前書き

Linuxシステムで使用するための新しいディスクの準備は、迅速かつ簡単です。 特別なニーズがある場合、プロセスを複雑にする可能性のある多くのツール、ファイルシステム形式、およびパーティションスキームがありますが、すぐに起動して実行したい場合は、かなり簡単です。

このガイドでは、次のプロセスについて説明します。

  • システム上の新しいディスクを識別します。

  • ドライブ全体にまたがる単一のパーティションを作成します(ファイルシステムが1つしか存在しない場合でも、ほとんどのオペレーティングシステムはパーティションレイアウトを想定しています)

  • Ext4ファイルシステムでパーティションをフォーマットする(ほとんどの最新のLinuxディストリビューションのデフォルト)

  • 起動時のファイルシステムの自動マウントのマウントとセットアップ

ツールをインストールする

ドライブをパーティション分割するには、「+ parted +」ユーティリティを使用します。 ほとんどの場合、これはすでにサーバーにインストールされています。

UbuntuまたはDebianサーバーを使用していて、まだ「+ parted +」がない場合は、次のように入力してインストールできます。

sudo apt-get update
sudo apt-get install parted

CentOSまたはFedoraサーバーを使用している場合は、次のように入力してインストールできます。

sudo yum install parted

システム上の新しいディスクを識別する

ドライブをセットアップする前に、サーバー上で適切に識別することができる必要があります。

これが完全に新しいドライブである場合、サーバー上でそれを見つける最も簡単な方法は、パーティションスキームがないことを探すことです。 ディスクのパーティションレイアウトを一覧表示するように「+ parted +」を要求すると、有効なパーティション構成を持たないディスクについてエラーが発生します。 これは、新しいディスクを識別するのに役立ちます。

sudo parted -l | grep Error

パーティション化されていない新しいディスクに対して、「+ unrecognized disk label +」エラーが表示されるはずです。

OutputError: : unrecognised disk label

`+ lsblk +`コマンドを使用して、パーティションが関連付けられていない正しいサイズのディスクを探すこともできます。

lsblk
OutputNAME   MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT

vda    253:0    0    20G  0 disk
└─vda1 253:1    0    20G  0 part /

警告

カーネルがディスクに割り当てた名前がわかったら、ドライブをパーティション分割できます。

新しいドライブをパーティション分割する

概要で述べたように、このガイドではディスク全体にまたがる単一のパーティションを作成します。

パーティション標準を選択してください

これを行うには、まず、使用するパーティション標準を指定する必要があります。 GPTは最新のパーティション分割標準であり、MBR標準はオペレーティングシステム間でより広範なサポートを提供します。 特別な要件がない場合は、おそらくこの時点でGPTを使用することをお勧めします。

  • GPT *標準を選択するには、次のように特定したディスクを渡します。

sudo parted  mklabel gpt
  • MBR *形式を使用する場合は、代わりに次のように入力します。

sudo parted  mklabel msdos

新しいパーティションを作成する

フォーマットを選択したら、次のように入力してドライブ全体にまたがるパーティションを作成できます。

sudo parted -a opt  mkpart primary ext4 0% 100%

`+ lsblk +`をチェックすると、新しいパーティションが利用可能になっているはずです。

lsblk
OutputNAME   MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sda      8:0    0   100G  0 disk

vda    253:0    0    20G  0 disk
└─vda1 253:1    0    20G  0 part /

新しいパーティションにファイルシステムを作成する

パーティションが利用可能になったので、Ext4ファイルシステムとしてフォーマットできます。 これを行うには、パーティションを `+ mkfs.ext4 +`ユーティリティに渡します。

