FileRunの記事

前書き

http://www.filerun.com [FileRun]は、ファイルのアクセス、整理、表示、編集に役立つPHPファイルマネージャーおよびファイル共有アプリケーションです。 Officeドキュメント、写真、音楽、およびWebサーバーに保存するその他の種類のファイルで使用できます。 このチュートリアルでは、CentOS 7サーバーにFileRunをインストールします。

前提条件

このチュートリアルを実行するには、次のものが必要です。

  • https://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-centos-7 [この初期サーバーセットアップチュートリアルに従ってセットアップできるsudo非ルートユーザーを使用する1台のCentOS 7サーバー]。

  • サーバーにインストールされたApacheとMariaDBは、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-linux-apache-mysql-php-lamp-のステップ1と2に従ってセットアップできます。 stack-on-centos-7 [このCentOS 7上のLAMPチュートリアル]。

FileRunはリソースに優しいアプリケーションなので、ほとんどの場合、512MBのメモリで十分です。 ディスク容量に関しては、FileRunおよびそのすべての必要なサードパーティソフトウェアは2GB以上を使用しません。

ステップ1-FileRunのデータベースのセットアップ

FileRunはMariaDBを使用してデータベースを管理します。データベースには、アプリケーション設定、ユーザー設定、およびファイルに関する情報が保持されます。 まず、このデータベースとそれにアクセスするユーザーアカウントを作成します。

開始するには、サーバーのルートアカウントでMariaDBにログインします。

mysql -u root -p

サーバーのインストール時にMariaDBルートユーザーに設定したパスワードを入力します。

FileRunには、データを保存するための個別のデータベースが必要です。 このデータベースは好きなように呼び出すことができます。ここでは、* filerun *という名前を使用しています。

CREATE DATABASE ;

次に、新しく作成されたデータベースと対話する別のMariaDBユーザーアカウントを作成します。 管理とセキュリティの観点から、単一機能のデータベースとアカウントを作成することをお勧めします。

データベースに名前を付けるように、好みのユーザー名を選択できます。 ここでは、ユーザー名* sammy *を使用しています。 強力なデータベースパスワードを選択してください。

GRANT ALL ON .* to ''@'localhost' IDENTIFIED BY '';

ユーザーがデータベースへのアクセスを割り当てられた状態で、付与テーブルを更新し、MariaDBの実行中のインスタンスが最近の特権の割り当てを認識していることを確認します。

FLUSH PRIVILEGES;

これで、MariaDBを終了できます。

exit

データベース名* filerun 、ユーザー名 sammy *、および選択したパスワードをメモしてください。この情報はすぐに必要になるためです。

ステップ2-PHPのセットアップ

PHP-FPM(FastCGI Process Manager)は、より忙しいサイトに役立ついくつかの追加機能を備えた代替PHP FastCGI実装です。 ここでは、人気のある `+ mod_php +`よりも良い選択です。他の利点の中でも、PHPスクリプトによって作成されたファイルはWebサーバーによって所有されないためです。 つまり、FTPまたは他の方法で同時にアクセスできます。

FileRunには、PHPバージョン5.5以降が必要です。 CentOS 7はデフォルトで古いPHPバージョン5.4のみを提供するため、最初に `+ yum +`リポジトリを更新する必要があります。

sudo rpm -Uvh https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm
sudo rpm -Uvh https://mirror.webtatic.com/yum/el7/webtatic-release.rpm

次に、PHP 5.6をインストールします。

sudo yum install php56w-fpm

次に、PHP-FPMのシステム起動リンクを作成して起動します。

sudo systemctl enable php-fpm.service
sudo systemctl start php-fpm.service

PHP-FPMは、ポート `+ 9000 `でFastCGIサーバーを実行するデーモンプロセスです(initスクリプト ` / etc / init.d / php-fpm `を使用)。 ApacheをPHP-FPMで動作させるには、PHP-FPMを使用する各 ` vhost `で ` ProxyPassMatch +`ディレクティブを使用できます。 これを行うには、Apache構成ファイルを編集します。

sudo vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

このブロックを、 `+ IncludeOptional conf.d / *。conf +`行の前の終わり近くに追加します。

httpd.confに追加するセクション

<IfModule proxy_module>
 ProxyPassMatch ^/(.*\.php(/.*)?)$ fcgi://127.0.0.1:9000/var/www/html/$1
</IfModule>

これは次のようになります。

/etc/httpd/conf/httpd.conf

. . .
#EnableMMAP off
EnableSendFile on





# Supplemental configuration
#
# Load  config files in the "/etc/httpd/conf.d" directory if any.
IncludeOptional conf.f/*.conf

次に、同じファイルの上位で、 + DirectoryIndex`ディレクティブを見つけて、 + index.php`を追加します。

/etc/httpd/conf/httpd.conf

. . .
#
# DirectoryIndex: sets the file that Apache will serve if a directory
# is requested.
#
<IfModule dir_module>
   DirectoryIndex index.html
</IfModule>
. . .

