Sandstormと共同で作成

前書き

Sandstormはパーソナルサーバー用のオープンソースプラットフォームです。つまり、使いやすいインターフェイスを備えた1つのサーバーにさまざまなアプリをインストールするために使用できます。 Sandstormを使用してインストールできるアプリの例には、WordPress、GitLab、MediaWiki、Apache Wave、RoundCube Webメールがあります。 たとえば、多くの人がGoogle Docsの自己ホスト型の代替手段としてSandstormを使用しています。

この記事では、Sandstormをインストールしてから、例として最も人気のある3つのアプリをインストールします。

前提条件

このチュートリアルを実行するには、次のものが必要です。

  • Ubuntu 14.04ドロップレット1つ。 このチュートリアルはUbuntu 14.04でテストされましたが、SandstormはどのLinuxディストリビューションでも動作するはずです。

  • https://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-ubuntu-14-04 [この最初のUbuntu 14.04サーバーセットアップチュートリアル]に従って設定できるsudo非ルートユーザー。

  • オプションで、https://www.mailgun.com/ [Mailgun]などのSMTPサーバーまたはメールプロバイダーサービス。

手順1-Sandstormのインストール

このセクションでは、Sandstormをインストールします。

Sandstormのインストールウィザードを開始するには、インストールスクリプトをダウンロードして実行するだけです。 コマンドを実行する前に、お気に入りのブラウザーで `+ https:// install.sandstorm.io +`にアクセスしてスクリプトを表示できます。

curl https://install.sandstorm.io | bash

Sandstormは、セットアップについて質問を開始します。 プロンプトが表示されたらパスワードを入力し、「+ ENTER +」を押して、* What * .sandcats.io subdomain you want?*質問を除くすべての質問に対するデフォルトの回答を受け入れます。

この質問は、Sandstormを使用する場合、SandstormがSandstormインストール用の無料のサブドメインを提供するためです。 `+ sandcats.io +`サブドメインにも独自のSSL証明書が付属し、HTTPSを有効にすることでSandstormのインストールを安全にします。

または、独自のドメインを使用できますが、 `+ sandcats.io +`サブドメインを使用する場合は、常にhttps://docs.sandstorm.io/en/latest/administering/sandcats/#disabling-the-sandcatsを使用できます-service [将来、独自のドメインに切り替える]。

以下の該当するセクションの指示に従って、ステップ2に進みます。

無料の「+ sandcats.io +」サブドメインを使用する

「+ sandcats.io 」サブドメインを使用するには、「*。sandcats.ioサブドメインを指定しますか?」という質問に使用するサブドメインの名前を入力します。 たとえば、ここに* example *と入力すると、 ` .sandcats.io +`でSandstormインストールにアクセスできます。 このSandstormインストールの目標に合った名前を選択してください。

独自のドメインを使用する

このセクションでは、独自のドメインまたはサブドメインでSandstormを使用する場合にDNS設定を構成します。 これは高度なセットアップです。ほとんどの場合、特にテストでは、 `+ sandcats.io +`サービスは問題ありません。

カスタムドメインを使用する場合は、次のDNSレコードを含むドメイン名が必要です。

  • Sandstorm IPにリダイレクトするワイルドカードCNAMEレコード( `+ *。 CNAME。+ `)

  • ドメインを指すAレコード( `+。 A + `)。

ドメイン名の設定に関する詳細については、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-set-up-a-host-name-with-digitalocean [このチュートリアル]を参照してください。

新しいSandstormアプリはサブドメインにあります。 「+ *。111.111.111.111+」のようなDNSレコードは存在しないため、DropletのIPアドレスを使用できません。ドメイン名とワイルドカードDNSレコードが必要です。 または、任意のIOPアドレスにワイルドカードDNSを提供するxip.ioサービスを使用できます。 Sandstormドキュメントのxip.ioの詳細をご覧ください。 。

DNSレコードを設定したら、「。sandcats.ioサブドメインが必要ですか?」という質問に必ず none で回答してください。 [] *インストールプロセス中。 ユーザーがブラウザに入力する URLに答えてください:[http:// sammy:6080] ドメイン名( `+ http://example.com:6080 +`など)。 質問 Wildcard host:[* .example:6080] *の正しいワイルドカードドメインを入力してください。 Sandstormは前の質問から導き出したので、これは通常、すでに正しいでしょう。

ステップ2-IDプロバイダーのセットアップ

このセクションでは、Sandstormを構成します。

Sandstormのインストール後、セットアップウィザードはサーバーにアクセスするためのURLを提供します。

Your server is now online! It should work immediately if you use Chrome.
Visit this link to start using it:

 https://.sandcats.io/setup/token/f19d0a6873f5dc5ad389a0977d832ee0fac14c5a

NOTE: This URL expires in 15 minutes. You can generate a new setup URL by running
'sudo sandstorm admin-token' from the command line.