`+ -L +`フラグを渡すことでパーティションラベルを追加できます。 この特定のドライブを識別するのに役立つ名前を選択します。

note

sudo mkfs.ext4 -L

後日パーティションラベルを変更したい場合は、 `+ e2label +`コマンドを使用できます。

sudo e2label

`+ lsblk +`でパーティションを識別するさまざまな方法をすべて見ることができます。 パーティションの名前、ラベル、およびUUIDを見つけたいです。

`+ lsblk +`の一部のバージョンでは、次のように入力すると、この情報がすべて出力されます。

sudo lsblk --fs

バージョンに適切なフィールドがすべて表示されていない場合は、手動で要求できます。

sudo lsblk -o NAME,FSTYPE,LABEL,UUID,MOUNTPOINT

このようなものが表示されるはずです。 強調表示された出力は、新しいファイルシステムを参照するために使用できるさまざまな方法を示しています。

OutputNAME   FSTYPE LABEL         UUID                                 MOUNTPOINT
sda
└─ ext4
vda
└─vda1 ext4   DOROOT        050e1e34-39e6-4072-a03e-ae0bf90ba13a /

新しいファイルシステムをマウントする

これで、使用するファイルシステムをマウントできます。

Filesystem Hierarchy Standardは、一時的にマウントされたファイルシステムに `+ / mnt `またはその下のサブディレクトリを使用することを推奨しています。 より永続的なストレージをどこにマウントするかについての推奨事項はないので、好きなスキームを選択できます。 このチュートリアルでは、ドライブを ` / mnt / data`の下にマウントします。

次のように入力してディレクトリを作成します。

sudo mkdir -p /mnt/data

ファイルシステムを一時的にマウントする

次のように入力して、ファイルシステムを一時的にマウントできます。

sudo mount -o defaults  /mnt/data

ブート時にファイルシステムを自動的にマウントする

サーバーが起動するたびにファイルシステムを自動的にマウントしたい場合、 `+ / etc / fstab +`ファイルを調整します:

sudo nano /etc/fstab

以前、ファイルシステムの3つのファイルシステム識別子を表示するために、 `+ sudo lsblk –fs +`コマンドを発行しました。 このファイルではこれらのいずれかを使用できます。 以下のパーティション_label_を使用しましたが、コメントアウトされた行の他の2つの識別子を使用して、行がどのように見えるかを確認できます。

/ etc / fstab

. . .
## Use one of the identifiers you found to reference the correct partition
# /dev/sda1 /mnt/data ext4 defaults 0 2
# UUID=4b313333-a7b5-48c1-a957-d77d637e4fda /mnt/data ext4 defaults 0 2
LABEL=datapartition /mnt/data ext4 defaults 0 2

Note

完了したら、ファイルを保存して閉じます。

以前にファイルシステムをマウントしていなかった場合は、次のように入力してマウントできます。

sudo mount -a

マウントのテスト

ボリュームをマウントしたら、ファイルシステムにアクセスできることを確認する必要があります。

ディスクが `+ df +`コマンドからの出力で利用可能かどうかを確認できます:

df -h -x tmpfs -x devtmpfs
OutputFilesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/vda1        20G  1.3G   18G   7% /

また、通常はExt *ファイルシステムのルートを示す + / mtn / data`ディレクトリ内に + lost + found`ディレクトリが表示されるはずです。

ls -l /mnt/data
Outputtotal 16
drwx------ 2 root root 16384 Jun  6 11:10 lost+found

また、テストファイルに書き込むことで、ファイルが読み取りおよび書き込み機能でマウントされていることを確認できます。

echo "success" | sudo tee /mnt/data/test_file

書き込みが正しく実行されたことを確認するために、ファイルを読み戻します。

cat /mnt/data/test_file
Outputsuccess

新しいファイルシステムが正しく機能していることを確認したら、ファイルを削除できます。

sudo rm /mnt/data/test_file

結論

これで、新しいドライブがパーティション化、フォーマット、マウントされ、使用できる状態になります。 これは、rawディスクをLinuxがストレージに使用できるファイルシステムに変換するために使用できる一般的なプロセスです。 パーティション化、フォーマット、およびマウントのより複雑な方法があり、それは場合によってはより適切かもしれませんが、上記は一般的な使用のための良い出発点です。