前書き

MySQLは、一般的なhttps://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-linuxの一部として一般にインストールされるオープンソースのデータベース管理システムです-apache-mysql-php-lamp-stack-on-ubuntu-14-04 [LAMP](Linux、Apache、MySQL、PHP / Python / Perl)スタック。 リレーショナルデータベースとSQL(Structured Query Language)を使用してデータを管理します。

インストールの短いバージョンは簡単です。パッケージインデックスを更新し、 `+ mysql-server +`パッケージをインストールしてから、付属のセキュリティおよびデータベース初期化スクリプトを実行します。

sudo apt-get update
sudo apt-get install mysql-server
sudo mysql_secure_installation
sudo mysql_install_db

このチュートリアルでは、Ubuntu 14.04サーバーにMySQLバージョン5.5、5.6、または5.7をインストールする方法について説明します。 これらのインストール手順の詳細が必要な場合、またはMySQLの特定のバージョンをインストールする場合は、先に進んでください。 ただし、既存のMySQLインストールをバージョン5.7に更新する場合は、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-prepare-for-your-mysql-5-7-を読むことができます。代わりに[このMySQL 5.7アップデートガイド]をアップグレードしてください。

前提条件

このチュートリアルを実行するには、次のものが必要です。

ステップ1-MySQLのインストール

MySQLをインストールする方法は2つあります。 デフォルトでAPTパッケージリポジトリに含まれるバージョンのいずれか(5.5および5.6)を使用するか、最初にMySQLのリポジトリを手動で追加して最新バージョン(現在5.7)をインストールできます。

MySQLの特定のバージョンをインストールする場合は、以下の適切なセクションに従ってください。 どのバージョンが最適かを判断するには、https://dev.mysql.com/tech-resources/articles/introduction-to-mysql-55.html [MySQLのMySQL 5.5の紹介]を読んでから、http: //dev.mysql.com/tech-resources/articles/whats-new-in-mysql-5.6.html[MySQL 5.6の新機能]およびhttp://dev.mysql.com/doc/refman/5.7/en /mysql-nutshell.html[MySQL 5.7の新機能]。

よくわからない場合は、 + mysql-server + APTパッケージを使用できます。これは、Linuxディストリビューションの最新バージョンをインストールするだけです。 執筆時点では5.5ですが、後からいつでも別のバージョンに更新できます。

この方法でMySQLをインストールするには、サーバーのパッケージインデックスを更新し、 `+ apt-get +`でパッケージをインストールします。

sudo apt-get update
sudo apt-get install mysql-server

インストール中にルートパスワードを作成するように求められます。 後で必要になるため、安全なものを選択して覚えておいてください。 ここからステップ2に進みます。

MySQL 5.5または5.6のインストール

MySQL 5.5または5.6を具体的にインストールする場合、プロセスは非常に簡単です。 まず、サーバーのパッケージインデックスを更新します。

sudo apt-get update

次に、MySQL 5.5をインストールするには、 `+ mysql-server-5.5 +`パッケージをインストールします。

sudo apt-get install mysql-server-5.5

MySQL 5.6をインストールするには、代わりに `+ mysql-server-5.6 +`パッケージをインストールします。

sudo apt-get install mysql-server-5.6

どちらのオプションでも、インストール中にルートパスワードを作成するよう求められます。 後で必要になるため、安全なものを選択して覚えておいてください。

MySQL 5.7のインストール

MySQL 5.7をインストールする場合は、http://dev.mysql.com/downloads/repo/apt/ [MySQL APTリポジトリページ]から新しいAPTパッケージリポジトリを追加する必要があります。 右下の[ダウンロード]をクリックし、次のページの[いいえ、ダウンロードを開始してください]からリンクをコピーします。 サーバーに `+ .deb +`パッケージをダウンロードします。

wget http://dev.mysql.com/get/

次に、 `+ dpkg +`を使用してインストールします。

sudo dpkg -i

どのMySQL製品を設定するかを尋ねるプロンプトが表示されます。 強調表示されている* MySQL Server オプションは、 mysql-5.7 *である必要があります。 表示されない場合は、「+ ENTER 」を押してから、矢印キーを使用して* mysql-5.7 *までスクロールし、もう一度「 ENTER +」を押します。

