序章

Node.jsは、サーバー側およびネットワークアプリケーションを簡単に構築するためのオープンソースのJavascriptランタイム環境です。 プラットフォームはLinux、OS X、FreeBSD、およびWindowsで動作し、そのアプリケーションはJavaScriptで記述されています。 Node.jsアプリケーションはコマンドラインで実行できますが、サービスとして実行する方法を説明します。これにより、再起動または失敗時に自動的に再起動し、実稼働環境で使用できるようになります。

このチュートリアルでは、2台のCentOS7サーバーで構成される本番環境に対応したNode.js環境のセットアップについて説明します。 一方のサーバーはPM2によって管理されるNode.jsアプリケーションを実行し、もう一方のサーバーはユーザーにアプリケーションサーバーへのNginxリバースプロキシを介したアプリケーションへのアクセスを提供します。

このチュートリアルのUbuntuバージョンはここにあります。

前提条件

このガイドでは、(同じデータセンター内の)プライベートネットワークを備えた2台のCentOS7サーバーを使用します。 プライベートネットワークは、新しいサーバーの作成時に(Select additional optionsセクションで)構成できます。 それらを次の名前で参照します。

  • app :Node.jsランタイム、Node.jsアプリケーション、およびPM2をインストールするサーバー。
  • web :アプリケーションのリバースプロキシとして機能するNginxWebサーバーをインストールするサーバー。 ユーザーは、このサーバーのパブリックIPアドレスにアクセスして、Node.jsアプリケーションにアクセスします。

注:現在プライベートネットワークが構成されていない既存のサーバーを使用する場合は、DigitalOceanのドキュメント-ドロップレットでプライベートネットワークを有効にする方法を参照してください。

このガイドを開始する前に、両方のサーバーでsudo特権が構成された、root以外の通常のユーザーが必要です。これは、サーバーにログインするユーザーです。 CentOS 7 初期サーバーセットアップガイドに従って、通常のユーザーアカウントを構成する方法を学ぶことができます。

app サーバーで実行されるコマンド:

  1. an_example_command_on_app

web サーバーで実行されるコマンド:

  1. an_example_command_on_web

このチュートリアルでは単一のサーバーを使用することもできますが、途中でいくつかの変更を加える必要があります。 ローカルホストのIPアドレスを使用するだけです。 127.0.0.1appサーバーのプライベートIPアドレスが使用されている場合。

このチュートリアルに従った後のセットアップの図は次のとおりです。

Reverse Proxy to Node.js Application

パブリックIPアドレスではなくドメイン名を介してwebサーバーにアクセスできるようにする場合は、ドメイン名を購入してから、次のチュートリアルに従ってください。

Node.jsランタイムをappサーバーにインストールすることから始めましょう。

ステップ1—Node.jsをインストールする

Node.jsの最新のLTSリリースをappサーバーにインストールします。

sudo権限を持つ通常の非rootユーザーを使用して、appサーバーにSSHで接続します。

app サーバーで、curlを使用してNodeSourceRPMリポジトリ構成ファイルをダウンロードしましょう。

  1. curl -L -o nodesource_setup.sh https://rpm.nodesource.com/setup_10.x

CURLは、HTTPSプロトコルを使用して、セットアップスクリプトをサーバーにダウンロードします。出力には、ダウンロードに関連する情報が含まれます。

Output
% Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current Dload Upload Total Spent Left Speed 100 11109 100 11109 0 0 70128 0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 70757

次に、スクリプトの内容を確認する必要があります。 次のコマンドは、サーバーコンソールでNodeSourceセットアップスクリプトを開きます。次に、 NodeSourceセットアップスクリプト(NodeSource Distributions Githubリポジトリから)と相互参照して、正しくダウンロードされたスクリプトを確認できます。

  1. vi nodesource_setup.sh

ファイルに問題がなければ、:qからquitと入力してviを終了し、コマンドラインに戻ります。

次に、セットアップスクリプトを実行して、NodeSourceRPMリポジトリをインストールします。 これにより、yumパッケージマネージャー内からNodeSourceのリポジトリにアクセスできるようになります。

