前書き

Vestaコントロールパネルは、ウェブサイト、メール、データベース、DNS機能が組み込まれた無料のオープンソースウェブサイトコントロールパネルです。 このチュートリアルの終わりまでに、VestaをUbuntu 14.04にインストールして実行し、機能するWebサイトとメールアカウントを使用します。

前提条件

このチュートリアルを完了するには、次のものが必要です。

このチュートリアルでは、ホスト名の例として「++」を使用します。 このチュートリアル全体で、ドメイン名に置き換えてください。

  • Ubuntu 14.04サーバー

  • このドロップレットを指す登録済みドメイン名。 詳細については、ホスト名でhttps://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-set-up-a-host-name-with-digitalocean [このシリーズ]を参照してください。

  • DropletのIPを指す「++」を指す* Aレコード*

  • DropletのIPを指す「++」を指す* Aレコード*

  • DropletのIPを指す「++」を指す* Aレコード*

  • DropletのIPを指す「++」を指す* Aレコード*

  • `+ www。`が `+`を指す* CNAMEレコード*

  • Filezillaまたはコンピューターにインストールされている別のFTPクライアント

  • sudo特権を持つ非ルートユーザー(https://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-ubuntu-14-04[Ubuntu 14.04での初期サーバーセットアップ]は、このセットアップ方法を説明しています。 )

特に指定がない限り、このチュートリアルのすべてのコマンドは、sudoアクセスを持つ非rootユーザーとして実行する必要があります。

ステップ1-Vestaのインストール

最初のステップは、インストールスクリプトをダウンロードすることです。 インストールスクリプトには直接ルートアクセスが必要なので、この手順でコマンドを実行する前に、ルートユーザーであることを確認してください。

curl -O http://vestacp.com/pub/vst-install.sh

次に、rootとしてインストールスクリプトを実行します。

bash vst-install.sh

続行するかどうか尋ねられたら、「+ y 」を入力します。 その後、有効なメールアドレスを入力するよう求められます。メールアドレスを入力して、「 ENTER 」を押します。 ホスト名を入力するように求められます。 これは何でも構いませんが、一般的には「 panel。+」のようなドメイン名です。

インストールプロセスが開始されます。 15分かかると言われていますが、DigitalOcean Dropletsのように、SSDとギガビットインターネットの速度では約5分であることがわかりました。

このインストールスクリプトは、コントロールパネルとそのすべての依存関係をサーバーにインストールします。 これも:

  • Nginx Webサーバー

  • Apache Webサーバー(バックエンドとして)

  • DNSサーバーのバインド

  • Eximメールサーバー

  • Dovecot POP3 / IMAPサーバー

  • MySQLデータベースサーバー

  • Vsftpd FTPサーバー

  • Iptables Firewall + Fail2Ban

  • Roundcubeメールクライアント

また、ホスト名を最初に入力したホスト名に変更しますが、DigitalOceanコントロールパネルのホスト名は変更しません。 Pointer DNSレコードのホスト名もドメインに一致するように変更することをお勧めします。これにより、少なくともサーバーから送信された電子メールがスパムに送信されないようにすることができます。

スクリプトの処理が完了すると、画面に次のような情報が表示されます。

=======================================================

_|      _|  _|_|_|_|    _|_|_|  _|_|_|_|_|    _|_|
_|      _|  _|        _|            _|      _|    _|
_|      _|  _|_|_|      _|_|        _|      _|_|_|_|
  _|  _|    _|              _|      _|      _|    _|
    _|      _|_|_|_|  _|_|_|        _|      _|    _|


Congratulations, you have just successfully installed Vesta Control Panel

   https://panel.:8083
   username: admin
   password:

これで、コントロールパネルの基本的なインストールが完了します。 これで、Webパネルに進むことができます。

rootユーザーとしてログインする必要がなくなりました。 ここで、非ルートsudoユーザーに戻ります。 例えば:

su -

ステップ2-Vestaのセットアップ

次に、Vestaコントロールパネルをセットアップします。 インストールの最後に指定されたURLにアクセスします。 私の場合、これは `+ https:// panel。:8083 / +`でしたが、最初に入力したホスト名によって異なります。 以下に示すようなSSL警告が表示されます。

画像:https://assets.digitalocean.com/articles/vestacp/vestacp-ssl-warning.png [SSL警告]

自己署名証明書を使用しているため、これは完全に正常です。 続行することは完全に安全です。 続行するにはクリックしてください。 正確な手順はWebブラウザーによって異なります。 Chromeの場合は、「+ Advanced 」をクリックしてから「 Proceed +」をクリックします。 ログイン画面が表示されたら、インストールの完了後にサーバーコンソールに表示される2つの資格情報を入力します。 これらの資格情報は、インストールの開始時に入力したメールを使用してメールで送信されました。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/vestacp/vestacp-homepage.png [Vestaホームページ]