オプションが* mysql-5.7 になったら、メインメニューを Apply *まで下にスクロールし、もう一度 `+ ENTER +`を押します。 次に、パッケージインデックスを更新します。

sudo apt-get update

最後に、MySQL 5.7が含まれる `+ mysql-server +`パッケージをインストールします。

sudo apt-get install mysql-server

インストール中にルートパスワードを作成するように求められます。 後で必要になるため、安全なものを選択して覚えておいてください。

ステップ2-MySQLの構成

まず、付属のセキュリティスクリプトを実行します。 これにより、リモートルートログインやサンプルユーザーなどの安全性の低いデフォルトオプションの一部が変更されます。

sudo mysql_secure_installation

これにより、手順1で作成したルートパスワードの入力が求められます。 ルートパスワードを変更するかどうかを尋ねる質問を除き、「+ ENTER +」を押して後続のすべての質問のデフォルトを受け入れることができます。 手順1で設定しただけなので、今すぐ変更する必要はありません。

次に、MySQLがデータを保存するMySQLデータディレクトリを初期化します。 これを行う方法は、実行しているMySQLのバージョンによって異なります。 次のコマンドを使用して、MySQLのバージョンを確認できます。

mysql --version

次のような出力が表示されます。

出力

mysql  Ver 14.14 Distrib , for Linux (x86_64) using  EditLine wrapper

5.7.6より前のバージョンのMySQLを使用している場合、 `+ mysql_install_db +`を実行してデータディレクトリを初期化する必要があります。

sudo mysql_install_db

 

`+ mysql_install_db `コマンドは、MySQL 5.7.6で非推奨になりました。 バージョン5.7.6以降を使用している場合は、代わりに ` mysqld –initialize +`を使用する必要があります。

ただし、ステップ1のようにDebianディストリビューションからバージョン5.7をインストールした場合、データディレクトリは自動的に初期化されるため、何もする必要はありません。 とにかくコマンドを実行しようとすると、次のエラーが表示されます。

出力

2016-03-07T20:11:15.998193Z 0 [ERROR] --initialize specified but the data directory has files in it. Aborting.

ステップ3-MySQLのテスト

インストール方法に関係なく、MySQLは自動的に実行を開始するはずです。 これをテストするには、ステータスを確認してください。

service mysql status

次の出力が(異なるPIDで)表示されます。

出力

mysql start/running, process 2689

MySQLが実行されていない場合は、 `+ sudo service mysql start +`で起動できます。

追加のチェックとして、管理コマンドを実行できるクライアントである + mysqladmin +`ツールを使用してデータベースへの接続を試すことができます。 たとえば、このコマンドは、* root *( `+ -u root +)としてMySQLに接続し、パスワードの入力を求め( + -p +)、バージョンを返すように指示します。

mysqladmin -p -u root version

次のような出力が表示されます。

出力

mysqladmin  Ver 8.42 Distrib 5.5.47, for debian-linux-gnu on x86_64
Copyright (c) 2000, 2015, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Server version      5.5.47-0ubuntu0.14.04.1
Protocol version    10
Connection      Localhost via UNIX socket
UNIX socket     /var/run/mysqld/mysqld.sock
Uptime:         4 min 15 sec

Threads: 1  Questions: 602  Slow queries: 0  Opens: 189  Flush tables: 1  Open tables: 41  Queries per second avg: 2.360

これは、MySQLが稼働していることを意味します。

結論

これで、基本的なMySQLセットアップがサーバーにインストールされました。 次のステップの例をいくつか示します。