前書き

OpenLiteSpeedは、サイトの管理と提供に使用できる最適化されたオープンソースWebサーバーです。 Linux Webサーバーに関する限り、OpenLiteSpeedには、多くのインストールで確実に選択できる興味深い機能がいくつかあります。 Apache互換の書き換えルール、Web管理インターフェイス、およびサーバー用に最適化されたカスタマイズされたPHP処理を備えています。

このガイドでは、Ubuntu 14.04サーバーにOpenLiteSpeedをインストールして構成する方法を示します。 また、MySQLをダウンロードしてインストールし、Webサーバー、動的スクリプトプロセッサ、データベース管理システムの従来のセットアップを完了します。

前提条件と目標

始める前に、サーバー上で非rootユーザーアカウントを設定し、 `+ sudo +`権限で完了させる必要があります。 このようなアカウントを設定する方法については、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-ubuntu-14-04 [Ubuntu 14.04初期サーバー設定ガイド]に従ってください。

このチュートリアルでは、サーバーでOpenLiteSpeedインスタンスをコンパイル、インストール、および構成するプロセスについて説明します。 また、MySQLをインストールして構成し、多くの一般的なWebアプリケーションおよびサービスとの対話を促進します。 OpenLiteSpeedには実際のサーバーに埋め込まれたPHPが付属していますが、特定のニーズがある場合は、これをカスタマイズする場所を示します。

依存関係のインストールと依存関係の構築

このプロジェクトはUbuntu用のビルド済みバイナリを提供しないため、ソースからOpenLiteSpeedをインストールします。 ただし、インストールプロセスを開始する前に、いくつかの依存関係に注意する必要があります。

幸いなことに、必要な依存関係はすべてUbuntuのデフォルトリポジトリにあります。 ローカルパッケージインデックスファイルを更新してから、必要なすべてのコンポーネントをインストールできます。 これらは、ソフトウェアをコンパイルするために必要な部分と、OpenLiteSpeedが特定の機能を実装するために使用するサポートコンポーネントです。

sudo apt-get update
sudo apt-get install build-essential libexpat1-dev libgeoip-dev libpng-dev libpcre3-dev libssl-dev libxml2-dev rcs zlib1g-dev

この時点で、OpenLiteSpeedをコンパイルしてインストールするために必要なものはすべて揃っています。

OpenLiteSpeedのコンパイルとインストール

次に、OpenLiteSpeedソフトウェアの現在の最新バージョンをダウンロードする必要があります。 ソースファイルはhttp://open.litespeedtech.com/mediawiki/index.php/Downloads[OpenLiteSpeedダウンロードページ]にあります。

ソフトウェアの最新の安定したバージョンをインストールしたい。 この記事の執筆時点では、バージョン1.3.10になりますが、おそらく異なる場合があります。 ブラウザで最新の安定バージョンのリンクを右クリックし、「リンクアドレスのコピー」またはブラウザが提供する同様のオプションを選択します。

ターミナルに戻り、ホームディレクトリに移動します。 `+ wget +`コマンドを入力し、ウェブサイトからコピーしたリンクを貼り付けます(ここでもリンクは異なる可能性があります)。

cd ~
wget http://open.litespeedtech.com/packages/openlitespeed-.tgz

アーカイブがダウンロードされたら、それを抽出し、次に入力して結果のプロジェクトディレクトリに移動します。

tar xzvf openlitespeed*
cd openlitespeed*

次に、システムに合わせて適切にビルドできるようにソフトウェアを構成する必要があります。 構成が完了したら、ソフトウェアをコンパイルしてバイナリをビルドできます。

./configure
make

ソフトウェアがコンパイルされたら、次のように入力してシス​​テムにインストールできます。

sudo make install

これにより、OpenLiteSpeedシステム全体が `+ / usr / local / lsws +`の場所にインストールされます。

MySQLのインストールと構成

さらに先に進む前に、MySQLデータベース管理システムをインストールして、アプリケーションに永続的なデータを保存できるようにします。

次のように入力して、UbuntuリポジトリからMySQLをインストールできます。

sudo apt-get install mysql-server

インストール手順中に、データベースシステムの管理パスワードを選択して確認するように求められます。

インストールが完了したら、次のように入力してMySQLディレクトリ構造を初期化できます。

sudo mysql_install_db

次に、単純なクリーンアップスクリプトを実行して、いくつかの安全でないデフォルトを修正する必要があります。 タイプ:

sudo mysql_secure_installation

インストール中に選択したMySQL管理パスワードの入力を求められます。 その後、別のパスワードを選択するかどうかを尋ねられます。 パスワードを選択して満足している場合は、ここで「いいえ」に「N」を選択できます。 残りの質問については、ENTERを押してデフォルトの提案を受け入れます。

管理パスワードを設定し、OpenLiteSpeedを起動します

OpenLiteSpeedとMySQLをインストールすると、Webサーバーを起動する準備がほぼ整いました。

始める前に、OpenLiteSpeedの管理パスワードを設定する必要があります。 デフォルトでは、パスワードは「123456」に設定されているため、サーバーを起動する前にこれを変更する必要があります。 それには、管理スクリプトを実行します。 タイプ:

sudo /usr/local/lsws/admin/misc/admpass.sh

オプションで管理ユーザーのユーザー名を入力するように求められます。 Enterキーを押すだけで、ユーザー名「admin」が選択されます。 その後、アカウントの新しいパスワードを選択して確認するように求められます。

