序章

現時点では、WordPressはインターネット上で最も人気のあるCMS(コンテンツ管理システム)です。 これにより、PHP処理を使用してMySQLバックエンド上に柔軟なブログやWebサイトを簡単に設定できます。 WordPressは信じられないほど採用されており、Webサイトをすばやく立ち上げて実行するための優れた選択肢です。

このガイドでは、Ubuntu14.04上のApacheWebサーバーでWordPressインスタンスをセットアップすることに焦点を当てます。

前提条件

このガイドを開始する前に、サーバーで完了する必要のある重要な手順がいくつかあります。

これらの手順は、sudo権限を持つroot以外のユーザーとして進められるため、使用可能にする必要があります。 Ubuntu 14.04初期サーバーセットアップガイドの手順1〜4に従って、sudo権限を持つユーザーを作成する方法を確認できます。

さらに、VPSインスタンスにLAMP(Linux、Apache、MySQL、およびPHP)スタックをインストールする必要があります。 これらのコンポーネントがまだインストールおよび構成されていない場合は、このガイドを使用して、 Ubuntu14.04にLAMPをインストールする方法を学ぶことができます。

これらの手順が完了したら、このガイドを続行できます。

ステップ1—WordPress用のMySQLデータベースとユーザーを作成する

私たちがとる最初のステップは準備です。 WordPressは、リレーショナルデータベースを使用して、サイトとユーザーの情報を管理および保存します。

この機能を提供できるMySQLがインストールされていますが、WordPressが動作するデータベースとユーザーを作成する必要があります。

開始するには、次のコマンドを発行してMySQLルート(管理)アカウントにログインします。

mysql -u root -p

ソフトウェアのインストール時に、MySQLルートアカウントに設定したパスワードの入力を求められます。 次に、MySQLコマンドプロンプトが表示されます。

まず、WordPressが制御できる別のデータベースを作成できます。 これは好きなように呼び出すことができますが、説明的で単純なため、wordpressと呼びます。 次のコマンドを入力して、データベースを作成します。

CREATEDATABASEワードプレス;

すべてのMySQLステートメントはセミコロン(;)で終了する必要があるため、問題が発生した場合は、これが存在することを確認してください。

次に、新しいデータベースを操作するためだけに使用する別のMySQLユーザーアカウントを作成します。 管理とセキュリティの観点から、1つの機能を持つデータベースとアカウントを作成することをお勧めします。

wordpressuserを作成している新しいアカウントに電話をかけ、passwordのパスワードを割り当てます。 インストールのパスワードを確実に変更し、ユーザーに任意の名前を付けることができます。 これは、ユーザーを作成するために必要なコマンドです。

ユーザーの作成wordpressuser  @localhost  IDENTIFIEDBY'パスワード';

この時点で、データベースとユーザーアカウントがあり、それぞれがWordPress用に特別に作成されています。 ただし、これら2つのコンポーネントにはまだ関係がありません。 ユーザーはデータベースにアクセスできません。

次のコマンドを使用して、データベースへのアクセスをユーザーアカウントに許可することで、これを修正しましょう。

 WordPressのすべての特権を付与します。*wordpressuser @localhost  ;

これで、ユーザーはデータベースにアクセスできます。 MySQLの現在のインスタンスが、最近行った特権の変更を認識できるように、特権をフラッシュする必要があります。

FLUSH PRIVILEGES;

これですべての設定が完了しました。 次のように入力して、MySQLプロンプトを終了できます。

exit

これで、通常のコマンドプロンプトに戻るはずです。

ステップ2—WordPressをダウンロードする

次に、プロジェクトのWebサイトから実際のWordPressファイルをダウンロードします。

幸い、WordPressチームは常に最新の安定バージョンのソフトウェアを同じURLにリンクしているため、次のように入力することで最新バージョンのWordPressを入手できます。

cd ~
wget http://wordpress.org/latest.tar.gz

これにより、WordPressファイルのアーカイブディレクトリの内容を含む圧縮ファイルがホームディレクトリにダウンロードされます。

次のように入力することで、ファイルを抽出して必要なWordPressディレクトリを再構築できます。

tar xzvf latest.tar.gz

これにより、ホームディレクトリにwordpressというディレクトリが作成されます。

ダウンロード中に、必要なパッケージをさらにいくつか入手する必要があります。 ローカルパッケージインデックスを更新した後、Ubuntuのデフォルトリポジトリからこれらを直接取得できます。

sudo apt-get update
sudo apt-get install php5-gd libssh2-php

これにより、画像を操作したり、SSHログイン資格情報を使用してプラグインをインストールしたりサイトの一部を更新したりできるようになります。

ステップ3—WordPressを設定する

これから行う構成のほとんどは、後でWebインターフェースを介して行われます。 ただし、これを起動して実行する前に、コマンドラインからいくつかの作業を行う必要があります。

