前書き

WordPressは人気のあるオープンソースのコンテンツ管理システム(CMS)であり、ブログを簡単にセットアップするために使用できます。 プラグインとテンプレートのサポートにより、ユーザーは特定のニーズに合わせて機能を拡張できる非常に柔軟なシステムです。 WordPressは、基本的なブログから完全な機能を備えたeコマースサイトまで、あらゆるものをサポートするようにカスタマイズできます。

このチュートリアルでは、FreeBSD 10.1上のApache WebサーバーでWordPressをセットアップする方法を示します。

前提条件

このガイドを始める前に、FAMP(FreeBSD、Apache、MySQL、およびPHP)スタックサーバーのセットアップが必要です。 このWordPressインストールチュートリアルは、このFAMPチュートリアルに基づいています:https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-an-apache-mysql-and-php-famp-stack-on-freebsd-10 -1 [FreeBSD 10.1にApache、MySQL、およびPHP(FAMP)スタックをインストールする方法]。

このチュートリアルでは、WebサイトのルートからWordPressを提供することを想定しています。 + http:// example.com / +、およびApacheドキュメントルートが空であること(デフォルトの `+ index.html +`ファイルを除く)。

FAMPのセットアップをまだ行っていない場合は、このチュートリアルを続ける前にリンクされたガイドに従ってください。 このチュートリアルは、リンクされたFAMPガイドと同様に、PHP 5.6を使用することに注意してください。

ステップ1-追加のPHPモジュールをインストールする

既にPHP 5.6がインストールされていますが、WordPressが適切に機能するには追加のPHPモジュールが必要です。 これらの必要なPHPモジュールのインストールには、「+ pkg +」を使用します。

サーバーのコマンドプロンプトで、次のコマンドを使用して、必要なすべてのPHP 5.6モジュールをインストールします。

sudo pkg install php56-mysql \
php56-xml \
php56-hash \
php56-gd \
php56-curl \
php56-tokenizer \
php56-zlib \
php56-zip

これらの各モジュールにより、WordPressは特定のタスクを実行するためにさまざまな機能を使用できます。 たとえば、 `+ php56-gd `は画像処理用のライブラリを提供し、 ` php56-curl `はプラグインの更新などのタスクのためにWordPressが外部サーバーからファイルをダウンロードできるようにします。 また、前提条件のFAMPチュートリアルを実行した場合、WordPressがMySQLデータベースとやり取りできるようにするために、すでに ` php56-mysql +`をインストールしている必要があります。

ステップ2-MySQLデータベースを準備する

WordPressは、MySQLなどのリレーショナルデータベースを使用して、サイトおよびユーザー情報を管理および保存します。 このステップでは、WordPressが使用するMySQLデータベースとユーザーを準備します。

次のコマンドを発行して、MySQL管理アカウント「+ root +」にログインします。

mysql -u root -p

MySQLを最初にインストールしたときに、MySQLルートアカウントに設定したパスワードの入力を求められます。 パスワードを入力した後、* MySQLコマンドプロンプト*を入力します。

次に、WordPressがデータを保存するために使用するMySQLデータベースを作成します。 これは好きなように呼び出すことができますが、この例では、 `+ wordpress +`を呼び出します。 MySQLプロンプトで、次のSQLステートメントを入力してデータベースを作成します。

CREATE DATABASE ;

すべてのMySQLステートメントは、実行する前にセミコロン( +; +)で終わる必要があることに注意してください。

次に、作成したデータベースとやり取りするためにWordPressが使用するMySQLユーザーアカウントを作成します。 この例では、新しいユーザー「+ wordpressuser 」をパスワード「 password +」で呼び出します。 パスワードをより安全なものに変更する必要があります。必要に応じて別のユーザー名を使用できます。 このSQLステートメントはサンプルユーザーを作成します。

CREATE USER @localhost IDENTIFIED BY '';

この時点で、MySQLデータベースとWordPressが使用するユーザーができました。 ただし、ユーザーにデータベースへのアクセスを許可する必要があります。 これを行うには、次のSQLステートメントを使用します。

GRANT ALL PRIVILEGES ON .* TO @localhost;

この特権の変更が有効になる前に、このSQLステートメントで特権をフラッシュする必要があります。

FLUSH PRIVILEGES;