パスワードが変更されたら、次を入力してWebサーバーを起動します。

sudo service lsws start

Webブラウザで、デフォルトのWebページにアクセスできるようになりました。 サーバーのドメイン名またはIPアドレスに移動し、その後に「:8088」を入力してポートを指定します。

http://:8088

デフォルトのOpenLiteSpeed Webページのページが表示されます。次のようになります。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_ubuntu_14.04/default_landing.png [デフォルトのOpenLiteSpeedランディングページ]

リンクをクリックすると、多くの機能がすでにインストールされ、正しく構成されていることに気付くはずです。 たとえば、サンプルのCGIスクリプトが利用可能であり、カスタマイズされたPHPインスタンスが稼働中であり、カスタムエラーページと認証ゲートが構成されています。 少しクリックして探索してください。

デフォルトのサイトに満足したら、管理インターフェイスに移動できます。 Webブラウザで、HTTPSを使用して、サーバーのドメイン名またはIPアドレスに移動し、その後に「:7080」を付けてポートを指定します。

https://:7080

サーバーからのSSL証明書を検証できないことを警告するページが表示される可能性があります。 これは自己署名証明書であるため、これが期待されます。 利用可能なオプションをクリックしてサイトに進みます(Chromeでは、[詳細設定]をクリックしてから[次へ進む]をクリックする必要があります)。

少し前に `+ admpass.sh +`スクリプトで選択した管理名とパスワードを入力するよう求められます:

画像:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_ubuntu_14.04/admin_login.png [OpenLiteSpeed管理者ログイン]

正しく認証されると、OpenLiteSpeed管理インターフェイスが表示されます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_ubuntu_14.04/admin_page.png [OpenLiteSpeed管理ページ]

ここで、Webサーバーの構成の大部分が行われます。

デフォルトページのポートを変更する

Webインターフェイスを介してオプションを構成する背後にある基本的な考え方を示すために、デフォルトサイトが使用しているポートを「8088」から従来のポート80に変更します。

これを行うには、メニューバーの[構成]メニュー項目を使用し、[リスナー]を選択します。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_ubuntu_14.04/listeners.png [OpenLiteSpeedリスナー構成]

リスナーのリストで、「デフォルト」リスナーの「表示/編集」ボタンをクリックできます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_ubuntu_14.04/list_of_listeners.png [リスナーのOpenLiteSpeedリスト]

「アドレス設定」テーブルの右上隅にある編集ボタンをクリックして、その値を変更できます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_ubuntu_14.04/change_listener.png [OpenLiteSpeed変更リスナー]

次の画面で、ポート「8088」をポート「80」に変更し、「保存」をクリックします。

変更後、サーバーを再起動する必要があります。これは、[グレースフルリスタート]を選択して[アクション]メニューから実行できます。

画像:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_ubuntu_14.04/restart.png [OpenLiteSpeedのグレースフルリスタート]

デフォルトのWebページは、ポート「8088」ではなくポート「80」でブラウザでアクセスできるようになります。 ポートを提供せずにサーバーのドメイン名またはIPアドレスにアクセスすると、サイトが表示されます。

OpenLiteSpeedの構成に関する情報

OpenLiteSpeedは、主に管理Webインターフェースを介して管理されるフル機能のWebサーバーです。 このインターフェイスを使用してサイトを構成する方法の詳細は、このガイドの範囲外です。

ただし、開始するために、以下のいくつかの重要な点に触れます。

  • OpenLiteSpeedに関連するすべてのものは、 `+ / usr / local / lsws +`ディレクトリの下にあります。

  • デフォルトの仮想ホストのドキュメントルート(ファイルの提供元)は、 `+ / usr / local / lsws / DEFAULT / html `にあります。 この仮想ホストの設定とログは、 ` / usr / local / lsws / DEFAULT +`ディレクトリの下にあります。

  • 管理インターフェイスを使用して、さまざまなサイトの新しい仮想ホストを作成できます。 ただし、構成をセットアップするときに参照するすべてのディレクトリは、サーバー上で事前に作成する必要があります。 OpenLiteSpeedは、それ自体ではディレクトリを作成しません。

  • 同じ一般的な形式を共有する仮想ホストの仮想ホストテンプレートを設定できます。

  • 多くの場合、デフォルトの仮想ホストのディレクトリ構造と構成をコピーして、新しい構成の出発点として使用するのが最も簡単です。

  • 管理インターフェイスには、ほとんどすべてのフィールド用のツールヒントヘルプシステムが組み込まれています。 サーバーのドキュメントにリンクする「ヘルプ」メニューオプションもメニューバーにあります。 さらに情報が必要な場合は、構成中にこれらの情報源を参照してください。

  • 構成を変更してグレースフルリスタートを実行した後は、常に[ホーム]ボタンをクリックして、ステータス画面の下部にエラーメッセージが報告されていないか確認してください。 「アクション>サーバーログビューア」をクリックすると、完全なエラーログを表示できます。

  • PHPはデフォルトでOpenLiteSpeedに含まれていますが、アプリケーションの正しいバージョンではない場合があります。 OpenLiteSpeedは特別に最適化されたPHPインスタンスを使用するため、別のバージョンが必要な場合は、管理インターフェイスを使用してコンパイルする必要があります。 「アクション> PHPのコンパイル」に進み、オプションを選択して開始できます。 インターフェースはプロセスを順を追って説明します。

結論

この時点で、OpenLiteSpeed(PHPを含む)とMySQLをUbuntu 14.04サーバーにインストールして実行する必要があります。 OpenLiteSpeedは、優れたパフォーマンス、使いやすいインターフェイス、およびスクリプト処理用の事前構成オプションを提供します。 これらの機能を活用してサイトにサービスを提供するために、ロープに飛び込んで学習してください。