前書き

独自のカスタムドメインを介してメールを送受信する1つの方法は、ZohoやGoogle Appsなどのサードパーティのメールサービスを使用することです。 独自のメールサーバーを管理するのではなく、サードパーティのメールサービスを使用する主な利点は、メールサーバーの実行に伴う継続的なメンテナンスの実行を回避できることです。 もちろん、カスタムドメインのメールサービスには通常料金がかかりますが、Zohoは単一のカスタムドメインで最大10人のユーザーに無料のメールサービスを提供します。

このチュートリアルでは、DigitalOceanのドメインネームサーバーで管理されているカスタムドメインでZoho Mailをセットアップする方法を示します。 また、メール設定を使用して、カスタムドメインを使用してアプリケーションからメールを送信する方法を示します。

前提条件

先に進む前に、メールドメインとして使用するドメイン名を所有する必要があります。 このガイドでは、DigitalOcean DNSを使用してドメインを管理していることも想定しています。

まだドメインを所有していない場合は、さまざまなドメインレジストラのいずれかから購入できます。 使用するドメインを取得したら、このガイドを使用して、DigitalOcean DNSでドメインを設定できます。

また、Webサーバーをホストするものなど、ドロップレットの1つをドメインにポイントすることもできます。 このリンクは、設定に役立ちます。

ドメインを作成し、それがDigitalOceanのDNSによって管理されたら、次へ進む準備ができました!

サインアップ

Zohoを使用する前に、https://www.zoho.com/signup.html [サインアップ]から登録する必要があります。 外部のメールアドレス、またはGoogle Apps、FacebookなどのさまざまなOAuthオプションを使用して登録できます。

登録したら、サインインしていることを確認してから、メールサービスプランの選択を続けます。

プランを選択

サインインすると、Zohoホームページに移動します。 ここから、*メール*リンクをクリックします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/zoho/home.png [Zohoホームページ]

[既存のドメインを追加]オプションが選択されていることを確認します。 次に、目的の計画を選択します。

画像:https://assets.digitalocean.com/articles/zoho/plan.png [Zoho計画]

このチュートリアルでは、無料で最大10個のメールボックスを提供する* Lite *プランを選択します。 10個を超えるメールボックスが必要な場合、またはより多くのストレージが必要な場合は、価格プランのいずれかを選択してください。

目的のプランを選択したら、メールサービスで使用するドメイン名を指定する必要があります。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/zoho/domain.png [ドメイン名]

ドメイン名を入力したら、[ドメインを追加]ボタンをクリックします。

次に、[ドメインの所有権を確認するために進む]リンクをクリックします。 この時点で、Zohoに対するドメインの所有権を確認する準備ができました。

ドメインを確認する

Zohoは、ドメインの所有権を確認する3つの異なる方法を提供します。 ドメインのDNSレコードに特定のCNAMEレコードを作成する* CNAMEメソッド*を使用します。

この時点で、Zohoサイトの* Domain Setup *画面が表示されているはずです。この画面は次のようになります。

画像:https://assets.digitalocean.com/articles/zoho/cname-info.png [CNAME Info]

  • CNAME および Destination *項目をメモします。次のステップは、DigitalOcean DNSマネージャーの値に基づいてCNAMEレコードを作成することです。

別のブラウザタブまたはウィンドウで、https://cloud.digitalocean.com/domains [DigitalOceanコントロールパネルのネットワークセクション]に移動します。 問題のドメインをクリックして、そのレコードを表示および編集します。

画像:https://assets.digitalocean.com/articles/zoho/dns2.png [DigitalOcean DNS]

次に、ページ上部の[* Create new record ]セクションで、 CNAME *レコードタイプを選択します。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/zoho/cname-entry2.png [CNAMEレコードの追加]

次に、Zohoが提供する* CNAME + zb14217849 +`のようなもの)を Enter Name フィールドに貼り付けます。 Zohoから提供された Destination Enter Hostname *フィールドに貼り付け、その末尾にドットを追加します(つまり、 `+ zmverify.zoho.com。+)。 次に、青色の[レコードの作成]ボタンをクリックします。

Zohoの* Domain Setup ページに戻り、下部の Verify *ボタンをクリックします。

プロンプトで[実行]ボタンをクリックします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/zoho/proceed.png [続行]

CNAMEレコードを適切に入力すると、次のメッセージが表示されます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/zoho/create-admin.png [成功! 管理者のメールアカウントを作成]

