前書き

Webminは、Unixライクシステム用のWebベースのシステム管理ツールです。 コマンドラインシステム管理の簡単な代替手段を提供し、提供されているWebminモジュールを使用して、ユーザーやサービスなどのシステムのさまざまな側面を管理するために使用できます。 独自のサーバーを管理したいが、コマンドラインが気に入らない場合、Webminは開始を支援するための優れたツールです。

このチュートリアルでは、Ubuntu 14.04でapt-getを使用したSSLを使用したWebminのインストールについて説明します。

前提条件

Webminをインストールするには、* root 特権を持つユーザーにアクセスする必要があります。 このリンクのステップ1〜3に従って、非ルートユーザーに sudo *アクセス権を設定することをお勧めします。https://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-ubuntu -14-04 [Ubuntu 14.04での初期サーバー設定]。 このユーザーはWebminインターフェイスへのログインにも使用され、Webminは資格情報を使用してサーバーを管理します。

Webminを介してサーバーにログインするには、パスワードベースの認証を有効にする必要があります。

SSH経由でログイン

SSH経由で作成した新しいユーザー(またはルート)としてサーバーにログインします(ここでユーザー名とサーバーIPアドレスを置き換えます)。

ssh @

パスワードプロンプトに答えて、ログインプロセスを完了します。

Webminのインストールを始めましょう!

Webminをインストールする

apt-get経由でWebminをインストールするには、最初にWebminリポジトリを `+ sources.list +`ファイルに追加する必要があります。

サーバーで、お気に入りのテキストエディターで `+ sources.list`ファイルを開きます。 このチュートリアルでは、 `+ nano +`を使用します。

sudo nano /etc/apt/sources.list

「[sudo]パスワード」の入力を求められたら、ユーザーのパスワードを入力します。

次に、「+ Ctrl-W 」を押してから「 Ctrl-V +」を押してファイルの最後に移動し、次の行をファイルに追加します。

deb http://download.webmin.com/download/repository sarge contrib
deb http://webmin.mirror.somersettechsolutions.co.uk/repository sarge contrib

編集が終了したら、「+ Ctrl-X」、次に「+ y」、「+ RETURN」を押してファイルを保存します。

ここで、aptにWebmin GPGキーを追加して、追加したソースリポジトリが信頼されるようにします。 このコマンドはそれを行います:

wget -q http://www.webmin.com/jcameron-key.asc -O- | sudo apt-key add -

Webminをインストールする前に、apt-getのパッケージリストを更新する必要があります。

sudo apt-get update

次に、このapt-getコマンドを実行してWebminをインストールします。

sudo apt-get install webmin

「+ y +」を入力して、インストールを確認します。

インストールが完了すると、Webminサービスが自動的に開始されます。

Webminにログイン

Webブラウザで、ポート「10000」でパブリックIPアドレス(SSH経由でログインするために使用したものと同じIPアドレス)を介してサーバーのWebminログインページにアクセスします。 デフォルトでは、WebminはSSL / TLSを有効にして起動するため、HTTPSを使用して接続する必要があります。

WebブラウザでこのURLを開きます(IPアドレスを置き換えます)。

https://:10000

サーバーのSSL証明書が信頼されていないという警告が表示されます。 これは、Webminがインストール時にSSL証明書を自動的に生成およびインストールし、このSSL証明書がコンピューターによって信頼されている認証局によって発行されていないためです。 コンピューターは証明書の有効性を検証できませんが、実際には自分のサーバーにアクセスしていることを知っています。 続行するのは問題ありません。

証明書を信頼するようにWebブラウザーに指示します。 たとえば、Chromeを使用している場合は、[詳細]リンクをクリックしてから[安全に進む] *リンクをクリックします。 Firefoxを使用している場合は、[*リスクを理解]、[例外を追加…]ボタン、[セキュリティ例外を確認]ボタンの順にクリックします。

この時点で、Webminログイン画面が表示されます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/webmin/login.png [Webminログイン画面]

SSH経由でサーバーにログインするために使用したものと同じログイン資格情報を入力します。 このユーザーには、sudoを介した* root *権限が必要です。

おめでとうございます。 Webminが正常にインストールされ、使用する準備ができました。 特権ユーザーを使用してWebminにアクセスしているため、Webminアプリケーションはサーバーへの完全なアクセス権を持っているため、ログイン資格情報を保護してください。

Webminを使用する

Webminに初めてログインすると、*システム情報*ページが表示され、システムのリソースの概要やその他の情報が表示されます。 このビューには、利用可能なWebminの更新も表示されます。

画像:https://assets.digitalocean.com/articles/webmin/dashboard.png [Webmin Dashboard]

左側にナビゲーションメニューが表示されます。このメニューを使用して、さまざまなWebminモジュールにアクセスし、サーバーを管理できます。 ナビゲーションメニューはカテゴリに分類され、各カテゴリには独自のモジュールセットがあります。 * Webmin *カテゴリは特別です。Webminアプリケーションの構成に使用されるモジュールが含まれているためです。他のカテゴリはさまざまなシステム管理タスクの実行に使用されます。

Webminに慣れるために、利用可能なモジュールを調べてください。

例:新しいユーザーを作成する

Webminで実行できる基本的なシステム管理タスクは、ユーザー管理です。 * Users and Groups *モジュールを使用して新しいユーザーを作成する方法を示します。

ナビゲーションメニューで[システム]カテゴリを展開し、[ユーザーとグループ]をクリックします。

次に、* Create a new user。*リンクをクリックします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/webmin/create_user.png [ユーザーの作成]

*ユーザー名*および新しいユーザーに割り当てるその他の設定を入力し、*作成*ボタンをクリックします。

指定した設定で、ユーザーがサーバー上に作成されます。

  • Users and Groups *モジュールは、ユーザーやグループの削除や無効化など、他のユーザー管理タスクの実行にも使用できます。

例:Apacheのインストール

Webminには、さまざまなソフトウェアパッケージを管理する多種多様なモジュールが付属しています。 例として、* Apache Webserver *モジュールを使用してWebサーバーをインストールする方法を示します。

ナビゲーションメニューで、[未使用のモジュール]をクリックしてカテゴリを展開し、[* Apache Webserver *]をクリックします。

サーバーにApacheがインストールされていない場合、モジュールは通知し、Apacheをインストールする方法を提供します。

(ここをクリック)リンク(最後の文)を使用して、Webminからapt-getを介してApacheをインストールします。

Apacheのインストールが完了すると、サーバーはデフォルトのApacheサーバーを実行します。

  • Apache Webserver モジュールは Serversカテゴリに移動され、Apacheサーバーの構成を管理するために使用できます。

結論

UbuntuサーバーにWebminがインストールされたので、それを使用して基本的なシステム管理タスクを実行できるはずです。

がんばろう!