ステータス:非推奨

この記事では、サポートされなくなったバージョンのCentOSについて説明します。 現在CentOS6を実行しているサーバーを運用している場合は、サポートされているバージョンのCentOSにアップグレードまたは移行することを強くお勧めします。

理由:
CentOS 6は、2020年11月30日に保守終了(EOL)に達しました and no longer receives security patches or updates. For this reason, this guide is no longer maintained.

代わりに参照してください:
このガイドは参照として役立つ場合がありますが、他のCentOSリリースでは機能しない場合があります。 可能な場合は、使用しているCentOSのバージョン用に作成されたガイドを使用することを強くお勧めします。

ProFTPDについて

ProFTPDは人気のあるftpサーバーです。 強力で構成可能なプログラムとして作成されているため、必ずしも利用可能な最軽量のftpサーバーであるとは限りません。

ステップ1-ProFTPDをインストールする

他のことをする前に、EPELリポジトリをダウンロードする必要があります。これにより、yumを使用して仮想プライベートサーバーにProFTPDをインストールできます。

sudo rpm -Uvh http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm

次のステップはProFTPDをインストールすることです

sudo yum install proftpd

最後に、コマンドラインからftpサーバーに接続できるように、ftpクライアントもダウンロードする必要があります。

sudo yum install ftp

ファイルのダウンロードが完了すると、ProFTPDサーバーがVPS上に配置されます。 ただし、構成にいくつかの変更を加える必要があります。

ステップ2—ProFTPDを設定する

ProFTPDをインストールしたら、設定で必要な調整を行うことができます。 他のいくつかのftp構成とは異なり、ProFTPDは最初から匿名ログインを無効にし、構成ファイルの小さな変更に対処するだけで済みます。

ファイルを開きます。

sudo vi /etc/proftpd.conf

先に進み、サーバー名をホスト名に変更します。

ServerName                      "example.com"

そのファイルを保存して終了します。

次に、問題を防ぐために、ドロップレット名とIPアドレスをhostsファイルに追加します。

sudo vi /etc/hosts

線は次のようになります。

12.34.56.789 servername

すべての変更を行った後、再起動します。

sudo service proftpd restart

ステップ3—FTPサーバーにアクセスする

アドレスバーにドメイン名を入力し、適切なIDでログインすることにより、ブラウザでFTPサーバーにアクセスできます。 ユーザーのホームディレクトリにのみアクセスできることに注意してください。

ftp://example.com

または、次のように入力して、コマンドラインからFTPサーバーにアクセスすることもできます。

 ftp example.com

次に、「exit」という単語を使用してFTPシェルから抜け出すことができます。

EtelSverdlov著