  1. sudo -E bash nodesource_setup.sh

スクリプトは、参照用にセットアップに関する情報を出力します。

Output
## Installing the NodeSource Node.js 10.x repo... ## Inspecting system... + rpm -q --whatprovides redhat-release || rpm -q --whatprovides centos-release || rpm -q --whatprovides cloudlinux-release || rpm -q --whatprovides sl-release + uname -m ## Confirming "el7-x86_64" is supported... + curl -sLf -o /dev/null 'https://rpm.nodesource.com/pub_10.x/el/7/x86_64/nodesource-release-el7-1.noarch.rpm' ## Downloading release setup RPM... + mktemp + curl -sL -o '/tmp/tmp.2aCcULVx8n' 'https://rpm.nodesource.com/pub_10.x/el/7/x86_64/nodesource-release-el7-1.noarch.rpm' ## Installing release setup RPM... + rpm -i --nosignature --force '/tmp/tmp.2aCcULVx8n' ## Cleaning up... + rm -f '/tmp/tmp.2aCcULVx8n' ## Checking for existing installations... + rpm -qa 'node|npm' | grep -v nodesource ## Run `sudo yum install -y nodejs` to install Node.js 10.x and npm. ## You may also need development tools to build native addons: sudo yum install gcc-c++ make ## To install the Yarn package manager, run: curl -sL https://dl.yarnpkg.com/rpm/yarn.repo | sudo tee /etc/yum.repos.d/yarn.repo sudo yum install yarn

Node.jsをインストールする前に、yumからキャッシュされたすべての情報をクリーンアップすることが重要です。 キャッシュをクリアすると、yumがネットワーク接続を使用して新しいNodeSourceリポジトリからNode.jsを取得するようになります(これにより、古いパッケージによって引き起こされる潜在的な競合が防止されます)。

  1. sudo yum clean all

次に、現在有効になっているyumリポジトリのすべてのメタデータをダウンロードして使用できるようにします。 これにより、yumクエリが可能な限り迅速に完了するようになります。

  1. sudo yum makecache fast

npmからネイティブアドオンをコンパイルしてインストールするには、ビルドツールもインストールする必要があります。

  1. sudo yum install -y gcc-c++ make

これで、Node.jsパッケージの最新リリースをインストールできます。

  1. sudo yum install -y nodejs

次のコマンドでバージョンを確認して、ノードがインストールされていることを確認します。

  1. node -v

出力には、実行しているバージョン番号が表示されます。

Output
v10.16.3

これでNode.jsランタイムがインストールされ、アプリケーションを実行する準備が整いました。 Node.jsアプリケーションを書いてみましょう。

ステップ2—Node.jsアプリケーションを作成する

次に、HTTPリクエストに"Hello World"を返すだけのHelloWorldアプリケーションを作成します。 これは、Node.jsのセットアップに役立つサンプルアプリケーションであり、独自のアプリケーションに置き換えることができます。適切なIPアドレスとポートでリッスンするようにアプリケーションを変更してください。

Node.jsアプリケーションでリバースプロキシサーバー( web )からのリクエストを処理する必要があるため、サーバー間通信にはappサーバーのプライベートネットワークインターフェイスを使用します。 appサーバーのプライベートネットワークアドレスを検索します。

サーバーとしてDigitalOceanDropletを使用している場合は、メタデータサービスを介してサーバーのプライベートIPアドレスを検索できます。 app サーバーで、curlコマンドを使用してIPアドレスを今すぐ取得します。

  1. curl -sw "\n" http://169.254.169.254/metadata/v1/interfaces/private/0/ipv4/address

Node.jsアプリケーションの構成に使用されるため、出力(プライベートIPアドレス)をコピーする必要があります。

次に、編集用にNode.jsアプリケーションを作成して開きます。 このチュートリアルでは、viを使用して、hello.jsというサンプルアプリケーションを編集します。

