序章


ColdFusion Markup Language (CFML)は、開発者がプラットフォームに依存しないWebアプリケーションを迅速に作成できるように設計されたプログラミング言語です。 不必要に複雑または反復的な手順を簡素化するために生まれました。 「マークアップ言語」という名前にもかかわらず、CFMLは実際にはスクリプト言語です。 ここでの違いは、CFMLは、実行する論理命令の比較的まっすぐなセットをマシンに提供し、その目的は、構造を与えるために[データ]をマークアップすることを超えていることです。

Railo は、Java仮想マシン(JVM)のサーブレットコンテナまたはアプリケーションサーバーで実行されるColdFusionMarkupLanguageエンジンです。 簡単に言うと、CFML(.cfml、.cfm、.cfc)ファイルを読み取って解釈(解析)し、指定された(スクリプト化された)コマンド(命令)を外出先で実行するアプリケーションです。

このDigitalOceanの記事では、ApacheHTTPサーバーを備えたApacheTomcatサーブレットコンテナで実行されるRailoCFMLエンジンのインストールとセットアップについて説明します。 その後、提供されているTomcatホストの例を使用して通常のApache VirtualHostをTomcatに関連付けることにより、Railoを利用したCFMLWebアプリケーションとWebサイトをデプロイできるようになります。

2008/2009年以来、Railoはオープンソースプロジェクトであることに注意してください。 GNU LGPLv2 ライセンスの下でリリースされており、誰でも無料で使用できます。

Apache Tomcatとは何ですか?


Apache Tomcat は、 Java ServletTechnologyを実装するアプリケーションです。 これはオープンソースプロジェクトでもあり、ApacheLicenseバージョン2でリリースされています。 Railoは[Apache]Tomcatをインストールパッケージとともに出荷し、ApacheHTTPサーバーおよびmod_cfmlでCFMLアプリケーションを実行するために使用します。

mod_cfmlとは何ですか?


mod_cfml は、ApacheおよびTomcatを使用するときに非常に役立つアプリケーションのスイートです。 ここでの主な目標は、2つを接続し、アプリケーション間で構成を自動的に受け渡し、Webサイトをセットアップするための多くの面倒な作業を排除することです。

Railoのドキュメントページで公開されているチャートを参照して、その仕組みを確認してください(直接リンクは記事の最後にあります)。

ApacheHTTPサーバー


この記事では、Apacheを前面のWebサーバーとして使用します。 Tomcat(Railoを介してCFML実行を処理する)は、静的ファイルを提供するときに、両方が同じライブラリを使用するため、Apacheとほぼ同じパフォーマンスであるため、厳密な要件ではありません。 Apache Portable Runtime – 4月。 ただし、TomcatにはさまざまなHTTPサービスのニーズがなく、Apacheの優れた統合により、Tomcatは多くの実稼働レベルのニーズに対応するソリューションになっています。

注意:いつものように、起こりうる合併症やエラーなどを防ぐために、新しくクリーンなDebian7またはUbuntu1364ビットVPSインスタンスでこれらの手順に従うことをお勧めします。

インストール


システムの準備


まず、VPSを準備します。つまり、デフォルトのコンポーネントを最新バージョンにアップグレードして、すべてが最新であることを確認します。

ソフトウェアソースリストを更新し、古いアプリケーションをアップグレードします。

 aptitude update
 aptitude -y upgrade

Apacheのインストール


Railoのインストールを続行する前に、まずApacheをセットアップする必要があります。 後で、RailoはApacheインストールを使用して、それらが一緒に機能するために必要な他のすべてを準備します。

aptitudeを介してApacheHTTPServerとその依存関係をインストールします。

 aptitude -y install apache2

Railoのインストールとセットアップ


これで、Railoをインストールする準備が整いました。 インストールプロセスは非常に簡単です。 ただし、上記よりもいくつかの手順が必要です。

利用可能な最新の64ビットRailoインストーラーのダウンロードから始めましょう。 2013年11月現在、バージョン4.1.1です。

wgetを使用してファイルをダウンロードします。

 wget www.getrailo.org/down.cfm?item=/railo/remote/download/4.1.1.009/tomcat/linux/railo-4.1.1.009-pl0-linux-x64-installer.run -O railo.run

このコマンドはファイルをダウンロードし、「-O」フラグには「wget」が付いており、便宜上「railo.run」という名前が付けられています。

Railoのインストールを実行するには、sudo権限が必要です。 したがって、それに応じてファイルのアクセス許可を設定し、実行可能であることを確認する必要があります。

ファイルのアクセス許可を744に設定して、所有者が「読み取り、書き込み、実行」を行い、残りを「読み取り」のみにできるようにします。

$ chmod 744 railo.run

権限とユーザーは、必要に応じて後で変更できます。 手順については、ドキュメントを参照してください。

Railoインストーラーを実行して、セットアップを開始します。

 sudo ./railo.run

インストーラーを実行すると、インストール言語の選択から始めて、いくつかの質問が表示されます。 Railoはあなたがあなたのものを選ぶことができるいくつかを提供します。

英語を続けます:

Please select the installation language
...
Please choose an option [4] : 4

その後、インストーラーはライセンス契約を読んで承認するように促します。

Please read the following License Agreement. You must accept the terms of this agreement before continuing with the installation.
...

