_このチュートリアルの以前のバージョンはhttps://www.digitalocean.com/community/users/melissaanderson[Melissa Anderson]によって作成されました。

前書き

Rは、統計計算とグラフィックスを専門とするオープンソースのプログラミング言語です。 R Foundation for Statistical Computingのサポートにより、統計ソフトウェアの開発とデータ分析の実行に広く使用されています。 活発なコミュニティでますます人気があり、拡張可能な言語であるRは、特定の研究分野向けに多くのユーザー生成パッケージを提供しているため、多くの分野に適用できます。

このチュートリアルでは、Rをインストールし、公式のhttps://cloud.r-project.org/[Comprehensive R Archive Network(CRAN)]からパッケージを追加する方法を示します。

前提条件

このチュートリアルを進めるには、Ubuntu 18.04サーバーと次のものが必要です。

  • 少なくとも 1GBのRAM

  • `+ sudo +`特権を持つ非rootユーザー

このセットアップを実現する方法については、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-ubuntu-18-04 [手動の初期サーバーセットアップガイド]を参照するか、https:/を実行してください。 /www.digitalocean.com/community/tutorials/automating-initial-server-setup-with-ubuntu-18-04 [自動スクリプト]。

これらの前提条件が整ったら、開始する準備が整います。

ステップ1-Rのインストール

Rは動きの速いプロジェクトであるため、Ubuntuのリポジトリから最新の安定バージョンが常に利用できるとは限らないため、CRANが管理する外部リポジトリを追加することから始めます。

まず、関連するGPGキーを追加しましょう。

sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys E298A3A825C0D65DFD57CBB651716619E084DAB9

コマンドを実行すると、次の出力が表示されます。

OutputExecuting: /tmp/apt-key-gpghome.4BZzh1TALq/gpg.1.sh --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys E298A3A825C0D65DFD57CBB651716619E084DAB9
gpg: key 51716619E084DAB9: public key "Michael Rutter <[email protected]>" imported
gpg: Total number processed: 1
gpg:               imported: 1

信頼できるキーを取得したら、リポジトリを追加できます。 18.04を使用していない場合は、https://cloud.r-project.org/bin/linux/ubuntu/ [R Project Ubuntu list]からリリースごとに関連するリポジトリを見つけることができます。

sudo add-apt-repository 'deb https://cloud.r-project.org/bin/linux/ubuntu bionic-cran35/'

表示される出力の中で、次のような行を識別する必要があります。

Output...
Get:5 https://cloud.r-project.org/bin/linux/ubuntu bionic-cran35/ InRelease [3609 B]
...
Get:6 https://cloud.r-project.org/bin/linux/ubuntu bionic-cran35/ Packages [21.0 kB]
...

次に、新しいリポジトリからパッケージマニフェストを含めるために、この後に `+ update +`を実行する必要があります。

sudo apt update

出力の中には、次のような行があります。

Output...
Hit:2 https://cloud.r-project.org/bin/linux/ubuntu bionic-cran35/ InRelease
...

上記の行が `+ update +`コマンドからの出力に表示される場合、リポジトリが正常に追加されています。 誤って古いバージョンをインストールすることはありません。

この時点で、次のコマンドでRをインストールする準備が整いました。

sudo apt install r-base

インストールの確認を求められたら、「+ y +」を押して続行します。

執筆時点では、CRANからのRの最新の安定バージョンは3.5.1であり、Rを起動すると表示されます。

システム上のすべてのユーザーにサンプルパッケージをインストールすることを計画しているため、すべてのユーザーがライブラリを自動的に使用できるように、Rをルートとして起動します。 あるいは、 `+ sudo `なしで ` R +`コマンドを実行すると、ユーザー用に個人ライブラリを設定できます。

sudo -i R
Output
R version 3.5.1 (2018-07-02) -- "Feather Spray"
Copyright (C) 2018 The R Foundation for Statistical Computing
Platform: x86_64-pc-linux-gnu (64-bit)
...
Type 'demo()' for some demos, 'help()' for on-line help, or
'help.start()' for an HTML browser interface to help.
Type 'q()' to quit R.

>

これにより、Rが正常にインストールされ、インタラクティブシェルに入ったことを確認できます。

ステップ2-CRANからのRパッケージのインストール

Rの強みの一部は、利用可能な豊富なアドオンパッケージです。 デモンストレーションの目的で、https://cran.r-project.org/web/packages/txtplot/index.html [+ txtplot +]をインストールします。これは、散布図、折れ線グラフ、密度を含むASCIIグラフを出力するライブラリですプロット、acfおよび棒グラフ:

install.packages('txtplot')

インストールが完了したら、 `+ txtplot +`をロードできます。

library('txtplot')

エラーメッセージがない場合、ライブラリは正常にロードされています。 軸ラベルを使用した基本的なプロット機能を示す例を使用して、実際に実行してみましょう。 Rの `+ datasets +`パッケージによって提供されるサンプルデータには、https://stat.ethz.ch/R-manual/R-devel/library/datasets/html/cars.html [車の速度と必要な距離が含まれています1920年代のデータに基づいて停止する]:

txtplot(cars[,1], cars[,2], xlab = 'speed', ylab = 'distance')
Output      +----+-----------+------------+-----------+-----------+--+
 120 +                                                   *    +
     |                                                        |
d 100 +                                                   *    +
i     |                                    *                *  |
s  80 +                          *         *                   +
t     |                                       * *    *    *    |
a  60 +                          *  *      *    *      *       +
n     |                        *         * *  * *              |
c  40 +                *       * *    *  *    * *              +
e     |         *      *  * *  * *  *                          |
  20 +           *    *  * *       *                          +
     |  *      *    *                                         |
   0 +----+-----------+------------+-----------+-----------+--+
          5          10           15          20          25
                               speed

`+ txtplot `の詳細を知りたい場合は、Rインタープリター内から ` help(txtplot)+`を使用してください。

プリコンパイルされたパッケージはすべて、 `+ install.packages()+`を使用してCRANからインストールできます。 利用可能なものの詳細については、https://cran.r-project.org/web/packages/available_packages_by_name.html [利用可能なCRANパッケージの名前リスト]で名前別に整理された公式パッケージのリストを見つけることができます。

Rを終了するには、「+ q()」と入力できます。 ワークスペースの画像を保存したくない場合は、プロンプトが表示されたら ` n +`を押します。

結論

Rがサーバーに正常にインストールされたら、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-set-up-rstudio-on-an-ubuntu-cloud-server [ RStudioサーバーのインストール]をクリックして、完了したサーバーベースの展開にIDEをもたらします。 Shiny serverをセットアップしてRを変換する方法も学習できます。インタラクティブなWebページへのコード。

さまざまなツールを活用してRパッケージをインストールする方法の詳細については、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-r-packages-using-devtools [直接インストールする方法を参照してください。 GitHub、BitBucket、またはその他の場所から]。 これにより、アクティブなコミュニティの最新の作品を活用できます。