  1. vi hello.js

次のコードをファイルに挿入し、強調表示されたAPP_PRIVATE_IP_ADDRESSアイテムの両方をappサーバーのプライベートIPアドレスに置き換えてください。 必要に応じて、強調表示されたポート8080を両方の場所で置き換えることもできます(管理者以外のポートを使用してください。 1024以上):

hello.js
var http = require('http');
http.createServer(function (req, res) {
  res.writeHead(200, {'Content-Type': 'text/plain'});
  res.end('Hello World\n');
}).listen(8080, 'APP_PRIVATE_IP_ADDRESS');
console.log('Server running at http://APP_PRIVATE_IP_ADDRESS:8080/');

ここで、ESCを押して--INSERT--モードを終了し、次に:wqからwriteおよびquitを1つのコマンドで押して、保存して終了します。

このNode.jsアプリケーションは、指定されたIPアドレスとポートをリッスンし、200HTTP成功コードとともに"Hello World"を返します。 つまり、アプリケーションには、webサーバーなどの同じプライベートネットワーク上のサーバーからのみアクセスできます。

アプリケーションが機能するかどうかをテストする場合は、appサーバーで次のnodeコマンドを実行します。

  1. node hello.js

注:この方法でNode.jsアプリケーションを実行すると、CTRL+Cを押してアプリケーションが強制終了されるまで、追加のコマンドがブロックされます。

webサーバーがapp上のNode.jsアプリケーションと通信できることを最初にテストすると、Nginxのデバッグを大幅に節約できます。

アプリケーションをテストするには、別のターミナルセッションを開き、webサーバーに接続します。 Webサーバーは同じプライベートネットワーク上にあるため、curlを使用してappサーバーのプライベートIPアドレスに到達できるはずです。 appサーバーのプライベートIPアドレスをAPP_PRIVATE_IP_ADDRESSに置き換え、ポートを変更した場合は、次のように置き換えてください。

  1. curl http://APP_PRIVATE_IP_ADDRESS:8080

次の出力が表示された場合、アプリケーションは正常に動作しており、適切なIPアドレスとポートでリッスンしています。

Node Application Output
Hello World

適切な出力が表示されない場合は、Node.jsアプリケーションが実行されており、適切なIPアドレスとポートでリッスンするように構成されていることを確認してください。

app サーバーで、CTRL+Cを押してアプリケーションを強制終了してください。

ステップ3—PM2のインストールと使用

次に、Node.jsアプリケーションのプロセスマネージャーであるPM2をインストールします。 PM2は、アプリケーションを管理およびデーモン化する(サービスとして実行する)ための簡単な方法を提供します。

基本的にNode.jsとともにインストールするNodeモジュールのパッケージマネージャーであるNodePackagedModules(NPM)を使用して、appサーバーにPM2をインストールします。 次のコマンドを使用して、PM2をインストールします。

  1. sudo npm install [email protected] -g

PM2のいくつかの基本的な使用法について説明します。

最初に実行するのは、pm2 startコマンドを使用して、アプリケーションhello.jsをバックグラウンドで実行することです。

  1. pm2 start hello.js

これにより、アプリケーションがPM2のプロセスリストに追加されます。このリストは、アプリケーションを起動するたびに出力されます。

Output
┌──────────┬────┬──────┬───────┬────────┬─────────┬────────┬─────────────┬──────────┐ │ App name │ id │ mode │ pid │ status │ restart │ uptime │ memory │ watching │ ├──────────┼────┼──────┼───────┼────────┼─────────┼────────┼─────────────┼──────────┤ │ hello │ 0 │ fork │ 30099 │ online │ 0 │ 0s │ 14.227 MB │ disabled │ └──────────┴────┴──────┴───────┴────────┴─────────┴────────┴─────────────┴──────────┘

ご覧のとおり、PM2はアプリ名.js拡張子なしのファイル名に基づく)とPM2 idを自動的に割り当てます。 PM2は、プロセスの PID 、その現在のステータス、メモリ使用量などの他の情報も保持します。

PM2で実行されているアプリケーションは、アプリケーションがクラッシュまたは強制終了された場合に自動的に再起動されますが、システムの起動(起動または再起動)時にアプリケーションを起動するには、追加の手順を実行する必要があります。 幸い、PM2は、これを行う簡単な方法であるstartupサブコマンドを提供します。

startupサブコマンドは、サーバーの起動時にPM2とその管理対象プロセスを起動するための起動スクリプトを生成および構成します。 また、実行しているinitシステム(この場合はsystemd)を指定する必要があります。

