前書き

Webminは、Linuxマシン用の最新のWebコントロールパネルです。 シンプルなインターフェースを介してサーバーを管理できます。 Webminを使用すると、一般的なパッケージの設定をその場で変更できます。

このチュートリアルでは、サーバーにWebminをインストールして設定し、https://letsencrypt.org/ [Let’s Encrypt]を使用して有効な証明書でインターフェースへのアクセスを保護します。 次に、Webminを使用して新しいユーザーアカウントを追加し、ダッシュボードからサーバー上のすべてのパッケージを更新します。

前提条件

このチュートリアルを完了するには、次のものが必要です。

  • https://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-ubuntu-16-04 [Ubuntu 16.04初期サーバーセットアップガイド]に従って、1つのUbuntu 16.04サーバーをセットアップし、sudo non- rootユーザーとファイアウォール。

  • Linux、Apacheをインストールする方法に従ってインストールされたApache 、MySQL、Ubuntu 16.04上のPHP(LAMP)スタック]。 Apacheを使用してLet’s Encryptのドメイン検証を実行します。

  • サーバーのIPアドレスを指すDNS * A *レコードを持つ完全修飾ドメイン名(FQDN)。 これを設定するには、チュートリアルhttps://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-set-up-a-host-name-with-digitalocean[DigitalOceanでホスト名を設定する方法]に従ってください。

ステップ1-Webminのインストール

まず、パッケージマネージャーを使用してWebminを簡単にインストールおよび更新できるように、Webminリポジトリを追加する必要があります。 これを行うには、リポジトリを `+ / etc / apt / sources.list`ファイルに追加します。

エディターでファイルを開きます。

sudo nano /etc/apt/sources.list

次に、次の行をファイルの最後に追加して、新しいリポジトリを追加します。

/etc/apt/sources.list

. . .

ファイルを保存し、エディターを終了します。

次に、システムが新しいリポジトリを信頼するようにWebmin PGPキーを追加します。

wget http://www.webmin.com/jcameron-key.asc
sudo apt-key add jcameron-key.asc

次に、Webminリポジトリを含めるようにパッケージのリストを更新します。

sudo apt-get update

次に、Webminをインストールします。

sudo apt-get install webmin

インストールが完了すると、次の出力が表示されます。

OutputWebmin install complete. You can now login to
https://:10000 as root with your
root password, or as any user who can use `sudo`.

次のステップで必要になるため、この情報をコピーしてください。

有効な証明書を追加して、Webminへのアクセスを保護しましょう。

ステップ2-Let’s Encryptを使用した有効な証明書の追加

WebminはHTTPSを使用するように既に構成されていますが、自己署名の信頼できない証明書を使用します。 Let’s Encryptからの有効な証明書に置き換えましょう。

Webブラウザーで「+ https://:10000+」に移動し、「++」をサーバーで指定したドメイン名に置き換えます。

ログイン画面が表示されます。 このチュートリアルの前提条件を満たしながら、作成した非ルートユーザーでサインインします。

ログインすると、最初に表示される画面はWebminダッシュボードです。 有効な証明書を適用する前に、サーバーのホスト名を設定する必要があります。 次の図に示すように、* System hostname *フィールドを探して、右側のリンクをクリックします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/webmin_ubuntu1604/ihomuI4.png [Webminダッシュボード上のリンクの場所を示す画像]

これにより、*ホスト名とDNSクライアント*ページが表示されます。 * Hostname *フィールドを見つけて、フィールドに完全修飾ドメイン名を入力します。 次に、ページの下部にある[保存]ボタンを押して設定を適用します。

ホスト名を設定したら、左側のナビゲーションバーで[* Webmin ]をクリックし、[ Webmin Configuration *]をクリックします。

次に、アイコンのリストから[* SSL Encryption ]を選択し、[ Let’s Encrypt *]タブを選択します。 次の図のような画面が表示されます。

image:http://imgur.com/2SkljoJ.png [SSL EncryptionセクションのLet’s Encryptタブを示す画像]

