前書き

Djangoは、Pythonアプリケーションをすばやく作成するための柔軟なフレームワークです。 デフォルトでは、Djangoアプリケーションはデータを軽量のSQLiteデータベースファイルに保存するように設定されています。 これはいくつかの負荷の下でうまく機能しますが、より伝統的なDBMSは本番環境のパフォーマンスを改善できます。

このガイドでは、Djangoアプリケーションで使用するためにPostgreSQLをインストールおよび構成する方法を示します。 必要なソフトウェアをインストールし、アプリケーションのデータベース資格情報を作成してから、このバックエンドを使用するために新しいDjangoプロジェクトを開始および構成します。

前提条件

始めるには、root以外のユーザーが設定されたクリーンなUbuntu 14.04サーバーインスタンスが必要です。 非rootユーザーは、 `+ sudo +`特権で設定する必要があります。 https://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-ubuntu-14-04 [初期サーバー設定ガイド]に従って、これを設定する方法を学びます。

続行する準備ができたら、読み進めてください。

Ubuntuリポジトリからコンポーネントをインストールする

最初のステップは、リポジトリから必要なすべてのピースをインストールすることです。 Pythonコンポーネントをインストールおよび管理するために、Pythonパッケージマネージャーである `+ pip +`をインストールします。 データベースソフトウェアと、それらと対話するために必要な関連ライブラリもインストールします。

次の `+ apt +`コマンドは必要なパッケージを取得します:

sudo apt-get update
sudo apt-get install python-pip python-dev libpq-dev postgresql postgresql-contrib

インストールが完了したら、データベースとデータベースユーザーの作成に進むことができます。

データベースとデータベースユーザーを作成する

デフォルトでは、Postgresはローカル接続に「ピア認証」と呼ばれる認証スキームを使用します。 基本的に、これはユーザーのオペレーティングシステムのユーザー名が有効なPostgresユーザー名と一致する場合、そのユーザーはそれ以上認証なしでログインできることを意味します。

Postgresのインストール中に、 + postgres + PostgreSQL管理ユーザーに対応するために、 `+ postgres +`という名前のオペレーティングシステムユーザーが作成されました。 管理タスクを実行するには、このユーザーに変更する必要があります。

sudo su - postgres

これで、 `+ postgres +`ユーザーのシェルセッションになります。 次のように入力して、Postgresセッションにログインします。

psql

最初に、Djangoプロジェクトのデータベースを作成します。 セキュリティ上の理由から、各プロジェクトには独自の独立したデータベースが必要です。 このガイドではデータベースを「++」と呼びますが、よりわかりやすいものを選択することをお勧めします。

CREATE DATABASE ;

すべてのコマンドをセミコロンでSQLプロンプトで終了することを忘れないでください。

次に、データベースに接続して対話するために使用するデータベースユーザーを作成します。 パスワードを強力で安全なものに設定します。

CREATE USER  WITH PASSWORD '';

その後、作成したユーザーの接続パラメーターのいくつかを変更します。 これにより、データベース操作が高速化されるため、接続が確立されるたびに正しい値を照会および設定する必要がなくなります。

デフォルトのエンコーディングをUTF-8に設定していますが、これはDjangoが期待しています。 また、デフォルトのトランザクション分離スキームを「コミット済み読み取り」に設定しています。これは、コミットされていないトランザクションからの読み取りをブロックします。 最後に、タイムゾーンを設定しています。 デフォルトでは、Djangoプロジェクトは `+ UTC`を使用するように設定されます。

ALTER ROLE  SET client_encoding TO 'utf8';
ALTER ROLE  SET default_transaction_isolation TO 'read committed';
ALTER ROLE  SET timezone TO 'UTC';

これで、データベースユーザーに、作成したデータベースへのアクセス権を与えるだけで済みます。

GRANT ALL PRIVILEGES ON DATABASE  TO ;

SQLプロンプトを終了して、 `+ postgres`ユーザーシェルセッションに戻ります。

\q

`+ postgres`ユーザーシェルセッションを終了して、通常のユーザーのシェルセッションに戻ります。

exit

仮想環境内にDjangoをインストールする

データベースがセットアップされたので、Djangoをインストールできます。 柔軟性を高めるために、Djangoとそのすべての依存関係をPython仮想環境内にインストールします。