最初に行うことは、管理者ユーザーのパスワードを変更することです。 Webパネルの右上隅で、* admin *リンクをクリックします。

[*パスワード]フィールドに任意のパスワードを入力するか、[生成]をクリックして、Vestaに安全なパスワードを生成させます。

この画面で、オプションで名前や言語などの他の設定を変更できます。 さらに、画面の下部で、サーバーのネームサーバーを設定する必要があります。 これらは自分のドメインのサブドメインになり、Vestaで設定する将来のドメインをそれらに指定します。 通常は、「+ ns1。」と「 ns2。+」を選択します。

終了したら、ページの下部にある[保存]を押します。

ステップ3-Webサイトのセットアップ

これで、最初のWebサイトをセットアップできます。 Vestaのホームページで、上部の* WEB *をクリックします。

次に、緑色の* + ボタンをクリックします。 次の画面の[ドメイン]フィールドに、Webサイトにアクセスするドメイン、またはこのドロップレットのIPアドレスを指すように登録したドメイン(「+」など)を入力します。 また、状況によっては、通常[プライベートネットワーク]が有効になっている場合、[IPアドレス]ドロップダウンに複数のIPアドレスがある場合があります。 リストされたIPアドレスがDropletのパブリックIPアドレスであることを確認してください。 [*詳細オプション*]リンクをクリックします。 *エイリアス*の下に、このウェブサイトにもアクセスできるようにするサブドメイン(「 www。+」など)を入力します。 サーバーサイド分析の Web Statistics *で統計オプションとして_webalizer_を選択することもできます。 このオプションにより、Webサイトの正確な分析が可能になります。

また、* Additional FTP *を選択して、ホスティングにファイルを簡単にアップロードできるようにする必要があります。 それぞれのフィールドに*ユーザー名*と*パスワード*を入力します。 ユーザー名フィールドに入力したものには、接頭辞として「+ admin_ +」が追加されます(入力するとadmin_になります)。

必要な設定を行ったら、ページの下部にある[追加]をクリックしてください。

コンピューターで、FTPを介してDropletに接続する必要があります。

ftp

または、Filezillaなどのプログラムを使用して、FTP経由でWebサイトに接続できます。

ディレクトリにはたくさんのファイルがありますが、心配する必要があるのは `+ public_html `ディレクトリのみです。 これは、Webアクセス可能なすべてのファイルが保存される場所です。 ` index.html `ファイルを好きなように編集するか、独自のファイルをアップロードできます。 アップロードされたものはすべて、「+」ですぐに利用できます。 同じファイル名でアップロードしたファイルは、サーバー上の既存のファイルを上書きすることに注意してください。 それ以外の場合、デフォルトでは、ウェブサイトのランディングページは次のように表示されます。

画像:https://assets.digitalocean.com/articles/vestacp/vestacp-default-page.png [example.com]

今すぐ `+ http:// +`にアクセスして、機能することを確認してください。

後でドメインを変更する場合は、Vestaコントロールパネルの上部にある* _WEB_をクリックします。 作成したドメインと、Vestaコントロールパネルのドメイン名(など)が表示されます。

ステップ4-メールアカウントの設定

これで、 `+ @ +`のようなパーソナライズされたメールアカウントを設定できます。 Vestaで、画面上部の[*メール]をクリックします。 メール画面で、メールを送信するドメインにカーソルを合わせ、ボタンが表示されたら[アカウントを追加]をクリックします。 次の画面で、「アカウント」フィールドにユーザー名を入力し、「パスワード」フィールドにアカウントのパスワードを入力します。 今すぐ*追加*を押すか、*詳細オプション*をチェックしてください。 これらのオプションには、3つのフィールドがあります。

  • *クォータ*を使用すると、メールボックスのサイズ制限を設定できます。 これは、ディスク容量を節約したい場合、または別のユーザーのアカウントを作成している場合に便利です。 無限大記号を押して、「無制限」のストレージにすることもできます。

  • *エイリアス*では、そのメインアカウントに転送する他のメールアドレスを追加できます。

  • * Forward to *を使用すると、このすべての電子メールを転送する電子メールアドレスを入力できます。 たとえば、別のサービスにメールアカウントがあり、そこにメールを保持したい場合は、そのメールを入力できるため、「」からのメールは「」に移動します。 このオプションを使用する場合は、[転送されたメールを保存しない]チェックボックスもオンにして、サーバーのストレージが無駄にならないようにしてください。

設定したメールは、 `+ http:// panel。/ webmail / `から簡単にアクセスできます。 設定したユーザー名とパスワードでその画面にログインするだけです。 [*ユーザー名*]フィールドにドメインを含める必要があることに注意してください。 アカウント名が「 hello 」の場合、「 hello @ +」と入力する必要があります。

結論

おめでとうございます。これで、完全に機能するWebサーバーとメールサーバーがDropletにインストールされました。 ステップ3と4を繰り返して、さらにWebサイトとメールを追加できます。 問題がある場合は、https://vestacp.com/docs/ [Vesta documentation]も確認してください。 または、さらにサポートが必要な場合は、DigitalOceanのすばらしいhttps://www.digitalocean.com/community/questions [コミュニティQ / Aセンター]で質問してください。