ステータス:非推奨

この記事では、サポートされなくなったバージョンのCentOSについて説明します。 現在CentOS6を実行しているサーバーを運用している場合は、サポートされているバージョンのCentOSにアップグレードまたは移行することを強くお勧めします。

理由:
CentOS 6は、2020年11月30日に保守終了(EOL)に達しました and no longer receives security patches or updates. For this reason, this guide is no longer maintained.

代わりに参照してください:
このガイドは参照として役立つ場合がありますが、他のCentOSリリースでは機能しない場合があります。 可能な場合は、使用しているCentOSのバージョン用に作成されたガイドを使用することを強くお勧めします。

WordPressについて

WordPressは、phpとMySQLを使用する無料のオープンソースWebサイトおよびブログツールです。 2003年に作成され、それ以降、作成されたすべての新しいWebサイトを22 % o fで管理するように拡張され、機能をカスタマイズするための20,000を超えるプラグインがあります。

設定

このチュートリアルの手順では、ユーザーが仮想プライベートサーバーに対するroot権限を持っている必要があります。 手順3と4で、ここを設定する方法を確認できます。

WordPressを使用する前に、VPSにLEMPをインストールする必要があります。 サーバーにLinux、nginx、MySQL、PHPスタックが’ない場合は、ここにセットアップのチュートリアルがあります。

ユーザーと必要なソフトウェアを入手したら、wordpressのインストールを開始できます!

ステップ1-WordPressをダウンロードする

WordPressは彼らのウェブサイトから直接ダウンロードできます:

wget http://wordpress.org/latest.tar.gz

このコマンドは、zip形式のwordpressパッケージをユーザーのホームディレクトリに直接ダウンロードします。 次の行で解凍できます。

tar -xzvf latest.tar.gz 

ステップ2—WordPressデータベースとユーザーを作成する

WordPressファイルを解凍すると、ホームディレクトリのwordpressというディレクトリに保存されます。

次に、ギアを少し切り替えて、WordPress用の新しいMySQLディレクトリを作成する必要があります。

先に進み、MySQLシェルにログインします。

mysql -u root -p

MySQLのrootパスワードを使用してログインします。次に、そのデータベースにユーザーであるWordPressデータベースを作成し、そのユーザーに新しいパスワードを与える必要があります。 すべてのMySQLコマンドはセミコロンで終了する必要があることに注意してください。

まず、データベースを作成しましょう(わかりやすくするために、私のワードプレスと呼んでいます。任意の名前を付けてください)。

CREATE DATABASE wordpress;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

次に、新しいユーザーを作成する必要があります。 データベース、名前、およびパスワードは、好きなものに置き換えることができます。

CREATE USER [email protected];
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

新しいユーザーのパスワードを設定します。

SET PASSWORD FOR [email protected]= PASSWORD("password");
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

新しいユーザーにすべての権限を付与して終了します。 このコマンドがないと、WordPressインストーラーは起動できません。

GRANT ALL PRIVILEGES ON wordpress.* TO [email protected] IDENTIFIED BY 'password';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

次に、MySQLを更新します。

FLUSH PRIVILEGES;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

MySQLシェルを終了します。

exit

ステップ3—WordPress構成をセットアップする

最初のステップは、WordPressディレクトリにあるサンプルのWordPress構成ファイルを、編集する新しいファイルにコピーして、新しい使用可能なWordPress構成を作成することです。

cp ~/wordpress/wp-config-sample.php ~/wordpress/wp-config.php

次に、wordpressconfigを開きます。

sudo nano ~/wordpress/wp-config.php

以下のフィールドを含むセクションを見つけて、データベース、ユーザー名、およびパスワードを正しい名前に置き換えてください。

// ** MySQL settings - You can get this info from your web host ** //
/** The name of the database for WordPress */
define('DB_NAME', 'wordpress');

/** MySQL database username */
define('DB_USER', 'wordpressuser');

/** MySQL database password */
define('DB_PASSWORD', 'password');

保存して終了。

ステップ4-ファイルをコピーする

WordPressのサーバーへのアップロードはほぼ完了しました。 WordPressファイルを保存するディレクトリを作成する必要があります。

sudo mkdir -p /var/www/wordpress

残っている最後の動きは、解凍したWordPressファイルをWebサイトのルートディレクトリに転送することです。

sudo cp -r ~/wordpress/* /var/www/wordpress

/var/wwwの権限を変更して、Wordpressプラグインの将来の自動更新とSFTPを使用したファイル編集を可能にすることができます。 これらの手順を実行しないと、いずれかのタスクを実行しようとしたときに、「要求されたアクションを実行するには、接続情報が必要です」というエラーメッセージが表示される場合があります。

まず、Webディレクトリに切り替えます。

cd /var/www/

ディレクトリの所有権をnginxユーザーに付与し、「username」をサーバーユーザーの名前に置き換えます。

sudo chown nginx:nginx * -R
sudo usermod -a -G nginx username

ステップ5—Nginxサーバーブロックを設定する

次に、WordPress仮想ホストを設定する必要があります。 WordPressのインストールには追加の手順がありますが、nginxWebサイトには簡単な構成ファイルがあります。

デフォルトのnginxデフォルトhostsファイルを開きます。

sudo vi /etc/nginx/conf.d/default.conf

構成には、以下の変更を含める必要があります(変更の詳細は構成情報の下にあります)。

#
# The default server
#
server {
    listen       80;
    server_name  _;

    #charset koi8-r;

    #access_log  logs/host.access.log  main;

    location / {
        root   /var/www/wordpress;
        index index.php  index.html index.htm;
    }

    error_page  404              /404.html;
    location = /404.html {
        root   /usr/share/nginx/html;
    }

    # redirect server error pages to the static page /50x.html
    #
    error_page   500 502 503 504  /50x.html;
    location = /50x.html {
        root   /usr/share/nginx/html;
    }

    # proxy the PHP scripts to Apache listening on 127.0.0.1:80
    #
    #location ~ \.php$ {
    #    proxy_pass   http://127.0.0.1;
    #}

    # pass the PHP scripts to FastCGI server listening on 127.0.0.1:9000
    #
    location ~ \.php$ {
        root           /var/www/wordpress;
        fastcgi_pass   127.0.0.1:9000;
        fastcgi_index  index.php;
        fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root$fastcgi_script_name;
        include        fastcgi_params;
    }

    # deny access to .htaccess files, if Apache's document root
    # concurs with nginx's one
    #
    #location ~ /\.ht {
    #    deny  all;
    #}
}
  • 変更の詳細は次のとおりです。これらの一部はすでに有効になっている可能性があります。
  • インデックス行内にindex.phpを追加します。
  • ルートを/var/ www/wordpressに変更します。
  • 「location〜 \ .php $ {」で始まるセクションのコメントを解除し、
  • ルートを変更して、実際のドキュメントルート/ var / www/wordpressにアクセスします。
  • fastcgi_param行を変更して、PHPインタープリターがドキュメントルートホームに保存したPHPスクリプトを見つけられるようにします。

変更を有効にするには、nginxを保存して終了し、再起動します。

sudo service nginx restart

ステップ6-結果:WordPressインストールにアクセスする

それがすべて完了すると、ワードプレスのオンラインインストールページが表示され、あなたを待っています:

サイトのドメインまたは仮想プライベートサーバーのIPアドレス(例: example.com)と短いオンラインフォームに記入します( this のようになります)。

続きを見る

WordPressをインストールすると、サイトを構築するための強力な基盤が得られます。

サイトの情報を暗号化したい場合は、SSL証明書のインストールができます。

EtelSverdlov著