ターミナルからURLをコピーしてブラウザに貼り付けて、URLに移動します。 * Welcome to Sandstorm!*というタイトルの画面が表示されます。

画像:https://assets.digitalocean.com/articles/sandstorm/dNSte8I.png [Sandstorm Initial]

[標準セットアップの開始]をクリックします。 * Configure Identity Provider(s)*というタイトルの画面が表示されます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/sandstorm/CPLsgg1.png [サンドストームIDプロバイダー]

1つまたは複数のIDプロバイダーを構成できるようになりました。 IDプロバイダー(電子メール、Google、またはGitHub)を選択し、以下の該当するセクションを参照してください。 電子メールではSMTPサーバーをセットアップする必要があるため、GoogleまたはGitHubの使用をお勧めします。

メール(パスワードなし)

  • Email(passwordless)の右側にある Configure をクリックしてから、電子メールリレーに関するプロンプトで Enable *をクリックします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/sandstorm/JWchrra.png [サンドストーム電子メール(パスワードなし)]

ただし、GoogleとGitHubはSMTPサーバーを必要としないため、一般にセットアップが簡単です。

グーグル

  • Google *の右側にある*設定*をクリックします。 Googleログインを選択すると、次のようにSandstormに手順が表示されます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/sandstorm/ArDuyPC.png [Sandstorm Googleログイン]

これらの指示に従い、*クライアントID *および*クライアントシークレット*を入力したら、*有効化*をクリックします。

GitHub

  • GitHub の右側にある Configure *をクリックします。 GitHubログインを選択すると、次のようにSandstormに指示が表示されます。

画像:https://assets.digitalocean.com/articles/sandstorm/HLBmo32.png [Sandstorm GitHub Login]

これらの指示に従い、*クライアントID *および*クライアントシークレット*を入力したら、*有効化*をクリックします。

手順3-セットアップウィザードの完了

IDプロバイダーを構成したら、右下の[次へ]をクリックしてセットアップウィザードを続行します。 次の画面のタイトルは* Outbound Email Setup *です。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/sandstorm/XXeKTWF.png [Sandstorm E-mail Setup]

メールを送信したくない場合は、*今すぐスキップ*をクリックしてください。 このデータは後からいつでも追加できます。 ただし、電子メール識別プロバイダーをセットアップした場合、または電子メール通知を使用する場合は、この手順が必要です。

これを設定したい場合は、SMTP情報を追加し、* Test *をクリックして正しいデータを入力したかどうかをテストしてください。 テストが成功したら、[保存して続行]をクリックします。

次のステップでは、管理者アカウントを作成するよう求められます。 ログインオプションのいずれかを使用して、管理者アカウントを作成します。 最後のステップは、*完了*をクリックしてアカウントを確認することです。

これでインストールが完了しました!

image:https://assets.digitalocean.com/articles/sandstorm/Wav5qjN.png [Sandstorm Installation Finished]

[Sandstormの使用を開始]をクリックして、Sandstormに進みます。

ステップ4-アプリのインストール(オプション)

例として、いくつかの人気アプリをインストールするプロセスを説明します。 より具体的な説明については、以下の例(WordPress、MediaWiki、およびEtherPad)を参照してください。

まず、[App Marketから*インストール…​]をクリックします。 次の画面には、WordPress、GitLab、MediaWiki、Apache Wave、Roundcubeなど、インストールできるさまざまなアプリが表示されます。 [インストール]をクリックすると、Sandstormがすべてのインストール手順を自動的に処理し、すぐにアプリの完全に機能するバージョンを取得します。

インストールするアプリの横にある[インストール]をクリックします。 インストールにリダイレクトされ、進行状況ページが表示されます。 アプリをダウンロードしたら、[インストール]をもう一度クリックします。 次に、インストールしたアプリに合わせてカスタムボタンが付いた画面にリダイレクトされます。 たとえば、WordPressの場合、* New WordPress Site *と表示されます。 そのボタンをクリックすると、新しいサイトが作成されます。 このサイトを開くと、SandstormがWordPressコードを起動する必要があるため、サイトをロードするのに少し時間がかかります。 より詳細な手順については、WordPressのインストール例をご覧ください。 それでおしまい!