ライセンス契約を読んで同意します。

Press [Enter] to continue :
...
Do you accept this license? [y/n]: y

次は、インストールディレクトリの選択です。

Enterキーを押して、デフォルトで続行します。

Please specify the directory where Railo will be installed.
Installation Directory [/opt/railo]: 

次に、使用するパスワードをRailoに提供するように求められます。 RailoサーバーとWeb管理の両方に同じものが使用されます。

6文字以上の長さのパスワードを入力してください。

Railo Password
Railo Password :
Railo Password (confirm) :
Press [Enter] to continue :

上記で説明したように、RailoインストーラーはデフォルトでTomcatを出荷します。 このステップでは、Tomcatが使用するポートを設定するように求められます。

Enterキーを押してデフォルトを続行するか、必要なものを入力します。

Tomcat Ports
Tomcat Web Server Port: [8888]: 
Tomcat Shutdown Port: [8005]: 
Tomcat AJP Port: [8009]: 

Tomcatには、システムユーザーが関連付けられている必要があります。 デフォルトのrootで続行します。 制作のニーズに応じて、後で変更することをお勧めします。

もう一度Enterキーを押して、rootをTomcatシステムユーザーとして設定します。

Tomcat System User
 [root]: 

Railoをシステムの起動時に開始するかどうかの決定を続けます。

Start At Boot?
Yes, Start Railo at Boot Time [Y/n]: Y

Apache統合


デフォルトのセットアップを行うため、 ApacheConnectorのインストールを承認したときに提供される構成オプションを受け入れることができます。

ApacheConnectorのインストールを承認します。

Install Apache Connector?
Install Apache Connector? [Y/n]: Y

残りのApache構成でEnterキーを押して、デフォルトを選択します。

Apache Control Script Location
Apache Control Script Location [/usr/sbin/apachectl]:

Apache Modules Directory
Apache Modules Directory [/usr/lib/apache2/modules]:

Apache Configuration File
Apache Configuration File [/etc/apache2/apache2.conf]:

Apache Logs Directory
Apache Logs Directory [/var/log/apache2]:

「Y」を入力し、Enterキーを押して、Railoのインストールを開始します。

Setup is now ready to begin installing Railo on your computer.
Do you want to continue? [Y/n]: Y

Installing
0% ______________ 50% ______________ 100%
#########################################

インストールには1分ほどかかることはありません。 完了したら、Apacheを再起動する必要があります。

Apacheを再起動します。

  service apache2 restart

ブラウザで以下のURLにアクセスして、すべてが正しく機能するかどうかを確認してください。 すべての手順を段階的に実行した場合、問題は発生しないはずです。

vps_ip_addrをサーバーのIPアドレスに置き換えます。

http://vps_ip_addr:8888

コントロールパネルの場合:

http:// vps_ip_addr:8888 / railo-context / admin / server.cfm http:// vps_ip_addr:8888 / railo-context / admin / web.cfm

注意: Tomcatに8888以外のポートを選択した場合は、「8888」の代わりにそれを使用する必要があります。

最終ステップ


これで、 / opt / railo / tomcat / webapps / ROOT / にあるデフォルトのルートディレクトリを使用してアプリケーションをホストしたり、同じマシン上で複数のWebサイトにサービスを提供する新しい[Apache]VirtualHostsを作成したりできます。

既存のVirtualHostをTomcatに追加する


VirtualHostをTomcatに追加するには、server.xml構成ファイルを変更し、ホスト項目を<Engine ..>ノードに追加する必要があります。

お好きなエディタでTomcatのserver.xmlを開きます。

 nano /opt/railo/tomcat/conf/server.xml

<Engine ..>ノードを見つけるには、少し下にスクロールする必要があります。 ホストファイルをそこに追加する必要があります。

追加するホストファイルの例:

<Host name="your_new_domain" appBase="webapps">
    <Context path="" docBase="/location/to/files" />
    <Alias>your_new_domain_alias</Alias>
</Host>

注意:既存のApache VirtualHostと一致させるために、「your_new_domain」をドメイン名に、「your_new_domain_alias」をエイリアス(存在する場合)に置き換えてください。

注[2]: VirtualHostsがなく、VirtualHostsの作成について詳しく知りたい場合は、次のいずれかのマニュアルを参照して、ニーズに最適な規則を選択してください。指示に従ってください。

投稿者: https ://twitter.com/ostezer