットアップガイドを参照してください。

このページに埋め込まれているインタラクティブ端末を使用して、このチュートリアルでMySQLのインストールと構成を試すこともできます。 次のLaunch an Interactive Terminal!ボタンをクリックして開始します。

[インタラクティブsystemd:rocky8]

ステップ1—MariaDBをインストールする

まず、dnfを使用してMariaDBパッケージをインストールします。

  1. sudo dnf install mariadb-server

アクションの確認を求められます。 yENTERの順に押して続行します。

インストールが完了したら、systemctlでサービスを開始します。

  1. sudo systemctl start mariadb

次に、サービスのステータスを確認します。

  1. sudo systemctl status mariadb
Output
● mariadb.service - MariaDB 10.3 database server Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/mariadb.service; disabled; vendor preset: disabled) Active: active (running) since Fri 2020-04-03 17:32:46 UTC; 52min ago Docs: man:mysqld(8) https://mariadb.com/kb/en/library/systemd/ Main PID: 4567 (mysqld) Status: "Taking your SQL requests now..." Tasks: 30 (limit: 5059) Memory: 77.1M CGroup: /system.slice/mariadb.service └─4567 /usr/libexec/mysqld --basedir=/usr . . . Apr 03 17:32:46 rocky8-mariadb systemd[1]: Started MariaDB 10.3 database server.

MariaDBが正常に開始された場合、出力にはactive (running)と表示され、最終行は次のようになります。

Output
Apr 03 17:32:46 rocky8-mariadb systemd[1]: Started MariaDB 10.3 database server..

次に、systemctl enableコマンドを使用して、MariaDBが起動時に起動することを確認します。

  1. sudo systemctl enable mariadb
Output
Created symlink /etc/systemd/system/mysql.service → /usr/lib/systemd/system/mariadb.service. Created symlink /etc/systemd/system/mysqld.service → /usr/lib/systemd/system/mariadb.service. Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/mariadb.service → /usr/lib/systemd/system/mariadb.service.

これで、MariaDBが実行され、起動時に実行するように構成されました。 次に、インストールの保護に注意を向けます。

ステップ2—MariaDBサーバーを保護する

MariaDBには、リモートルートログインやサンプルユーザーなどの安全性の低いデフォルトオプションの一部を変更するためのセキュリティスクリプトが含まれています。 次のコマンドを使用して、セキュリティスクリプトを実行します。

  1. sudo mysql_secure_installation

スクリプトは、すべてのステップの詳細な説明を提供します。 最初のステップでは、設定されていない root パスワードを要求されるため、推奨されるようにENTERを押します。 次に、そのルートパスワードを設定するように求められます。 これはroot データベースユーザー用であり、Rockyサーバー自体のrootユーザー用ではないことに注意してください。

YENTERの順に入力して、 root データベースユーザーのパスワードを入力し、プロンプトに従います。

パスワードを更新した後、yを押してからENTERを押すことにより、以下のすべてのセキュリティ提案を受け入れます。 これにより、匿名ユーザーが削除され、リモートrootログインが禁止され、テストデータベースが削除され、特権テーブルが再ロードされます。

インストールを保護したので、データベースに接続して、インストールが機能していることを確認します。

ステップ3—インストールのテスト

管理コマンドを実行できるクライアントであるmysqladminツールに接続することで、インストールを確認し、インストールに関する情報を取得できます。 次のコマンドを使用して、 root -u root)としてMariaDBに接続し、パスワード(-p)の入力を求めて、バージョンを返します。

  1. mysqladmin -u root -p version

次のような出力が表示されます。

Output
mysqladmin Ver 9.1 Distrib 10.3.17-MariaDB, for Linux on x86_64 Copyright (c) 2000, 2018, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others. Server version 10.3.17-MariaDB Protocol version 10 Connection Localhost via UNIX socket UNIX socket /var/lib/mysql/mysql.sock Uptime: 6 min 5 sec Threads: 7 Questions: 16 Slow queries: 0 Opens: 17 Flush tables: 1 Open tables: 11 Queries per second avg: 0.043

これは、インストールが成功したことを示します。

結論

このガイドでは、SQLサーバーとして機能するようにMariaDBをインストールしました。 インストールプロセス中に、サーバーも保護しました。 オプションで、別のパスワード認証された管理ユーザーも作成しました。

実行中の安全なMariaDBサーバーができたので、サーバーを操作するために実行できる次の手順の例を次に示します。