ステータス:非推奨

この記事では、サポートされなくなったバージョンのUbuntuについて説明します。 現在Ubuntu12.04を実行しているサーバーを運用している場合は、サポートされているバージョンのUbuntuにアップグレードまたは移行することを強くお勧めします。

理由:
Ubuntu 12.04は2017年4月28日に保守終了(EOL)に達しました and no longer receives security patches or updates. This guide is no longer maintained.

代わりに参照してください:
このガイドは参照として役立つ場合がありますが、他のUbuntuリリースでは機能しない場合があります。 可能な場合は、使用しているUbuntuのバージョン用に作成されたガイドを使用することを強くお勧めします。 ページ上部の検索機能を使用して、より新しいバージョンを見つけることができます。

序章

Zシェル(zsh)は、Linuxおよびその他のUnixライクなオペレーティングシステム用のシェルです。 これは、従来のbashシェルのドロップイン代替品として構築されています。 zshは、最新のオートコンプリートとオートコレクト、強力なスクリプト機能、およびモジュールによる拡張性を提供します。

このガイドでは、Ubuntu 12.04クラウドサーバーにzshをインストールし、いくつかの便利なデフォルトで構成します。 次に、zshをデフォルトのシェルとして強力な候補にする可能性のあるいくつかの機能について説明します。

インストール

zshはUbuntuのデフォルトのリポジトリにあるため、インストールは非常に簡単で簡単です。

sudo apt-get update
sudo apt-get install zsh

現在、VPSにzshがありますが、まだ何も起きていません。 今のところ、他のプログラムと同じようにzshを起動する必要があります。 後で、慣れてきたらデフォルトのシェルをzshに変更する方法について説明します。 始めましょう。

zsh

zshを実行するのはこれが初めてなので、Zシェルセッションにすぐにドロップされることはありません。 代わりに、いくつかの適切なデフォルト構成設定を選択するのに役立つメニューが表示されます。 オプション(1)を選択することをお勧めします。

(1)  Continue to the main menu.

構成ファイルで必要なもののいくつかを選択できる新しいメニューが表示されます。 最初の3つのオプションについては、何かを変更する理由がない限り、おそらく推奨される構成に従う必要があります。

明確でないかもしれないことの1つは、各オプションを選択し、それを構成に追加するように設定する必要があるということです。 zsh-newuser-installスクリプト(現在表示しているメニューシステム)は、推奨されている場合でも、デフォルトでは構成設定を追加しません。

〜/ .zshrcファイルを編集することでこれらの設定を簡単に変更できることに注意してください。そのため、現時点で不明な点がある場合でも、あまり心配する必要はありません。

最初の3つのメニュー項目のデフォルトオプションを選択し、選択(4)を使用していくつかのシェルオプションに移動します。 したがって、最初の3つのメニュー項目を確認し、デフォルトで設定してください。 選択内容に続いて、最初の3つの項目に「(未保存の変更)」のマークを付ける必要があります。

(1)  Configure settings for history, i.e. command lines remembered
     and saved by the shell.  (Unsaved changes.)

(2)  Use the new completion system.  (Unsaved changes.)

(3)  Configure how keys behave when editing command lines.  (Unsaved changes.)

次に、項目(4)でいくつかのオプションを設定します。 メニューからこれを選択します。

(4)  Pick some of the more common shell options.  These are simple "on"
     or "off" switches controlling the shell's features.

このサブメニューでは、オプション1、2、および3をオンにします。 これを行うには、各項目を選択し、適切なサブメニューが表示されたら「s」を押してオンにします。

完了すると、メニューは次のようになります。

# (1) Change directory given just path.
setopt autocd                                               (set but not saved)
# (2) Use additional pattern matching features.
setopt extendedglob                                         (set but not saved)
# (3) Append new history lines instead of overwriting.
setopt appendhistory                                        (set but not saved)

このメニューの他のオプションはあなたの個人的な好み次第です。 必要に応じて、自由に調整してください。 終了したら、(0)と入力して変更を保存し、メインメニューに戻ります。

(0)  Remember edits and return to main menu (does not save file yet)

この時点で、メニューを使用した初期構成が完了しました。 (0)と入力して終了し、設定を保存できます。

(0)  Exit, saving the new settings.  They will take effect immediately.

ついに初めてzshにドロップされました。 zsh-newuser-installスクリプトによって生成された構成ファイルを確認してみましょう。

nano ~/.zshrc

これまでのところかなり良さそうです。 これは、後でzshの動作方法を変更する場合に編集するファイルです。

プロンプトを変更して、今すぐ試してみましょう。 ctrl-Xを使用してnanoを終了するか、新しいzshセッションを開始して、さまざまなオプションを試す必要があります。 zshプロンプトに戻ったら、これを入力します。

autoload -U promptinit
promptinit

これで、プロンプトスタイリングメカニズムがロードされました。 試してみるデフォルトのスタイルの1つを選択しましょう。 使用可能なスタイルのリストを取得するには、プロンプトに次のように入力します。

prompt -l
adam1 adam2 bart bigfade clint elite2 elite fade fire off oliver pws redhat suse walters zefram

これにより、利用可能なプロンプトテーマのリストが表示されます。 「クリント」テーマを試してみましょう。

prompt clint

新しいテーマを反映するためのプロンプトの変更が表示されます。 必要なものが見つかったら、それを.zshrcに追加して、永続的なデフォルトになるようにします。

nano ~/.zshrc

最後に、以下を追加します

autoload -U promptinit
promptinit
prompt clint

これで、次にVPSでzshを起動するときに、プロンプトが好きなように構成されます。

変更をすぐに利用できるようにするには、構成ファイルを入手する必要があります。

source ~/.zshrc

zshell ‘の機能の詳細については、zshellチュートリアルの使用方法を確認してください。

ジャスティン・エリングウッド