  1. sudo pm2 startup systemd

次のような出力が表示されます。これは、PM2サービスがインストールされたことを示しています。

Output
[PM2] Generating system init script in /etc/systemd/system/pm2.service [PM2] Making script booting at startup... [PM2] -systemd- Using the command: su root -c "pm2 dump && pm2 kill" && su root -c "systemctl daemon-reload && systemctl enable pm2 && systemctl start pm2" [PM2] Dumping processes [PM2] Stopping PM2... [PM2] All processes have been stopped and deleted [PM2] PM2 stopped [PM2] Done.

PM2が起動時に開始するアプリケーションを確実に認識できるようにするには、現在のプロセスリストを保存する必要があります。 リストを保存するには:

  1. pm2 save

次のような出力が表示されます。これは、PM2プロセスリストが保存されたことを示しています。

Output
[PM2] Saving current process list... [PM2] Successfully saved in /home/deployer/.pm2/dump.pm2

これで、PM2管理のアプリケーションが起動時に自動的に起動するはずです。

PM2には、アプリケーションに関する情報を管理または検索できる多くのサブコマンドが用意されています。 引数なしでpm2を実行すると、チュートリアルのこのセクションよりも詳細にPM2の使用法をカバーする使用例を含むヘルプページが表示されることに注意してください。

このコマンドでアプリケーションを停止します(PM2 App nameまたはidを指定):

  1. pm2 stop example

次のコマンドを使用してアプリケーションを再起動します(PM2 App nameまたはidを指定)。

  1. pm2 restart example

PM2によって現在管理されているアプリケーションのリストは、listサブコマンドでも検索できます。

  1. pm2 list

特定のアプリケーションの詳細については、infoサブコマンドを使用して見つけることができます(PM2アプリ名またはid を指定):

  1. pm2 info example

PM2プロセスモニターは、monitサブコマンドでプルアップできます。 これにより、アプリケーションのステータス、CPU、およびメモリ使用量が表示されます。

  1. pm2 monit

注:PM2のmonitコマンドを実行すると、CTRL+Cを押してアプリケーションを強制終了するまで、追加のコマンドがブロックされます。

Node.jsアプリケーションが実行され、PM2によって管理されたので、リバースプロキシを設定しましょう。

ステップ4—Nginxリバースプロキシサーバーのセットアップ

アプリケーションが実行され、プライベートIPアドレスをリッスンしているので、ユーザーがアプリケーションにアクセスする方法を設定する必要があります。 この目的のために、リバースプロキシとしてNginxWebサーバーをセットアップします。 このチュートリアルでは、Nginxサーバーを最初からセットアップします。 すでにNginxサーバーをセットアップしている場合は、locationブロックを選択したサーバーブロックにコピーするだけです(場所がWebサーバーの既存のコンテンツと競合しないことを確認してください)。

web サーバーで、yumを使用してepel-releaseパッケージをインストールしましょう。

  1. sudo yum install epel-release

次に、Nginxをインストールします。

  1. sudo yum install nginx

次に、編集用にNginx構成ファイルを開きます。

  1. sudo vi /etc/nginx/nginx.conf

まず、デフォルトのサーバーブロック内でserver_nameが定義されている行を見つけます。 次のようになります。

nginx.confの抜粋— server_name(前)
server_name _;

サーバー名を更新して、アンダースコア(_)をserver_nameディレクティブ(またはドメインが設定されていない場合はIPアドレス)の独自のドメイン名に置き換えます。

nginx.confの抜粋— server_name(後)
server_name your-domain;

次に、同じデフォルトのサーバーブロック内で、location /が定義されている行(通常はserver_nameの下の数行)を見つけます。 次のようになります。

nginx.confの抜粋—場所/(前)
        location / {
        }

次のコードブロックに置き換え、APP_PRIVATE_IP_ADDRESSappサーバーのプライベートIPアドレスに置き換えてください。 さらに、アプリケーションが別のポートでリッスンするように設定されている場合は、ポート(8080)を変更します。