Apacheを再起動して、PHPのインストールを完了します。

sudo systemctl restart httpd.service

FileRunには、次の追加PHPモジュールも必要です。

  • FileRunがマルチバイト文字を処理できるようにする + php56w-mbstring +

  • FileRunがMySQL / MariaDBデータベースを利用できるようにする「+ php56w-pdo」および「+ php56w-mysql」。

  • FileRunに暗号化機能を提供する「+ php56w-mcrypt +」。

  • + php56w-gd +。これはオプションですが、FileRunがユーザーのアバター、QRコード、その他の小さな類似画像を生成することを許可します。

  • + php56w-opcache +、これもオプションですが、PHPのパフォーマンスを大幅に改善します。

上記のすべてを次のコマンドでインストールできます。

sudo yum install php56w-mbstring php56w-mcrypt php56w-opcache php56w-pdo php56w-mysql php56w-gd

`+ yum `リポジトリに含まれていない最後の必要なモジュールの1つが ` ionCube +`です。 ionCubeは、保護されたPHPコードを実行するために広く使用されているPHP拡張機能であり、Webサイトのセキュリティ、マルウェアのブロック、パフォーマンスの向上を実現します。

最新のionCubeバージョンを `+ / usr / lib64 / php / modules +`ディレクトリにダウンロードします。

sudo wget -P /usr/lib64/php/modules http://downloads3.ioncube.com/loader_downloads/ioncube_loaders_lin_x86-64.tar.gz

次に、そのディレクトリ内のファイルを解凍します。

sudo tar xvfz /usr/lib64/php/modules/ioncube_loaders_lin_x86-64.tar.gz -C /usr/lib64/php/modules

次に、PHPによって自動的に構成に追加されるファイルを作成しましょう。 これには、FileRun固有の設定が含まれます。

sudo vi /etc/php.d/filerun.ini

作成したファイル内に次を貼り付けます。

date.timezone  = ""
zend_extension = "/usr/lib64/php/modules/ioncube/ioncube_loader_lin_5.6.so"

これにより、タイムゾーンが設定され、PHPにionCube拡張機能がロードされます。 ここでは、UTCタイムゾーンを選択しましたが、http://www.php.net/manual/en/timezones.php [独自のゾーンを選択]を使用できます。

最後に、変更を有効にするためにPHP-FPMサービスを再起動する必要があります。

sudo systemctl restart php-fpm.service

サーバーはすべての要件を満たし、FileRunのインストールを続行できます。

ステップ3-FileRunのインストール

Webサーバーのルートフォルダー( + / var / www / html / +)にFileRunをダウンロードします。

cd /var/www/html/
sudo wget -O FileRun.zip http://www.filerun.com/download-latest

FileRunインストーラーを抽出するには、「+ unzip +」ユーティリティが必要です。

sudo yum install unzip

次に、FIleRunアーカイブを解凍します。

sudo unzip FileRun.zip

PHPがFileRunをインストールできるように、Apacheをディレクトリの所有者にします。

sudo chown -R apache:apache /var/www/html/

ブラウザを開き、「+ http:// +」をポイントします。 ここから、Webインストーラーに従うだけで、数回クリックするだけでFileRunを実行できます。

最初の* Welcome to FileRun!画面で、右下にある青色の Next *ボタンをクリックして続行します。 次のページでサーバー要件の確認を確認して、赤いエラーメッセージがないことを確認し、[次へ]をもう一度クリックします。

次のページでは、データベース接続を設定します。 次のようにフィールドに入力します。

  • * MySQLホスト名*は* localhost *である必要があります。

  • データベース名*は、このチュートリアルのステップ2で使用した名前にする必要があります。 この例では filerun *を使用しました。

  • * MySQLユーザー*は、このチュートリアルのステップ2で使用した名前でなければなりません。 この例では* sammy *を使用しました。

  • * Password *は、ステップ2で選択したパスワードです。

これらが入力されたら、*次*をクリックします。 *すべて完了!*という画面が表示されます。これは、FileRunが正常にインストールされたことを意味します。

[次へ]をクリックしてFileRunを開きます。 ログインページが表示されます。 フォームに事前入力する必要があるため、[サインイン]をクリックするだけです。

ログインしました! 次に、インストールが安全であることを確認しましょう。

ステップ4-FileRunインストールの保護

FileRunにサインインするとすぐに、パスワードを変更するよう求められます。 自動生成されたパスワードは非常に安全ですが、独自のパスワードを設定することをお勧めします。