この画面を使用して、証明書を取得および更新する方法をWebminに指示します。 Let’s Encrypt証明書は3か月後に有効期限が切れますが、Let’s Encrypt証明書を毎月自動的に更新するようにWebminに指示することができます。 Let’s Encryptがサーバー上で検証ファイルを探します。そのため、Webminを設定して、フォルダー `+ / var / www / html +`内に検証ファイルを配置します。これは、前提条件で構成したApache Webサーバーが使用するフォルダーです。 次の手順に従って、証明書をセットアップします。

  1. FQDNで*証明書のホスト名*を入力します。

  2. 検証ファイルの* Webサイトルートディレクトリ*の場合、*その他のディレクトリ*ボタンを選択し、「+ / var / www / html +」と入力します。

  3. *自動更新の間隔*セクションでは、入力ボックスに「1」と入力し、入力ボックスの左側にあるラジオボタンを選択して、*手動更新のみ*オプションの選択を解除します。

  4. [証明書のリクエスト]ボタンをクリックします。 数秒後、確認画面が表示されます。

新しい証明書を使用するには、ブラウザの戻る矢印をクリックして[Webminを再起動]ボタンをクリックしてWebminを再起動します。 30秒ほど待ってから、ページをリロードして再度ログインします。 ブラウザに、証明書が有効であることが示されます。

ステップ3 – Webminの使用

これで、Webminの安全で動作するインスタンスをセットアップしました。 使い方を見てみましょう。

Webminには、BIND DNSサーバーからシステムにユーザーを追加するだけの簡単なものまで、すべてを制御できるさまざまなモジュールがあります。 新しいユーザーを作成する方法を見て、Webminを使用してオペレーティングシステムを更新する方法を見てみましょう。

ユーザーとグループの管理

サーバー上のユーザーとグループを管理する方法を見てみましょう。

まず、*システム*タブをクリックしてから、*ユーザーとグループ*ボタンをクリックします。 次に、ここから、ユーザーの追加、ユーザーの管理、またはグループの追加または管理を行うことができます。

Webアプリケーションのホストに使用される_deploy_という新しいユーザーを作成しましょう。 ユーザーを追加するには、ユーザーテーブルの上部にある[新しいユーザーを作成]をクリックします。 これにより、[ユーザーの作成]画面が表示され、ユーザー名、パスワード、グループ、その他のオプションを指定できます。 次の指示に従ってユーザーを作成します。

  1. * Username *に `+ deploy +`を入力します。

  2. *ユーザーID *に対して*自動*を選択します。

  3. `+ Deployment user +`のような説明的な名前を*本名*に入力します。

  4. [ホームディレクトリ]で[自動]を選択します。

  5. * Shell の場合、ドロップダウンリストから / bin / bash *を選択します。

  6. [パスワード]で[通常のパスワード]を選択し、選択したパスワードを入力します。

  7. * Primary Group で、 userと同じ名前の* New groupを選択します。

  8. * Secondary Group の場合、 All groups リストから sudo を選択し、ボタンを押して in groups *リストにグループを追加します。

  9. * Create *を押して、この新しいユーザーを作成します。

ユーザーを作成するときに、パスワードの有効期限、ユーザーのシェル、またはホームディレクトリを許可するかどうかのオプションを設定できます。

次に、システムにアップデートをインストールする方法を見てみましょう。

パッケージの更新

Webminでは、ユーザーインターフェイスを使用してすべてのパッケージを更新できます。 すべてのパッケージを更新するには、まず* Dashboard リンクに移動してから、 Package updates *フィールドを見つけます。 利用可能なアップデートがある場合、次の図に示すように、利用可能なアップデートの数を示すリンクが表示されます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/webmin_ubuntu1604/sm1HU3x.png [Webminは利用可能なアップデートの数を示します]

このリンクをクリックし、[選択したパッケージの更新]を押して更新を開始します。 サーバーを再起動するように求められる場合がありますが、Webminインターフェイスからも再起動できます。

結論

これで、Webminの安全で動作するインスタンスが作成され、インターフェイスを使用してユーザーを作成し、パッケージを更新しました。 Webminを使用すると、通常はコンソールからアクセスする必要のある多くの項目にアクセスでき、直感的な方法で整理できます。 たとえば、Apacheがインストールされている場合、* Servers、* Apache *の下に構成タブがあります。

インターフェースを探索するか、http://doxfer.webmin.com/Webmin/Main_Page [Official Webmin wiki]を読んで、Webminでシステムを管理する方法について学んでください。