序章

Gitの紹介とインストール方法については、紹介チュートリアルを参照してください。

この記事では、アプリケーションをデプロイするときにGitを使用する方法を説明します。 Gitを使用してアプリケーションをデプロイする方法はたくさんありますが、このチュートリアルでは、最も簡単な方法に焦点を当てます。 ローカルマシンでリポジトリを作成して使用する方法をすでに知っていると思います。 そうでない場合は、このチュートリアルを参照してください。

Gitを使用する場合、ワークフローは通常、バージョン管理のみを対象としています。 作業するローカルリポジトリと、すべての同期を維持し、チームやさまざまなマシンで作業できるリモートリポジトリがあります。 ただし、Gitを使用してアプリケーションを本番環境に移行することもできます。

サーバーのセットアップ

架空のワークスペース:

サーバーのライブディレクトリ: /var/www/domain.com

サーバーリポジトリ: /var/repo/site.git

site.git にプッシュし、同時にすべてのコンテンツを /var/www/domain.com で利用できるようにする場合は、どうすればよいですか?

リポジトリの作成

コマンドラインからVPSにログインし、次のように入力します。

cd /var
mkdir repo && cd repo
mkdir site.git && cd site.git
git init --bare

--bareは、フォルダーにソースファイルがなく、バージョン管理のみが含まれることを意味します。

フック

Gitリポジトリには、 ‘ hooks’というフォルダーがあります。 このフォルダーには、ユーザーが設定したカスタムアクションをフックして実行できる、可能なアクションのサンプルファイルがいくつか含まれています。

Gitドキュメントは、3つの可能なサーバーフックを定義します: ‘ pre-receive ‘ ‘ post-receive ‘ [ X139X]更新’ ‘ Pre-receive ‘ は、サーバーが ‘ push ‘ ‘ update’を受信するとすぐに実行されます。 ]は似ていますが、ブランチごとに1回実行され、[X189X] ‘ post-receive ‘