/etc/nginx/nginx.confの抜粋—場所/(後)
    location / {
        proxy_pass http://APP_PRIVATE_IP_ADDRESS:8080;
        proxy_http_version 1.1;
        proxy_set_header Upgrade $http_upgrade;
        proxy_set_header Connection 'upgrade';
        proxy_set_header Host $host;
        proxy_cache_bypass $http_upgrade;
    }

これにより、ルートでリクエストに応答するようにwebサーバーが構成されます。 サーバーがyour-domainで利用可能であるとすると、Webブラウザーを介してhttp://your-domain/にアクセスすると、ポート8080でアプリケーションサーバーのプライベートIPアドレスにリクエストが送信され、受信されて応答されます。 Node.jsアプリケーションによって。

同じサーバーブロックにlocationブロックを追加して、同じwebサーバー上の他のアプリケーションへのアクセスを提供できます。 たとえば、ポート8081app サーバーで別のNode.jsアプリケーションも実行している場合は、このロケーションブロックを追加して、http://your-domain/app2経由でアクセスできるようにすることができます。 :

Nginx構成—追加の場所
    location /app2 {
        proxy_pass http://APP_PRIVATE_IP_ADDRESS:8081;
        proxy_http_version 1.1;
        proxy_set_header Upgrade $http_upgrade;
        proxy_set_header Connection 'upgrade';
        proxy_set_header Host $host;
        proxy_cache_bypass $http_upgrade;
    }

アプリケーションのロケーションブロックの編集が完了したら、ESCを押して--INSERT--モードを終了し、次に:wqからwritequitを1つのコマンドで実行できます。

web サーバーで、Nginxを再起動します。

  1. sudo systemctl start nginx

次に、サーバーが再起動するたびにNginxが実行されるようにします。

  1. sudo systemctl enable nginx

enableコマンドは、次の出力を提供する必要があります

Output
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/nginx.service to /usr/lib/systemd/system/nginx.service.

systemctlからステータスをリクエストすることで、Nginxが実行中で有効になっていることを確認することもできます。

  1. sudo systemctl status nginx

statusコマンドは、Nginxサービスの構成情報を出力します。

Output
● nginx.service - The nginx HTTP and reverse proxy server Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/nginx.service; enabled; vendor preset: disabled) Active: active (running) since Mon 2019-10-14 09:37:23 UTC; 3min 29s ago Main PID: 12818 (nginx) CGroup: /system.slice/nginx.service ├─12818 nginx: master process /usr/sbin/nginx └─12819 nginx: worker process Oct 14 09:37:23 centos-s-1vcpu-1gb-sgp1-01 systemd[1]: Starting The nginx HTTP and reverse proxy server... Oct 14 09:37:23 centos-s-1vcpu-1gb-sgp1-01 nginx[12814]: nginx: the configuration file /etc/nginx/nginx.conf syntax is ok Oct 14 09:37:23 centos-s-1vcpu-1gb-sgp1-01 nginx[12814]: nginx: configuration file /etc/nginx/nginx.conf test is successful Oct 14 09:37:23 centos-s-1vcpu-1gb-sgp1-01 systemd[1]: Failed to read PID from file /run/nginx.pid: Invalid argument Oct 14 09:37:23 centos-s-1vcpu-1gb-sgp1-01 systemd[1]: Started The nginx HTTP and reverse proxy server.

最後に、 Security-Enhanced Linux (SELinux)を介してトラフィックを中継する機能をNginxに提供します。 SELinuxは、Linuxカーネルに強制アクセス制御(MAC)を実装するセキュリティレイヤーを提供します。 各オペレーティングシステムオブジェクト(プロセス、ファイル記述子、ファイルなど)には、オブジェクトが実行できるアクセス許可と操作を定義するSELinuxコンテキストのラベルが付けられています。

Nginxはhttpd_tコンテキストでラベル付けされており、その結果、明示的に許可されていない限り、SELinuxによって多くの構成がブロックされます。 これを示すために、次のコマンドを実行して、Nginxサービスにhttpd_tというラベルが付いていることを確認します。

  1. ps -eZ

このコマンドはプロセスステータス情報を提供し、Nginx固有のプロセス情報を検索してラベルを表示します。 次のように、httpd_tが表示されます。

Output
... system_u:system_r:httpd_t:s0 10208 ? 00:00:00 nginx system_u:system_r:httpd_t:s0 10209 ? 00:00:00 nginx ...