FileRunアプリケーションファイルのアクセス許可では、PHP(またはその他のWebサーバーアプリケーション)がファイルを変更できないようにする必要がありますので、すぐに更新してください。

sudo chown -R root:root /var/www/html

+ / var / www / html / system / data + FileRunフォルダーは、PHPが書き込みアクセスを必要とする唯一のフォルダーなので、それも更新します。

sudo chown -R apache:apache /var/www/html/system/data

デフォルトでは、スーパーユーザーのホームフォルダーは `+ / var / www / html / system / data / `内にあります。 FileRunコントロールパネルからユーザーアカウントを編集し、Webサーバーのパブリックエリア外にあるフォルダーを指すホームフォルダーパスを設定することが重要です(つまり、 ` / var / www / html`の外側)。

簡単な解決策は、 `+ / files +`というディレクトリを作成し、すべてのFileRunファイルをそこに保存することです:

sudo mkdir /files
sudo chown apache:apache /files

次に、MariaDBサーバーに再度接続します。

mysql -u root -p

設定済みのMariaDBユーザーアカウントを更新し、「+ ALTER 」および「 DROP +」特権を削除します。

REVOKE ALTER, DROP ON .* FROM ''@'localhost';
FLUSH PRIVILEGES;

次に、 `+ CTRL + D +`を入力してMariaDBを終了します。

FileRunのインストールは安全で、すぐに使用できます。 必要に応じて、オプションのパッケージをインストールして、さまざまなファイルタイプのサムネイルをサポートできるようになりました。

ステップ5-サムネイルサポートの追加(オプション)

画像ファイル、写真ファイル、PDFドキュメントのサムネイルを生成するには、ImageMagickをインストールする必要があります。

sudo yum install ImageMagick*

次に、コントロールパネルのFileRun内で、* System configuration *> * Files *> * Image preview *セクションで、パス `+ / usr / bin / convert +`を使用して有効にします。

ビデオファイルのサムネイルを生成するには、ATrpmsパッケージリポジトリで利用可能なffmpegをインストールする必要があります。

sudo rpm --import http://packages.atrpms.net/RPM-GPG-KEY.atrpms
sudo rpm -ivh http://dl.atrpms.net/el6-x86_64/atrpms/stable/atrpms-repo-6-7.el6.x86_64.rpm

最後に、それをインストールします。

sudo yum install ffmpeg

同様に、コントロールパネルのFileRun内で、* System configuration *> * Files *> * Image preview *セクションで、パス `+ / usr / bin / ffmpeg +`を使用して有効にします。

ブラウザでFileRunにアクセスすると、ファイルのサムネイルが表示されます。

結論

これで、FileRunを自分のプライベートで安全なサーバーに正常にデプロイできました。 ファイル、写真、音楽、または仕事用のドキュメントをアップロードして、共有を開始しましょう。

ここからできることは他にもたくさんあります。 たとえば、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-set-up-a-host-name-with-digitalocean [このホスト名のチュートリアル]に従って、サーバーにドメイン名を指定できます]。

SSLをセットアップすることもできます。 SSL証明書は、ブラウザーとFileRunインストールの間の通信を暗号化します。 データのプライバシーとセキュリティが大幅に向上するだけでなく、無料のFileRun https://play.google.com/store/apps/details?id=com.afianを使用してファイルにアクセスできるようになります。 FileRun&utm_source = global_co&utm_medium = prtnr&utm_content = Mar2515&utm_campaign = PartBadge&pcampaignid = MKT-Other-global-all-co-prtnr-py-PartBadge-Mar2515-1 [Androidアプリ]。

無料のSSL証明書をインストールするには、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-secure-apache-with-let-s-encrypt-on-centos-7 [このLet’s Encryptチュートリアル]に従ってください。 ドメイン名がなく、この構成をテストまたは個人使用のみに使用している場合は、代わりに自己署名証明書を使用できます。 Apacheの自己署名SSLガイドに従って設定してください。

FileRunの機能と設定の詳細については、http://docs.filerun.com [公式ドキュメント]をご覧ください。