前書き

ownCloudは、デジタルライフをプライベートサーバーに保存するための有能なソリューションです。 デフォルトでは、データはオペレーティングシステムと同じパーティションに保存されるため、ディスクの空き容量が不足する可能性があります。 たとえば、高解像度の写真と高解像度のビデオが継続的にバックアップされると、スペースが不足しやすくなります。 ストレージのニーズが大きくなると、ownCloudの `+ data`ディレクトリを移動する必要が生じる場合があります。 スペースを追加する場合でも、デフォルトのストレージの場所を変更する場合でも、このチュートリアルでは、ownCloudの `+ data +`ディレクトリを再配置する方法を説明します。

前提条件

このガイドの使用を開始する前に、ownCloudサーバーをインストールして構成する必要があります。 https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-and-configure-owncloud-on-ubuntu-16-04 [このガイド]に従って設定することができます。 インストールガイドが使用された場合、 `+ data `ディレクトリはownCloudのウェブルートにあり、デフォルトでは ` / var / www / owncloud +`にあります。

この例では、ownCloudの + data`ディレクトリを、 + / mnt / owncloud`にマウントされている追加のストレージボリュームに移動しています。 DigitalOceanを使用している場合は、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-use-block-storage-on-digitalocean [How To DigitalOceanでブロックストレージを使用する]ガイド。

使用されている基礎となるストレージに関係なく、このガイドはownCloudの `+ data`ディレクトリを新しい場所に移動するのに役立ちます。

ステップ1 – ownCloudデータディレクトリの移動

ownCloudが使用中で、バックエンドの変更が行われている場合、データが破損または損傷する可能性があります。 それを防ぐために、 `+ systemctl +`ユーティリティでApacheを停止します:

sudo systemctl stop apache2

一部のサービス管理コマンドは出力を表示しません。 Apacheが実行されていないことを確認するには、 + status of`コマンドで + systemctl`ユーティリティを使用します。

sudo systemctl status apache2

出力の最後の行に、停止していることを示す必要があります。

Output. . .
Stopped LSB: Apache2 web server.

 
Apacheを停止した状態で、 + mv`コマンドを使用して + data`ディレクトリを新しい場所に移動します。

sudo mv /var/www/owncloud/data

`+ data +`ディレクトリを再配置したら、ownCloudを更新して、この変更を認識できるようにします。

ステップ2 – ownCloudが新しいデータの場所を指すようにする

ownCloudは設定を単一のファイルに保存し、 `+ data +`ディレクトリへの新しいパスで編集します。

`+ nano +`エディターでファイルを開きます:

sudo nano /var/www/owncloud/config/config.php

`+ datadirectory +`変数を見つけ、その値を新しい場所で更新します。

/var/www/owncloud/config/config.php

. . .
 'datadirectory' => '',
. . .

`+ data +`ディレクトリを移動し、構成ファイルを更新したら、新しいストレージの場所からファイルにアクセスできることを確認できます。

ステップ3 – Apacheの起動

これで、 `+ systemctl +`コマンドを使用してApacheを起動し、ownCloudへのアクセスを取り戻すことができます。

sudo systemctl start apache2

最後に、ownCloud Webインターフェースに移動します。

https:///owncloud

ownCloudはWebアプリケーションであり、その構成の整合性を検証する方法はありません。 したがって、Webインターフェースへのアクセスは、操作が成功したことを意味します。

結論

このチュートリアルでは、ownCloudで使用可能なディスク容量を拡張しました。 `+ data `ディレクトリを追加のストレージボリュームに移動することでこれを達成しました。 ブロックストレージデバイスを使用していましたが、ここでの手順は、使用されているテクノロジーに関係なく、「 data +」ディレクトリの再配置に適用できるはずです。