次に、httpd_tSELinuxラベルに関連するデフォルトのブール値のステータスを確認しましょう。 次のコマンドを実行すると、この情報を表示できます。

  1. getsebool -a

このチュートリアルでは、httpd関連のブール値にのみ関心があります。

Output
... httpd_anon_write --> off httpd_builtin_scripting --> on httpd_can_check_spam --> off httpd_can_connect_ftp --> off httpd_can_connect_ldap --> off httpd_can_connect_mythtv --> off httpd_can_connect_zabbix --> off httpd_can_network_connect --> off httpd_can_network_connect_cobbler --> off httpd_can_network_connect_db --> off httpd_can_network_memcache --> off httpd_can_network_relay --> off httpd_can_sendmail --> off httpd_dbus_avahi --> off httpd_dbus_sssd --> off httpd_dontaudit_search_dirs --> off httpd_enable_cgi --> on httpd_enable_ftp_server --> off httpd_enable_homedirs --> off httpd_execmem --> off httpd_graceful_shutdown --> on httpd_manage_ipa --> off httpd_mod_auth_ntlm_winbind --> off httpd_mod_auth_pam --> off httpd_read_user_content --> off httpd_run_ipa --> off httpd_run_preupgrade --> off httpd_run_stickshift --> off httpd_serve_cobbler_files --> off httpd_setrlimit --> off httpd_ssi_exec --> off httpd_sys_script_anon_write --> off httpd_tmp_exec --> off httpd_tty_comm --> off httpd_unified --> off httpd_use_cifs --> off httpd_use_fusefs --> off httpd_use_gpg --> off httpd_use_nfs --> off httpd_use_openstack --> off httpd_use_sasl --> off httpd_verify_dns --> off ...

特に注目すべき2つのブール値は、httpd_can_network_connecthttpd_can_network_relayです。 Redhat Documentation は、各httpdブール値とそれに関連する機能(各ブール値について詳しく知りたい場合)の詳細を提供しますが、以下は関連する2つのブール値の説明です。このチュートリアルへ:

...
httpd_can_network_connect: When disabled, this Boolean prevents HTTP scripts and modules from initiating a connection to a network or remote port. Enable this Boolean to allow this access.
httpd_can_network_relay: Enable this Boolean when httpd is being used as a forward or reverse proxy.
...

構成はトラフィックを中継するだけなので、httpdサーバー(この場合はNginx)がネットワークを使用して、設定したリバースプロキシ構成でトラフィックを中継できることをSELinuxに通知する必要があります。 -Pフラグを使用して、変更が永続的であることを確認します(このフラグを省略すると、サーバーの再起動時にhttpd_can_network_relayがデフォルトの状態(オフ)に戻ります)。

  1. sudo setsebool -P httpd_can_network_relay on

Node.jsアプリケーションが実行されていて、アプリケーションとNginxの構成が正しいと仮定すると、webサーバーのリバースプロキシを介してアプリケーションにアクセスできるはずです。 web サーバーのURL(パブリックIPアドレスまたはドメイン名)にアクセスして試してみてください。

注: web サーバーを使用して(従来の仮想ホストとして)他のサイトをホストすることも計画している場合は、httpd_can_network_connectを次のように設定する必要もあります。の上。

結論

これで、Node.jsアプリケーションがNginxリバースプロキシの背後で実行されます。 このリバースプロキシ設定は、共有したい他のアプリケーションや静的Webコンテンツへのアクセスをユーザーに提供するのに十分な柔軟性があります。

また、Webサーバーとユーザー間の送信を暗号化する場合は、 HTTPS(TLS / SSL)サポートを設定するのに役立つチュートリアルがあります