イントロ

Ruby on RailsとMySQLをApache仮想プライベートサーバーにインストールすることは、Rubyアプリケーションをライブでオンラインにするための最初のステップです。 3つの便利なインストーラーにより、このサーバーの構築作業がこれまでになく簡単になります。

設定

このチュートリアルでは、ドロップレットまたはサーバーを稼働させる必要があります。 さらに、rails readyスクリプトは、sudo権限を持つユーザーが実行する必要があります。 サーバーにそのようなユーザーが’いない場合は、このチュートリアルのステップ3と4でその方法を確認できます。

ステップ1-RailsReadyをインストールする

root権限を持つユーザーで仮想サーバーにログインしたら、コマンドを入力してRailsReadyをインストールします。

wget --no-check-certificate https://raw.github.com/joshfng/railsready/master/railsready.sh && bash railsready.sh

Rails Readyは、ソースからインストールすることも、RVM(Rubyバージョンマネージャー)を使用してインストールすることもできます。 RVMの使用をお勧めします。これは簡単なインストールであり、後で必要に応じて複数のバージョンのRubyを切り替えることができます。

全体として、インストールにはしばらく時間がかかります。待つ準備をしてください。

ただし、Rails Readyがプロセスを完了すると、VPSにはRuby、Gems、およびRailsが完全に装備されます。 次に、画面の指示に従って、「ログアウトしてから再度ログインしてRubyにアクセスします」

ステップ2—PhusionPassengerを使用してApacheをインストールする

RVMをセットアップしたら、それを使用してレールをインストールできます。

rvm install 1.9.3

また、デフォルトでRuby1.9.3を使用するようにRVMを設定します。

rvm use --default 1.9.3

次に、パッセンジャージェムをインストールします。

gem install passenger

便利なボーナスとして、RailsReadyにはPhusion Passengerがパッケージ化されており、これを使用してサーバーにApacheを自動的にインストールして構成できます。

次のコマンドを使用して、apacheのインストールを開始します。

passenger-install-apache2-module

ステップ3—Apache構成を更新します


Apacheのインストール後、乗客はこのテキストを表示します。

The Apache 2 module was successfully installed.

Apache構成ファイルを編集して、次の行を追加してください。

LoadModule passenger_module /home/username/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p194/gems/passenger-3.0.12/ext/apache2/mod_passenger.so
   PassengerRoot /home/username/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p194/gems/passenger-3.0.12
   PassengerRuby /home/username/.rvm/wrappers/ruby-1.9.3-p194/ruby

プロセスを終了するには、Apache構成を開き、必要な3行をファイルに貼り付けます。

 sudo nano /etc/apache2/apache2.conf

保存して終了。

ステップ4—MySQLをインストールする

インストールを完了する前に、仮想サーバーにもう1つの便利なプログラムを追加する必要があります。

MySQLは、データの整理と取得に使用される強力なデータベース管理システムです。

MySQLをインストールするには、ターミナルを開き、次のコマンドを入力します。

sudo aptitude update
sudo aptitude install mysql-server

インストール中に、MySQLはrootパスワードを設定するように要求します。 プログラムのインストール中にパスワードを設定する機会を逃した場合は、次のコマンドを使用して、後でMySQLシェル内からパスワードを設定するのは非常に簡単です。

UPDATE mysql.user SET Password = PASSWORD('password') WHERE User = 'root';

おめでとう! 3つの便利なインストーラーの助けを借りて、UbuntuサーバーにRuby on Rails、Apache、MySQLが追加されました。

続きを見る

サーバーにRubyonRailsをインストールしたら、サイトのSSL証明書の作成またはFTPサーバーのインストールに進むことができます。

EtelSverdlov著