前書き

SchoolToolは、BlackboardまたはPearsonのPowerSchoolに代わるオープンソースの学生管理システムです。 学校が保持する可能性のある次の記録の管理に使用できます。

  • 達成と目標の追跡

  • 出席ジャーナル

  • イベントカレンダー

  • 成績表

  • 保護者/保護者、スタッフ、学生の連絡先情報

  • 違反/介入レポート

学校の管理者、事務員、生徒、および教師は、一般的なWebブラウザを使用してSchoolToolにアクセスできます。 PowerSchoolとは異なり、Javaランタイム環境は必要ありません。

前提条件

開始する前に、これらの前提条件を満たしていることを確認してください。

  • Ubuntu 14.04を実行している2GB以上のRAMを備えたサーバー(ドロップレット)。 SchoolToolユーザーの数に応じて、より多くのメモリが必要になる場合があります

  • 学校ごとに1つのサーバー。 SchoolToolは、同じサーバー上の複数の学校をネイティブにサポートしていません。すなわち、単一の地区全体の展開

  • 日々のコマンドを実行するhttps://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-add-and-delete-users-on-an-ubuntu-14-04-vps[sudo]ユーザー

[[step-1—adding-schooltool’s-package-repository]]
=== ステップ1-SchoolToolのパッケージリポジトリの追加

SchoolToolチームは公式のUbuntuパッケージリポジトリでソフトウェアを公開していません。そのため、リポジトリのアドレスをサーバーに追加する必要があります。

sudo add-apt-repository ppa:schooltool-owners/2.8

プロンプトが表示されたら、Enterキーを押します。

ステップ2-SchoolToolのインストール

SchoolToolのリポジトリがサーバーに追加されたので、サーバーのパッケージリストを更新します。

sudo apt-get update

次に、SchoolToolをインストールします。

sudo apt-get install schooltool

SchoolToolは、膨大な品揃えのPythonパッケージをSchoolToolソフトウェア自体とともにインストールするため、これには数分かかる場合があります。 PythonはSchoolToolが書かれているプログラミング言語です。 経験豊富なシステム管理者は、SchoolToolがWebページの提供やデータの保存に_LAMPスタック_を必要としないことに気付くでしょう。 SchoolToolの開発者によると、Pythonアプリを使用すると、日常の操作やプログラムの更新中に安定性が向上します。

ステップ3-パブリックアクセスの許可

デフォルトでは、SchoolToolはインストールされているコンピューターからのみアクセスできます。 このセクションでは、パブリックインターネットアクセスに公開します。

ターミナルベースのテキストエディタである* nano *で、サーバー上のSchoolToolの `+ paste.ini +`設定ファイルを開きます。

sudo nano /etc/schooltool/standard/paste.ini

キーボードの下矢印を使用して、カーソルをファイルの下部に移動します。 あなたはこれを見るでしょう:

[server:main]
use = egg:zope.server
host =
port = 7080

矢印キーとBackSpaceキーを使用して、「」を「」に置き換えます。

[server:main]
use = egg:zope.server
host =
port = 7080

CONTROL + Xキーを同時に押します。 画面の下部で、nanoから次のメッセージが表示されます。

Save modified buffer (ANSWERING "No" WILL DESTROY CHANGES) ?
Y Yes
N No           ^C Cancel

キーボードの* Y *キーを押して、構成ファイルへの変更を保存します。

SchoolToolに変更を適用するには、再起動する必要があります。

sudo service schooltool restart

これで、ブラウザでSchoolToolを表示して、すべてがこれまでに機能していることを確認できます。

ブラウザーを開き、目的の構成に応じて、URL「+ http://:7080+」または「+ http://:7080+」にアクセスします。 今のところ、 +:7080 +`ポート番号を追加する必要があることに注意してください。 次のセクションでは、デフォルトポート( `+ 80 +)でサーバーにアクセスする方法を示します。これにより、より多くのユーザーがアクセスしやすくなります。

デフォルトのカレンダーページが表示されます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/install_schooltool/1.png [カレンダービュー]