トップバーの[アクセスの共有]をクリックして、編集権限をサイトに共有できます。 新しいユーザーがサーバーに到着し、選択したログインプロバイダーを介して認証されると、Sandstormはデフォルトで新しいグレインの作成やアプリのインストールを防ぎます。 ユーザーにさらに権限を付与するには、右上隅にある名前をクリックし、*ユーザー*タブで新しい*ユーザークラス*を割り当てて*管理者設定*にアクセスします。

アプリが使用するRAMの量を最小限に抑えるため、Sandstormは非アクティブ期間中はプロセスを停止します。 つまり、15分以上経ってから再び穀物にアクセスすると、再び開始するまでに時間がかかる可能性があるため、この点に留意してください。

例:WordPressのインストール

例として、WordPressをインストールします。 公開ブログを公開したい場合は、コメントが必要ない限りWordPressをインストールできます。SandstormのWordPressはコメントをサポートしていないためです。 また、あなただけのプライベートブログを維持したり、友人と共有したりするのにも使用できます。 WordPressを使用してサイトを編集しても、Sandstormが世界にサイトを配信することに注意してください。 Sandstormは積極的なHTTPキャッシュのように機能します。WordPressでは、「パブリックサイトの再構築」をクリックしてキャッシュを更新する必要があります。 これは、信頼できない匿名ユーザーがWordPress PHPコードを実行することはないことを意味します。 詳細については、https://docs.sandstorm.io/en/latest/guided-tour/#static-publishing [Sandstorm docsをご覧ください]をご覧ください。

サインインすると、ホーム画面が表示されます。 [App Marketから*インストール…​]をクリックして、リストでWordPressを見つけます。 見つかったら、[インストール]をクリックします。 アプリのダウンロードと解凍が開始されます。 それが完了したら、* WordPressのインストール*をクリックします。 アプリのインストールが完了すると、次のようなページが表示されます。

画像:https://assets.digitalocean.com/articles/sandstorm/JbOQWk4.png [Sandstorm WordPress]

新しいWordPressサイトを作成するには、[新しいサイトを作成]をクリックします。 完了すると、新しいWordPressサイトが表示されます。 * Untitled WordPress Site *をクリックして、Sandstormに表示されるタイトルを変更できます。 サイトを直接使用し始めることもできます。通常のWordPressサイトと同じように機能します。

左上隅にある* Sandstorm *をクリックしてホームページに戻ると、サイトを閉じることができます。

例:EtherPadのインストール

この例では、最も人気のあるSandstormアプリの1つである共同ドキュメントエディターであるEtherPadをインストールします。 Sandstormでは、すべてのドキュメントが独自の粒度であるため、アクセス制御が非常に効果的になります。

ホーム画面で、App Marketから*インストール…​をクリックし、リストでEtherPadの*インストール*を選択します。 しばらくして、ダウンロードが完了したら、* Install EtherPad をクリックします。 これで、[*新しいパッドの作成]をクリックして新しいパッドを作成できます。 これにより、新しいドキュメントが作成されます。 上部にある[アクセスを共有]をクリックすると、このドキュメントを他のユーザーと共有できます。 これには、招待を送信するか、URLを共有するという2つのオプションが表示されます。 このユーザーが持つ権限を決定することも可能です。

例:MediaWikiのインストール

この最後の例では、MediaWikiをインストールします。 SandstormのMediaWikiアプリは、Sandstorm静的公開システムをサポートしていないため、公開Wikiとして簡単に使用できません。

ホーム画面で、[App Marketから*インストール…​]をクリックして、アプリのインストールを開始します。 リストで、MediaWikiの*インストール*を選択します。 アプリのダウンロードと展開が完了したら、* MediaWikiのインストール*をクリックします。 終了したら、[新しいウィキを作成]をクリックして新しいMediaWikiを作成できます。 WordPressサイトの場合と同じように、タイトルを変更できます。 たとえば、このwikiをプライベートドキュメントとして使用できます。

このウィキに他の人を追加するには、Sandstormインターフェースの上部にある[共有アクセス]ボタンを使用します。 このウィキを公開したい場合は、共有リンクを作成して配布できます。 Sandstorm共有リンクには、覚えにくい長いURLがあることに注意してください。

結論

サンドストームは多くの異なるアプリケーションに役立ち、積極的に開発されています。 Sandstormの詳細とドキュメントについては、https://docs.sandstorm.io/en/latest/ [ドキュメント]をご覧ください。