MySQLプロンプトを終了します。

exit

これで、MySQLデータベースとユーザーを新しいWordPressインストールで使用する準備が整いました。 今すぐWordPressをダウンロードしましょう。

ステップ3-Wordpressのダウンロード

次に、プロジェクトのWebサイトからWordPressファイルをダウンロードする必要があります。

WordPressの最新の安定版リリースのアーカイブは、常に同じURLから入手できます。 次のコマンドを使用して、ホームディレクトリにダウンロードします。

cd ~
fetch http://wordpress.org/latest.tar.gz

次のコマンドでアーカイブを抽出します。

tar xvf latest.tar.gz

これにより、アーカイブの内容がホームディレクトリの「+ wordpress +」というディレクトリに抽出されます。

必要に応じて、WordPressアーカイブを今すぐ削除できます。

rm latest.tar.gz

ステップ4-WordPressの構成

WebサーバーからWordPressにアクセスできるようにする前に、以前に作成したデータベースに接続できるようにWordPressを構成する必要があります。

まず、 `+ wordpress`ディレクトリに移動します:

cd ~/wordpress

設定を簡単にするために、提供されているサンプル設定「+ wp-config-sample.php 」に基づいてWordPressの設定を行いましょう。 サンプルをデフォルトのWordPress設定ファイルである ` wp-config.php +`にコピーします。

cp wp-config-sample.php wp-config.php

ここで、エディターで構成ファイルを開きます。 この目的のために `+ vi +`を使用しますが、お好みのエディターを自由に使用してください。

vi wp-config.php

必要な変更は、MySQLの設定のみです。 次のパラメーターの値を更新する必要があります。

  • + DB_NAME +

  • + DB_USER +

  • + DB_PASSWORD +

これらは、前の手順で準備したMySQLデータベースとユーザーに対応しています。 以下の行を探し、データベース名、ユーザー、およびパスワードで強調表示された部分を更新します。

// ** MySQL settings - You can get this info from your web host ** //
/** The name of the database for WordPress */
define('DB_NAME', '');

/** MySQL database username */
define('DB_USER', '');

/** MySQL database password */
define('DB_PASSWORD', '');

保存して終了。

ステップ5-ファイルをApacheドキュメントルートにコピーする

WordPressアプリケーションがデータベースに接続するように設定されたので、Apacheの `+ DocumentRoot +`ディレクトリにコピーして、サイトの訪問者に提供できるようにする必要があります。

前提条件のFAMPチュートリアルに従った場合、Apacheのドキュメントルートは `+ / usr / local / www / apache24 / data +`にあります。ドキュメントルートが他の場所にある場合は、このコマンドの強調表示されたパスを更新してくださいセクション。

`+ cp +`コマンドを使用して、WordPressファイルをApacheのドキュメントルートにコピーしましょう。

sudo cp -rp ~/wordpress/* /

次に、WordPressファイルの所有権を、Apacheプロセスを実行するユーザーの名前である「+ www +」ユーザーとグループに変更します。これにより、Apacheは適切なアクセス権を持ちます。

sudo chown -R www:www /*

これで、ApacheがWordPressファイルを提供しているので、WordPressの使用を開始する準備がほぼ整いました。

ステップ6-WordPressインストールスクリプトを実行する

次のステップは、WordPressインストールスクリプトを実行することです。 スクリプトは、WordPressサイトに関するいくつかの質問をしてから、データベースを初期化します。

ウェブブラウザで、サーバーのドメイン名またはパブリックIPアドレスに移動します。 たとえば、ここでは「example.com」を使用します。

http://

WordPressサイトに初めてアクセスすると、言語選択画面が表示されます。 使用する言語を選択して、[続行]ボタンをクリックします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/freebsd_wordpress/language_select.png [言語選択]

次に、WordPressのインストールページが表示されます。ここでは、_Site Title_を選択し、管理ユーザー名とパスワードを設定します。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/freebsd_wordpress/install.png [WordPressのインストール]

サイト情報を入力します。 完了したら、[WordPressのインストール]ボタンをクリックします。

WordPressはインストールを確認し、作成したアカウントでログインするように求めます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/freebsd_wordpress/installation_complete.png [インストール完了]