(オプション)ステップ4-ポート80アクセスの構成

SchoolToolのデフォルトポートは「7080」です。 ただし、ほとんどのユーザーは、Webブラウザで使用される通常のポートの1つであるポート「80」でより快適にアクセスできます。 つまり、人々は「:7080」ではなく「++」でサーバーにアクセスできます。

サーバーでポート「80」を使用するプログラム(ApacheやNginxなど)がない場合は、このセクションの手順に従ってSchoolToolのデフォルトポートを「80」に変更できます。 サーバーにポート `+ 80 `を使用するプログラムが既にある場合は、デフォルトのポート ` 7080 +`を使用するか、SchoolTool専用の新しいサーバーを作成する必要があります。

`+ iptables `を使用して、ポート ` 80 `をポート ` 7080 `に転送できます。 サーバーがインターフェイス「+」を使用してインターネットに接続されていると仮定すると、次のコマンドを使用してこれを実行します。 サーバーがDigitalOcean Dropletの場合、インターフェイス「+ eth0 +」を使用してインターネットに接続します。

サーバーで次の3つのコマンドを実行して、ポート転送を設定します。

sudo iptables -A INPUT -i  -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
sudo iptables -A INPUT -i  -p tcp --dport 7080 -j ACCEPT
sudo iptables -A PREROUTING -t nat -i  -p tcp --dport 80 -j REDIRECT --to-port 7080

これで、希望する構成に応じて、URL `+ http:// `または ` http:// +`を使用してSchoolToolにログインできるようになります。

ステップ5-SchoolToolへのログイン

お気に入りのWebブラウザーを使用してSchoolToolにアクセスします。 SchoolToolのホームページは、デフォルトではカレンダーページです。

右上隅の[ログイン]リンクをクリックします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/install_schooltool/2.png [カレンダービュー]

デフォルトのSchoolToolログイン資格情報を使用します。

  • ユーザー名マネージャー

  • パスワード:* schooltool *

次に、[ログイン]ボタンを押してログインします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/install_schooltool/3.png [ログイン画面]

これでSchoolToolにログインしました。

ステップ6-基本的な構成変更を行う

SchoolToolにログインしたので、次の変更を行う必要があります。

  • *マネージャー*アカウントのパスワードを変更する

  • 学校の名前を指定してください

  • 学校のロゴを指定する

まず、* manager *アカウントのパスワードを更新します。 これをデフォルトのパスワードのままにしないでください。そうしないと、だれでもアカウントにログインできます。

Webページの上部にあるナビゲーションメニューの[ホーム]タブをクリックします。 次に、左側のナビゲーションメニューで[設定]> [パスワード]リンクをクリックします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/install_schooltool/4.png [左ナビゲーションメニュー]

現在のパスワード* schooltool *を入力します。 次に、新しいパスワードを2回入力し、[適用]ボタンを押します。 強力なパスワードを選択してください。

  • Password changed successfully *ポップアップが表示されます。 今後、このパスワードを使用してSchoolToolコントロールパネルにログインする必要があります。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/install_schooltool/5.png [「パスワードは正常に変更されました」ポップアップ]

次に、学校の名前とロゴを変更します。

Webページの上部にあるナビゲーションバーの* School *タブをクリックします。 次に、左側のナビゲーションメニューで[カスタマイズ]> [学校名]リンクをクリックします。

  • Your School を学校の名前に置き換えます。 このチュートリアルでは、 DigitalOcean Academy *を使用します。

[ファイルを選択]ボタンをクリックして、コンピューターから画像をアップロードし、学校のロゴとして使用します。 使用する画像を選択したら、[送信]ボタンを押して変更を保存します。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/install_schooltool/6.png [更新された学校情報]

ページがリロードされると、SchoolToolはデフォルトの代わりに学校の名前とロゴを使用します。

結論

SchoolToolをインストールしたので、BlackBoardまたはPowerSchoolの無料の代替手段を使用して、学校でブラウザーベースのアプリケーションから生徒の記録を管理できます。

教師と生徒を追加したり、成績表を設定したりすることをお勧めします。 完全なSchoolToolマニュアルにアクセスするには、http://book.schooltool.org [The SchoolTool Book]を参照してください。これはSchoolToolの開発者が管理している知識ベースです。