前書き

Rは、統計計算とグラフィックスに特化した人気のあるオープンソースプログラミング言語です。 統計ソフトウェアの開発とデータ分析の実行に広く使用されています。 Rは簡単に拡張でき、コミュニティは特定の研究分野向けにユーザー生成パッケージを継続的に追加することで知られています。これにより、多くの分野に適用できます。

このチュートリアルでは、Rをインストールし、公式のhttp://cran.r-project.org/[Comprehensive R Archive Network(CRAN)]からパッケージを追加する方法を示します。

前提条件

従うには、以下を備えたUbuntu 16.04サーバーが必要です。

  • *最低1GBのRAM *

  • * `+ sudo +`権限を持つ非rootユーザー。*これを設定する方法については、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-ubuntu-16-に従ってください。 04 [初期サーバー設定ガイド]。

これらの前提条件が整ったら、開始する準備が整います。

ステップ1-Rのインストール

Rは動きの速いプロジェクトであり、最新の安定バージョンはUbuntuのリポジトリから常に利用できるとは限らないため、CRANが管理する外部リポジトリを追加することから始めます。

sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys E298A3A825C0D65DFD57CBB651716619E084DAB9
OutputE298A3A825C0D65DFD57CBB651716619E084DAB9
gpg: requesting key E084DAB9 from hkp server keyserver.ubuntu.com
gpg: key E084DAB9: public key "Michael Rutter <[email protected]>" imported
gpg: Total number processed: 1
gpg:               imported: 1  (RSA: 1)

各サーバーのデータベースに信頼できるキーを取得したら、リポジトリを追加できます。

sudo add-apt-repository 'deb [arch=amd64,i386] https://cran.rstudio.com/bin/linux/ubuntu xenial/'

新しいリポジトリからパッケージマニフェストを含めるには、この後に `+ update +`を実行する必要があります。

sudo apt-get update
Output. . .
Get:6 https://cran.rstudio.com/bin/linux/ubuntu xenial/ InRelease [3,590 B]
Get:7 https://cran.rstudio.com/bin/linux/ubuntu xenial/ Packages [31.5 kB]
. . .

上記の行が `+ update +`コマンドからの出力に表示される場合、リポジトリが正常に追加されています。 誤って古いバージョンをインストールすることはありません。

これで、Rをインストールする準備ができました。

sudo apt-get install r-base

この記事の執筆時点では、CRANの最新の安定バージョンは3.3.1であり、Rを起動すると表示されます。 システム上の全員にサンプルパッケージをインストールすることを計画しているため、すべてのユーザーがライブラリを自動的に使用できるように、Rをルートユーザーとして起動します。

sudo -i R
OutputR version 3.3.1 (2016-06-21) -- "Bug in Your Hair"
. . .
Type 'demo()' for some demos, 'help()' for on-line help, or
'help.start()' for an HTML browser interface to help.
Type 'q()' to quit R.
>

これにより、Rが正常にインストールされ、インタラクティブシェルに入ったことを確認できます。

ステップ2-CRANからのRパッケージのインストール

Rの強みの一部は、豊富なアドオンパッケージです。 デモンストレーションのために、散布図、折れ線グラフ、密度プロット、acfグラフ、棒グラフなどのASCIIグラフを出力するライブラリである「+ txtplot +」をインストールします。

install.packages('txtplot')

インストールプロセスの一部として、インストールするミラーの選択肢が表示されます。

Output--- Please select a CRAN mirror for use in this session ---
HTTPS CRAN mirror

1: 0-Cloud [https]                 2: Algeria [https]
3: Australia (Melbourne) [https]   4: Australia (Perth) [https]
5: Austria [https]                 6: Belgium (Ghent) [https]
7: Brazil (SP 1) [https]           8: Bulgaria [https]
9: Canada (MB) [https]            10: Chile [https]
11: China (Beijing 4) [https]      12: Colombia (Cali) [https]
13: Czech Republic [https]         14: Denmark [https]
15: France (Lyon 1) [https]        16: France (Lyon 2) [https]
17: France (Marseille) [https]     18: France (Paris 2) [https]
19: Germany (Falkenstein) [https]  20: Germany (Münster) [https]
21: Iceland [https]                22: Ireland [https]
23: Italy (Padua) [https]          24: Japan (Tokyo) [https]
25: Malaysia [https]               26: Mexico (Mexico City) [https]
27: New Zealand [https]            28: Norway [https]
29: Philippines [https]            30: Russia (Moscow) [https]
31: Serbia [https]                 32: Spain (A Coruña) [https]
33: Spain (Madrid) [https]         34: Switzerland [https]
35: Taiwan (Chungli) [https]       36: Turkey (Denizli) [https]
37: UK (Bristol) [https]           38: UK (Cambridge) [https]
39: UK (London 1) [https]          40: USA (CA 1) [https]
41: USA (IA) [https]               42: USA (KS) [https]
43: USA (MI 1) [https]             44: USA (TN) [https]
45: USA (TX) [https]               46: USA (WA) [https]
47: (HTTP mirrors)

Selection:

0-Cloudに1を入力しました。これにより、地理的に最も近いオプションを取得するために、RStudioが提供するコンテンツ配信ネットワーク(CDN)に接続します。 このミラーは、セッションの残りのデフォルトとして設定されます。 Rを終了して再入力すると、ミラーを再度選択するよう求められます。

インストールが完了したら、 `+ txtplot +`をロードできます。

library('txtplot')

エラーメッセージがない場合、ライブラリは正常にロードされています。 軸ラベル付きの基本的なプロット関数を示す例で、実際に動作してみましょう。 Rの「+ datasets +」パッケージで提供されるサンプルデータには、1920年代のデータに基づいて、車の速度と停止に必要な距離が含まれています。

txtplot(cars[,1], cars[,2], xlab = "speed", ylab = "distance")
Output
     +----+-----------+------------+-----------+-----------+--+
 120 +                                                   *    +
     |                                                        |
d 100 +                                                   *    +
i     |                                    *                *  |
s  80 +                          *         *                   +
t     |                                       * *    *    *    |
a  60 +                          *  *      *    *      *       +
n     |                        *         * *  * *              |
c  40 +                *       * *    *  *    * *              +
e     |         *      *  * *  * *  *                          |
  20 +           *    *  * *       *                          +
     |  *      *    *                                         |
   0 +----+-----------+------------+-----------+-----------+--+
          5          10           15          20          25
                               speed

+ txtplot +`の詳細を知りたい場合は、help( `+ txtplot +)を使用してください。

プリコンパイルされたパッケージはすべて、 `+ install.packages()+`を使用してCRANからインストールできます。 利用可能なものの詳細については、https://cran.r-project.org/ [mirror]の[Packages]リンクの下に、名前または発行日で整理された公式パッケージのリストがあります。

結論

Rを正常にインストールしたので、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-set-up-rstudio-on-an-ubuntu-cloud-serverのこのガイドに興味があるかもしれません[オープンソースRStudioサーバーのインストール]、リモートLinuxサーバーで実行されているRのバージョンへのインターフェイス。これにより、完了したサーバーベースの展開にIDEが提供されます。 また、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-r-packages-using-devtools [GitHub、BitBucket、またはその他の場所から直接インストールする]の方法を学習することもできます。アクティブなコミュニティの最新の作品を活用してください。