解凍したWordPressディレクトリに移動することから始めます。

cd ~/wordpress

必要な構成にほぼ一致するサンプル構成ファイルがデフォルトで含まれています。 ただし、WordPressにファイルを認識させるには、デフォルトの構成ファイルの場所にコピーする必要があります。 次のように入力して、今すぐ実行してください。

cp wp-config-sample.php wp-config.php

使用する構成ファイルができたので、インストールを保護するのに役立ついくつかの秘密鍵を生成できます。 WordPressは、これらの値の安全なジェネレーターを提供するため、自分で適切な値を考え出す必要はありません。 これらは内部でのみ使用されるため、ここで複雑で安全な値を使用してもユーザビリティが損なわれることはありません。

WordPressの秘密鍵ジェネレーターから安全な値を取得するには、次のように入力します。

curl -s https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/

次のような一意の値が返されます。

警告!毎回一意の値を要求することが重要です。 以下に示す値をNOTコピーしないでください!

Output
define('AUTH_KEY', '1jl/vqfs<XhdXoAPz9 DO NOT COPY THESE VALUES c_j{iwqD^<+c9.k<[email protected]'); define('SECURE_AUTH_KEY', 'E2N-h2]Dcvp+aS/p7X DO NOT COPY THESE VALUES {Ka(f;rv?Pxf})CgLi-3'); define('LOGGED_IN_KEY', 'W(50,{W^,OPB%PB<JF DO NOT COPY THESE VALUES 2;y&,2m%3]R6DUth[;88'); define('NONCE_KEY', 'll,4UC)7ua+8<!4VM+ DO NOT COPY THESE VALUES #`DXF+[$atzM7 o^-C7g'); define('AUTH_SALT', 'koMrurzOA+|L_lG}kf DO NOT COPY THESE VALUES 07VC*Lj*lD&?3w!BT#-'); define('SECURE_AUTH_SALT', 'p32*p,]z%LZ+pAu:VY DO NOT COPY THESE VALUES C-?y+K0DK_+F|0h{!_xY'); define('LOGGED_IN_SALT', 'i^/G2W7!-1H2OQ+t$3 DO NOT COPY THESE VALUES t6**bRVFSD[Hi])-qS`|'); define('NONCE_SALT', 'Q6]U:K?j4L%Z]}h^q7 DO NOT COPY THESE VALUES 1% ^qUswWgn+6&xqHN&%');

これらは、安全なキーを設定するために構成ファイルに直接貼り付けることができる構成行です。 今受け取った出力をコピーします。

次に、構成ファイルをテキストエディタで開きます。

nano wp-config.php

それらの設定のダミー値を含むセクションを見つけます。 次のようになります。

. . .
#define('AUTH_KEY',         'put your unique phrase here');
#define('SECURE_AUTH_KEY',  'put your unique phrase here');
#define('LOGGED_IN_KEY',    'put your unique phrase here');
#define('NONCE_KEY',        'put your unique phrase here');
#define('AUTH_SALT',        'put your unique phrase here');
#define('SECURE_AUTH_SALT', 'put your unique phrase here');
#define('LOGGED_IN_SALT',   'put your unique phrase here');
#define('NONCE_SALT',       'put your unique phrase here');
. . .

これらの行を削除し、コマンドラインからコピーした値を貼り付けます。

/var/www/html/wp-config.php
. . .

define('AUTH_KEY',         'VALUES COPIED FROM THE COMMAND LINE');
define('SECURE_AUTH_KEY',  'VALUES COPIED FROM THE COMMAND LINE');
define('LOGGED_IN_KEY',    'VALUES COPIED FROM THE COMMAND LINE');
define('NONCE_KEY',        'VALUES COPIED FROM THE COMMAND LINE');
define('AUTH_SALT',        'VALUES COPIED FROM THE COMMAND LINE');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'VALUES COPIED FROM THE COMMAND LINE');
define('LOGGED_IN_SALT',   'VALUES COPIED FROM THE COMMAND LINE');
define('NONCE_SALT',       'VALUES COPIED FROM THE COMMAND LINE');

. . .

その後、変更する必要があるのは、データベース情報を保持するパラメーターのみです。

WordPressが作成したデータベースに正しく接続して認証するには、DB_NAMEDB_USERDB_PASSWORDの設定を見つける必要があります。

これらのパラメーターの値に、作成したデータベースの情報を入力します。 次のようになります。

//**MySQL設定-この情報はウェブホストから取得できます**///**WordPressのデータベースの名前*/define('DB_NAME'、' wordpress ');

/**MySQLデータベースのユーザー名*/define(’DB_USER’、’ wordpressuser ‘);

/**MySQLデータベースのパスワード*/define(’DB_PASSWORD’、’ password ‘);