次のように入力して、これらの環境を作成できる `+ virtualenv +`パッケージを取得できます。

sudo pip install virtualenv

Djangoプロジェクトを保持するディレクトリを作成します。 その後、ディレクトリに移動します。

mkdir ~/
cd ~/

次のように入力して、DjangoプロジェクトのPython要件を保存する仮想環境を作成できます。

virtualenv

これにより、Pythonと `+ pip `のローカルコピーがプロジェクトディレクトリ内の `+`というディレクトリにインストールされます。

仮想環境内にアプリケーションをインストールする前に、アクティブ化する必要があります。 これを行うには、次のように入力します。

source /bin/activate

プロンプトが変わり、仮想環境内で操作していることが示されます。 この `+()@:〜/ $ +`のようになります。

仮想環境がアクティブになったら、Djangoを `+ pip `でインストールできます。 また、設定したデータベースを使用できるようにする ` psycopg2 +`パッケージもインストールします。

pip install django psycopg2

これで、 `+ myproject +`ディレクトリ内でDjangoプロジェクトを開始できます。 これにより、コード自体を保持するために同じ名前の子ディレクトリが作成され、現在のディレクトリ内に管理スクリプトが作成されます。 これが正しく設定されるように、コマンドの最後にドットを追加してください:

django-admin.py startproject  .

Djangoデータベース設定を構成する

プロジェクトができたので、作成したデータベースを使用するようにプロジェクトを構成する必要があります。

子プロジェクトディレクトリ内にあるメインのDjangoプロジェクト設定ファイルを開きます。

nano ~///settings.py

ファイルの下部に向かって、次のような `+ DATABASES +`セクションが表示されます。

. . .

DATABASES = {
   'default': {
       'ENGINE': 'django.db.backends.sqlite3',
       'NAME': os.path.join(BASE_DIR, 'db.sqlite3'),
   }
}

. . .

これは現在、SQLiteをデータベースとして使用するように構成されています。 PostgreSQLデータベースが代わりに使用されるように、これを変更する必要があります。

最初に、 + sqlite3 +`バックエンドの代わりに `+ postgresql_psycopg2 +`バックエンドを使用するようにエンジンを変更します。 `+ NAME +`には、データベースの名前を使用します(この例では `++)。 ログイン資格情報も追加する必要があります。 接続するためのユーザー名、パスワード、ホストが必要です。 デフォルトが選択されるように、ポートオプションを追加して空白のままにします。

. . .

DATABASES = {
   'default': {
       'ENGINE': 'django.db.backends.',
       'NAME': '',
       'USER': '',
       'PASSWORD': '',
       'HOST': 'localhost',
       'PORT': '',
   }
}

. . .

終了したら、ファイルを保存して閉じます。

データベースを移行してプロジェクトをテストする

Djangoの設定が構成されたので、データ構造をデータベースに移行し、サーバーをテストできます。

まず、データベースに移行を作成して適用することから始めます。 実際のデータはまだないため、これは単に初期データベース構造をセットアップするだけです。

cd ~/
python manage.py makemigrations
python manage.py migrate

データベース構造を作成したら、次のように入力して管理アカウントを作成できます。

python manage.py createsuperuser

ユーザー名の選択、メールアドレスの入力、アカウントのパスワードの選択と確認を求められます。

管理者アカウントを設定したら、Django開発サーバーを起動して、データベースが正しく実行されていることをテストできます。

python manage.py runserver 0.0.0.0:8000

ウェブブラウザで、サーバーのドメイン名またはIPアドレスにアクセスし、その後に「:8000」を入力して、デフォルトのDjangoルートページにアクセスします。

http://:8000

デフォルトのインデックスページが表示されます。

画像:https://assets.digitalocean.com/articles/django_mysql_1404/django_index.png [Django index]

URLの最後に「+ / admin +」を追加すると、管理画面のログイン画面にアクセスできるはずです。

画像:https://assets.digitalocean.com/articles/django_mysql_1404/admin_login.png [Django admin login]

`+ createsuperuser +`コマンドを使用して作成したユーザー名とパスワードを入力します。 次に、管理インターフェイスに移動します。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/django_mysql_1404/admin_interface.png [Django admin interface]

調査が終了したら、ターミナルウィンドウでCTRL-Cを押して開発サーバーを停止できます。

管理インターフェイスにアクセスすることで、データベースにユーザーアカウント情報が保存され、適切にアクセスできることを確認しました。

結論

このガイドでは、PostgreSQLをDjangoプロジェクトのバックエンドデータベースとしてインストールおよび設定する方法を示しました。 SQLiteは開発中および本番環境での使用中の負荷を簡単に処理できますが、ほとんどのプロジェクトは、よりフル機能のDBMSを実装することで恩恵を受けます。