前書き

オープンソースのプログラミング言語であるRは、統計ソフトウェアの開発、データ分析および視覚化の実行に広く使用されています。 Rは、特定の研究分野向けに多くのユーザー生成パッケージを提供しているため、多くの分野に適用できます。

このチュートリアルでは、Rをインストールし、公式のhttps://cloud.r-project.org/[Comprehensive R Archive Network(CRAN)]からパッケージを追加する方法を示します。

前提条件

このチュートリアルを進めるには、次のものを備えたDebian 10サーバーが必要です。

  • 少なくとも 1GBのRAM

  • `+ sudo +`特権を持つ非rootユーザー

このセットアップを実現する方法については、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-debian-10 [Debian 10初期サーバーセットアップガイド]を参照してください。

これらの前提条件が整ったら、開始する準備が整います。

ステップ1-依存関係のインストール

Rは動きの速いプロジェクトであるため、Debianのリポジトリから最新の安定バージョンが常に利用できるとは限らないため、CRANが管理する外部リポジトリを追加する必要があります。 これを行うには、Debian 10クラウドイメージのいくつかの依存関係をインストールする必要があります。

証明書を管理およびダウンロードするネットワーク操作を実行するには、外部リポジトリを追加できるように `+ dirmngr +`をインストールする必要があります。

sudo apt install dirmngr --install-recommends

PPA参照をDebianに追加するには、 `+ add-apt-repository `コマンドを使用する必要があります。 このコマンドを使用できないインストールの場合、 ` software-properties-common +`をインストールすることにより、このユーティリティをシステムに追加できます。

sudo apt install software-properties-common

最後に、安全なプロトコルのHTTPSサポートを確保するために、次のツールをインストールします。

sudo apt install apt-transport-https

これらの依存関係が整ったら、Rをインストールする準備が整いました。

ステップ2-Rのインストール

Rの最新バージョンでは、CRANリポジトリからインストールします。

まず、関連するGPGキーを追加しましょう。

sudo apt-key adv --keyserver keys.gnupg.net --recv-key 'E19F5F87128899B192B1A2C2AD5F960A256A04AF'

コマンドを実行すると、次の出力が表示されます。

OutputExecuting: /tmp/apt-key-gpghome.y6W4E0Gtfp/gpg.1.sh --keyserver keys.gnupg.net --recv-key E19F5F87128899B192B1A2C2AD5F960A256A04AF
gpg: key AD5F960A256A04AF: 4 signatures not checked due to missing keys
gpg: key AD5F960A256A04AF: public key "Johannes Ranke (Wissenschaftlicher Berater) <[email protected]>" imported
gpg: Total number processed: 1
gpg:               imported: 1

信頼できるキーを取得したら、リポジトリを追加できます。 Debian 10(Buster)を使用していない場合は、https://cran.r-project.org/bin/linux/debian/#supported-branches [サポートされているRプロジェクトDebianブランチ]をご覧ください。リリースごとに。

sudo add-apt-repository 'deb http://cloud.r-project.org/bin/linux/debian buster-cran35/'

次に、新しいリポジトリからパッケージマニフェストを含めるために、この後に `+ update +`を実行する必要があります。

sudo apt update

これが実行を完了し、プロンプトに戻ったら、次のコマンドでRをインストールできます。

sudo apt install r-base

インストールの確認を求められたら、「+ y +」を押して続行します。

執筆時点では、CRANからのRの最新の安定バージョンは3.5.2で、Rを起動すると表示されます。

システム上のすべてのユーザーにサンプルパッケージをインストールすることを計画しているため、すべてのユーザーがライブラリを自動的に使用できるように、Rをルートとして起動します。 あるいは、 `+ sudo `なしで ` R +`コマンドを実行すると、ユーザー用に個人ライブラリを設定できます。

sudo -i R
Output
R version 3.5.2 (2018-12-20) -- "Eggshell Igloo"
Copyright (C) 2018 The R Foundation for Statistical Computing
Platform: x86_64-pc-linux-gnu (64-bit)

R is free software and comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY.
You are welcome to redistribute it under certain conditions.
Type 'license()' or 'licence()' for distribution details.

 Natural language support but running in an English locale

R is a collaborative project with many contributors.
Type 'contributors()' for more information and
'citation()' on how to cite R or R packages in publications.

Type 'demo()' for some demos, 'help()' for on-line help, or
'help.start()' for an HTML browser interface to help.
Type 'q()' to quit R.

>

これにより、Rが正常にインストールされ、インタラクティブシェルに入ったことを確認できます。

ステップ3-CRANからのRパッケージのインストール

Rの強みの一部は、利用可能な豊富なアドオンパッケージです。 デモンストレーションの目的で、https://cran.r-project.org/web/packages/txtplot/index.html [+ txtplot +]をインストールします。これは、散布図、折れ線グラフ、密度を含むASCIIグラフを出力するライブラリですプロット、acfおよび棒グラフ:

install.packages('txtplot')

インストールが完了したら、 `+ txtplot +`をロードできます。

library('txtplot')

エラーメッセージがない場合、ライブラリは正常にロードされています。 軸ラベルを使用した基本的なプロット機能を示す例を使用して、実際に実行してみましょう。 Rの `+ datasets +`パッケージによって提供されるサンプルデータには、https://stat.ethz.ch/R-manual/R-devel/library/datasets/html/cars.html [車の速度と必要な距離が含まれています1920年代のデータに基づいて停止する]:

txtplot(cars[,1], cars[,2], xlab = 'speed', ylab = 'distance')
Output      +----+-----------+------------+-----------+-----------+--+
 120 +                                                   *    +
     |                                                        |
d 100 +                                                   *    +
i     |                                    *                *  |
s  80 +                          *         *                   +
t     |                                       * *    *    *    |
a  60 +                          *  *      *    *      *       +
n     |                        *         * *  * *              |
c  40 +                *       * *    *  *    * *              +
e     |         *      *  * *  * *  *                          |
  20 +           *    *  * *       *                          +
     |  *      *    *                                         |
   0 +----+-----------+------------+-----------+-----------+--+
          5          10           15          20          25
                               speed

`+ txtplot `の詳細を知りたい場合は、Rインタープリター内から ` help(txtplot)+`を使用してください。

プリコンパイルされたパッケージはすべて、 `+ install.packages()+`を使用してCRANからインストールできます。 利用可能なものの詳細については、https://cran.r-project.org/web/packages/available_packages_by_name.html [利用可能なCRANパッケージの名前リスト]で名前別に整理された公式パッケージのリストを見つけることができます。

Rを終了するには、「+ q()」と入力できます。 ワークスペースの画像を保存したくない場合は、 ` n +`を押します。

結論

Rがサーバーに正常にインストールされたら、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-set-up-rstudio-on-an-ubuntu-cloud-server [ RStudioサーバーのインストール]をクリックして、完了したサーバーベースの展開にIDEをもたらします。 Shiny serverをセットアップしてRを変換する方法も学習できます。インタラクティブなWebページへのコード。

さまざまなツールを活用してRパッケージをインストールする方法の詳細については、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-r-packages-using-devtools-on-をご覧ください。 ubuntu-18-04 [GitHub、BitBucket、またはその他の場所から直接インストール]。 これにより、アクティブなコミュニティの最新の作品を活用できます。