画面の下部にある[ログイン]ボタンをクリックし、ログイン(作成したログイン)を入力します。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/freebsd_wordpress/login.png [ログイン]

*ログイン*ボタンをクリックして、WordPressサイトの管理_ダッシュボード_にログインします。

画像:https://assets.digitalocean.com/articles/freebsd_wordpress/dashboard.png [ダッシュボード]

おめでとうございます。 WordPressサイトが稼働しています。 かなりパーマリンクを設定したい場合は読み続けてください。

ステップ7(オプション)-パーマリンクを構成する

デフォルトでは、WordPressは、投稿IDを参照するURLで新しい投稿を作成します。 たとえば、2番目の投稿には、次のようなURLが含まれます。

http:///?p=2

WordPressには、URLを人間が読める形式に書き換える「きれいな」パーマリンクを作成する機能があります。 たとえば、次のように、投稿のタイトルに対応するURLを使用するようにWordPressを設定できます。

http:///my-second-post/

パーマリンクの設定を変更するには、Apacheを構成してからWordPressの設定を構成する必要があります。

URLの書き換えを許可するようにApacheを構成する

最初に、Apache _rewrite_モジュールを有効にする必要があります。

編集のためにApache構成ファイルを開きます。 このファイルは `+ / usr / local / etc / apache24 / httpd.conf +`にあると仮定しています:

sudo vi /usr/local/etc/apache24/httpd.conf

`#`を削除して、 `+#LoadModule rewrite_module …​ +`行を見つけてコメント解除します。これは次のようになります。

LoadModule rewrite_module libexec/apache24/mod_rewrite.so

次に、WordPressが `+ .htaccess +`オーバーライドを実行できるようにApache設定を変更する必要があります。

`+ <Directory” / usr / local / www / apache24 / data “> `セクションを見つけ、その中に ` AllowOverride None `ディレクティブを見つけます。 ` AllowOverride `を ` All +`に設定すると、次のようになります。

   AllowOverride

保存して終了。

次に、Apacheを再起動して、変更を有効にします。

sudo service apache24 restart

これでApacheはURLの書き換えを許可するように設定されましたが、パーマリンクの設定を再設定するためにWordPressが使用する `+ .htaccess +`ファイルを作成する必要があります。

.htaccessファイルを作成する

Apacheが `+ .htaccess +`ファイルによる書き換えを許可するように設定されたので、WordPressがパーマリンクルールを書き込む実際のファイルを作成する必要があります。

ドキュメントルートパスに変更します。 ドキュメントルートが `+ / usr / local / www / apache24 / data +`にあると仮定して、次のコマンドを使用します。

cd /usr/local/www/apache24/data

ドキュメントルートに `+ .htaccess +`ファイルを作成します。

sudo touch .htaccess

次に、ファイルの所有権を「+ www +」ユーザーとグループに変更し、WordPressにファイルへの書き込み権限を付与します。

sudo chown www:www .htaccess

これで、WordPressダッシュボードを使用してパーマリンク設定を再構成できます。

WordPressのパーマリンク設定を変更する

サーバー側の変更が完了したら、WordPress管理インターフェイス(ダッシュボード)からパーマリンク設定を簡単に調整できます。 これは、 `+ / wp-admin +`リンクからアクセスできます。例:

http:///wp-admin/

左側の[設定]メニューの下で、[パーマリンク]リンクをクリックします。

画像:https://assets.digitalocean.com/articles/freebsd_wordpress/permalinks_link.png [パーマリンクリンク]

作成済みのパーマリンク設定を選択するか、独自のパーマリンク設定を作成できます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/freebsd_wordpress/permalink_settings.png [パーマリンク設定]

選択したら、ページの下部にある[変更を保存]ボタンをクリックします。 これにより書き換えルールが生成され、前に作成した `+ .htaccess +`ファイルに書き込まれます。

次のようなメッセージが表示されるはずです。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/freebsd_wordpress/permalinks_updated.png [パーマリンク構造が更新されました]

これで、新しいパーマリンク設定が機能するはずです。 投稿の1つにアクセスし、URLを観察してテストします。

結論

これで、FreeBSD 10.1クラウドサーバー上でApacheが稼働しているWordPressインスタンスができました。