ドメインの所有権を確認したら、DigitalOcean DNSマネージャーを使用して作成したCNAMEレコードを削除できます。 レコードの右側にある赤い* X をクリックし、確認プロンプトで OK *ボタンをクリックします。

管理者のメールアカウントに必要なユーザー名を入力し、[アカウントの作成]ボタンをクリックします。

ユーザーとグループを追加する

[ユーザーの追加]ページで[次へ]をクリックして、セットアップの次の手順に進みます。 これは、1人のユーザーのみが必要であるか、後で追加のメールユーザーを設定することを前提としています。 ユーザーをすぐに追加する場合は、代わりに[ユーザーの追加に進む]リンクをクリックします。

  • Next をクリックして、同様の方法で Groups ページに進みます。 今すぐグループを追加する場合は、代わりに[*グループの作成に進む]リンクをクリックします。

MXレコードを追加する

次に、Zoho MXレコードをドメインのDNSレコードに追加する必要があります。

DigitalOcean DNS管理ページに戻り、目的のドメインが選択されていることを確認します。

[新しいレコードの作成]セクションで、* MX *レコードタイプを選択します。 次に、「+ mx.zoho.com。」(末尾にドットを付けて)を「メールプロバイダーメールサーバー」フィールドに入力し、「 10+」を「優先度」フィールドに入力して、「レコードの作成」をクリックします。 *ボタン。

画像:https://assets.digitalocean.com/articles/zoho/mx2.png [MXレコード]

2番目のMXレコードを追加するには、前の手順に従いますが、「ホスト名を入力」フィールドに「+ mx2.zoho.com。」を入力し、「優先度を入力」フィールドに「+20」を入力します。

次に、3番目のMXレコード、「+ mx3.zoho.com。+」を優先度「50」で追加します。

カスタムドメインを設定したZohoメールが完成しました! Zohoが提供する電子メールの移行やモバイルアクセスのセットアップの残りの手順を自由に進めてください。

Zoho Mailを使用してアプリケーションからメールを送信する

  • SMTP *(簡易メール転送プロトコル)を使用して、アプリケーションの1つからメールを送信するために新しいメール設定を使用する場合、設定は非常に簡単です。

通常、この目的のために新しいメールユーザーを作成する必要があるため、今すぐ作成します。

アプリケーション用のメールユーザーの作成

管理メールユーザーとしてログインしているWebブラウザーで、https://mail.zoho.com/cpanel/index.do [Zohoメールコントロールパネル]にアクセスします。

ナビゲーションメニュー(左側)で[ユーザーの詳細]をクリックし、[ユーザーの追加](右側)をクリックします。

目的の名、姓、電子メールアドレス、およびパスワードを使用してユーザーを作成します。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/zoho/add_user.png [ユーザーの追加]

この例では、次の詳細を使用します。

  • :アプリケーション

  • :メール

  • *メールID *:アプリケーション

メールIDが「application」、ドメイン名が「example.com」の場合、メールアドレスは「[email protected]」になります。 アプリケーションでメール設定を構成するときに必要になるため、これらのユーザーの詳細(パスワードを含む)に注意してください。

アプリケーションのメール設定を構成する

アプリケーションのメール設定の実際の構成はソフトウェアによって異なりますが、動作する送信メールを設定するために必要な詳細は通常同じです。

このZohoのセットアップでは、メールを送信するようにアプリケーションを構成するときに、次の詳細を指定する必要があります。 明らかに、詳細の一部は例とは異なるため、必要に応じて置き換えてください。

  • * SMTPホスト*: + smtp.zoho.com

  • * SMTPポート*: + 465 +

  • * SSL暗号化を使用*:はい、SSL暗号化を使用します

  • * SMTP認証*:はい、SMTP認証を使用します

  • メールアドレスまたはユーザー名:前の手順で設定したメールアドレス。 この例では、メールアドレスは「[email protected]」です

  • メール名:メールアドレスに関連付けられた名前。 この例では、電子メールの名前は「Application Mail」です

  • メールパスワード:アプリケーションメールアカウントを作成したときに設定したパスワード

これらの設定を使用してアプリケーションを構成すると、アプリケーションはカスタムドメインの新しいユーザーを介してメールを送信できるようになります。

結論

これで、作成した管理メールユーザーとして、Zohoメールアプリでメールを送受信することで、カスタムドメインテストでメールを送受信できるようになります。 必要に応じて、メールユーザーとグループを追加する良い機会です。 Zoho Mailからメールアカウントにアクセスし、https://mail.zoho.com/cpanel/index.do [Zohoコントロールパネル]からメール管理を実行できます。 。

がんばろう!