ステータス:非推奨

この記事では、サポートされなくなったバージョンのUbuntuについて説明します。 現在Ubuntu12.04を実行しているサーバーを運用している場合は、サポートされているバージョンのUbuntuにアップグレードまたは移行することを強くお勧めします。

理由:
Ubuntu 12.04は2017年4月28日に保守終了(EOL)に達しました and no longer receives security patches or updates. This guide is no longer maintained.

代わりに参照してください:このガイドは参照として役立つ場合がありますが、他のUbuntuリリースでは機能しない場合があります。 可能な場合は、使用しているUbuntuのバージョン用に作成されたガイドを使用することを強くお勧めします。 ページ上部の検索機能を使用して、より新しいバージョンを見つけることができます。

序章


この記事では、OpenfireXMPPサーバーをUbuntuサーバーにインストールします。 この記事はUbuntu12.04を使用してテストされていますが、すべてのDebianベースのシステムで動作するはずです。 この記事では、DropletがIP 1.1.1.1で実行されていると仮定します。

XMPPとは何ですか?


XMPPのフルネームはExtensibleMessagingandPresenceProtocolです。 XMLに基づくリアルタイム通信プロトコル(チャットを含む)です。 それは長い間Jabberとして知られていました。 ただし、XMPPに依存しているソフトウェアはJabberだけではなかったため、XMPPに名前が変更されました。 XMPPについて詳しく知りたい場合は、公式Webサイトを参照してください。

Openfireとは何ですか?


Openfireは、オープンソースApacheライセンスの下でライセンスされたリアルタイムコラボレーション(RTC)サーバーです。 XMPPプロトコルを使用し、Webインターフェイスを介して管理できます。 セットアップと構成は簡単ですが、高レベルのセキュリティとパフォーマンスを備えています。 Javaを使用して実行されます。

* Openfireでは、チャットはまだできませんのでご注意ください。 クライアントが必要です。Webサーバーにブラウザが必要なように、Openfireを単独で使用することはできません。

インストール


Openfireをインストールする前に、Javaをインストールする必要があります。 まず、apt-getでクイックアップデートを実行します。

sudo apt-get update

次のコマンドを実行して、Javaがすでにインストールされているかどうかを確認します。

java -version

「プログラムjavaは次のパッケージに含まれています」と表示された場合、Javaはまだインストールされていないため、次のコマンドを実行します。

sudo apt-get install default-jre

次に、Openfireをダウンロードする必要があります。 ご使用のPCでブラウザを使用して、OpenfireWebサイトのダウンロードセクションにアクセスしてください。 Linuxをクリックしてから、openfire_3.8.2_all.debのような名前のDebianパッケージをクリックします。 次のページで、ダウンロードをキャンセルし、click hereからリンクをコピーします。 次に、以下を使用して仮想サーバーにダウンロードします。

wget -O openfire.deb <copied link>

これを書いている時点では、これは次のようになります。

wget -O openfire.deb http://www.igniterealtime.org/downloadServlet?filename=openfire/openfire_3.8.2_all.deb

これにより、OpenfireDebianパッケージがopenfire.debにダウンロードされます。 今それをインストールします:

sudo dpkg --install openfire.deb

これでOpenfireがインストールされ、すでに開始されています。 次に、http://1.1.1.1:9090/にアクセスします。 セットアップウィザードに従います。 2ページ目では、サーバーを実行するドメイン名をドメインとして選択することをお勧めします。 それ以外の場合は、DropletのパブリックIPに設定します。

Set to your IP

次のステップに進みます。 サーバーに使用する外部接続がない場合は、データベース設定を組み込みデータベースに任せてください。 次のページでは、LDAPまたはClearspaceをセットアップする必要がある他のシステムと同様に、デフォルトを選択することをお勧めします。

セットアップ手順が完了したら、ユーザー名adminと選択したパスワードを使用して管理コンソールにログインできます。

基本設定


ユーザー


ログインしたユーザーのみが接続できる安全なサーバーが必要な場合は、[サーバー設定]-> [登録とログイン]にアクセスして、適切なオプションを無効にします。 完全に保護されたサーバーの場合、これは次のようになります。

Fully secured

次に行う必要があるのは、ユーザーの追加です。 ユーザー/グループにアクセスし、[新しいユーザーの作成]をクリックしてフォームに入力します。

グループチャット


グループチャットルームは、[グループチャット]->[新しいルームの作成]にアクセスして作成できます。 部屋IDの末尾には@conference.HOSTNAMEが付きます。 @conferenceは、グループチャット設定にアクセスして変更できます。 ここで、新しいサービスを作成できます。 新しい部屋を作成する場合は、どのサービスを使用するかを尋ねられます。 これらの名前はクライアントにとって非常に重要なので、意味があることを確認してください。

プラグイン


プラグインは、プラグインに移動してインストールすることもできます。 Available Pluginsにアクセスすると、すでにいくつかリストされており、サーバーを拡張できます。 [インストール]の下のボタンをクリックしてプラグインをインストールするだけで、数秒以内にインストールされます。 すべてのプラグインは異なるオプションを提供するので、私はそれには入りません。

クライアント


VPSに接続するために、利用可能なクライアントがたくさんあります。 不完全なリストは、XMPP StandardsFoundationWebサイトにあります。 Openfireサーバーを作成したのと同じ会社が提供するクライアントはSparkです。 ニーズに最適なクライアントを使用してください。

独自のクライアントを作成している場合は、Openfireを作成したのと同じ会社であるIgniteRealtimeが提供するライブラリを使用できます。 彼らはSmackと呼ばれるJava用のライブラリを持っています。 インターネット上には他の言語用のライブラリがたくさんあります。

Openfireの開始と停止


ドロップレットを起動すると、Openfireが自動的に起動します。

Openfireを停止したい場合は、以下を使用して停止できます。

sudo /etc/init.d/openfire stop

再開するには、次を実行します。

sudo /etc/init.d/openfire start

提出者:http: //koenv.com