前書き

MongoDBは、最新のWebアプリケーションで一般的に使用される無料のオープンソースのNoSQLドキュメントデータベースです。 このチュートリアルは、実稼働アプリケーション環境用にサーバーでMongoDBをセットアップするのに役立ちます。

前提条件

このチュートリアルを実行するには、次のものが必要です。

  • Ubuntu 14.04ドロップレット1つ。

  • このhttps://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-ubuntu-14-04 [サーバーの初期セットアップチュートリアル]に従って設定できるsudo非ルートユーザー。

ステップ1-公開鍵のインポート

このステップでは、MongoDB GPG公開キーをインポートします。

MongoDBはすでにUbuntuパッケージリポジトリに含まれていますが、公式のMongoDBリポジトリは最新バージョンを提供し、ソフトウェアのインストール方法として推奨されています。 UbuntuはGPGキーで署名されていることを確認することでソフトウェアパッケージの信頼性を保証するため、まず公式のMongoDBリポジトリのキーをインポートする必要があります。

そのためには、次を実行します:

sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv 7F0CEB10

キーを正常にインポートすると、次のように表示されます。

出力

gpg: Total number processed: 1
gpg:               imported: 1  (RSA: 1)

ステップ2-リストファイルの作成

次に、APTがどこからパッケージをダウンロードするのかを知るために、MongoDBリポジトリの詳細を追加する必要があります。

次のコマンドを発行してMongoDB用のリストファイルを作成します。

echo "deb http://repo.mongodb.org/apt/ubuntu "$(lsb_release -sc)"/mongodb-org/3.0 multiverse" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/mongodb-org-3.0.list

リポジトリの詳細を追加したら、パッケージリストを更新する必要があります。

sudo apt-get update

ステップ3-MongoDBのインストールと検証

これでMongoDBパッケージ自体をインストールできます。

sudo apt-get install -y mongodb-org

このコマンドは、MongoDBサーバーの便利な管理ツールとともに、MongoDBの最新の安定バージョンを含むいくつかのパッケージをインストールします。

パッケージのインストール後、MongoDBは自動的に起動されます。 これを確認するには、次のコマンドを実行します。

service mongod status

MongoDBが実行されている場合、このような出力が(異なるプロセスIDで)表示されます。

出力

mongod start/running, process 1611

+ service +`コマンドを使用してMongoDBを停止、開始、再起動することもできます(例: `+ service mongod stop、` + service mongod start`)。

結論

MongoDBのインストールと構成に関する詳細な手順については、https://www.digitalocean.com/community/search?q = mongodb [これらのDigitalOceanコミュニティの記事]を参照してください。